八幡暁(海洋冒険家)の経歴や結婚(妻・子供)、年収やガイドツアーショップ「ちゅらねしあ」は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

小さな頃は秘密基地を作ったり

ちょっとした所を友達と冒険するのが

楽しくて仕方なかったですね。

大人になってからはやらないなぁ。

今回取り上げるのはそんな冒険を

大人になってもやり続けている

冒険家の八幡暁(やはたさとる)さんです。

海洋冒険家としてシーカヤックで

世界を渡ったという経歴をお持ちの方で、

現在は沖縄の八重山諸島にいるんだとか。

一体どんな方なのでしょうか。

海洋冒険家 八幡暁(やはたさとる)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:八幡暁(やはた さとる)
  • 生年月日:1974年9月17日
  • 年齢:43歳
  • 出身:東京都福生市
  • 学歴:専修大学卒業
  • 所属:手漕屋素潜店ちゅらねしあ

海洋冒険家の八幡暁さん。

3人兄弟の末っ子として生まれ、

小さい頃から運動が好きで、野球や

アメフト等をしていました。

しかし、体育会系の雰囲気が合わず、

大学生の時に挫折してしまいます。

そんな時に八丈島で体一つ・モリ一つで

素潜り漁の人達に出会い衝撃を受けます。

八丈島の人の幸せそうな姿を見て、

地域の素晴らしさを感じ、海の魅力に

とりつかれた八幡さんは、世界の海に

生きる人々に会ってみたいと思い、

大学卒業後は漁村巡りをしていました。

バックパックとモリ、フィン(足ひれ)を

持って国内外の漁村巡りを行って、

採った魚を売るなどして旅をしていた

八幡さんですが、道が繋がる世界にしか

行けていないことに気づきました。

そんな時に、シーカヤックに出会い、

海を自力で渡る道具を手に入れます。

「本当に見たい海の世界」を見ることが

できるようになった八幡さんは

更に活動を広げることになりました。

八幡暁の冒険歴は?グレートシーマンプロジェクトとは?

オーストラリアから日本まで行くことを

決めた八幡さん。当初、カヤックで

オーストラリアから日本まで漕ぐことは

無謀と言われていました。

2002年に、かつて大いなる冒険心を

持って出ていた人々のように、人力で

海を渡り、自然と生きる民に出会い、

自らもその術を学ぶ挑戦

「グレートシーマンプロジェクト」

を開始しました。

主な冒険歴はこちらになります。

  • 2002年 オーストラリアから日本へ向け人力航海開始
  • 2003年 インドネシア パプア州(ニューギニア島南西岸)700kmをニューギニア人パートナーとともに世界初横断
  • 2004年 神奈川県〜沖縄 2250kmをシーカヤック単独無伴走で初漕破
  • 2005年 八重山諸島西表島〜沖縄本島那覇縦断 500kmをシーカヤック単独無伴走成功 世界初
  • 2006年 台湾〜与那国島 黒潮横断 140kmをシーカヤック単独無伴走成功 世界初
  • 2006年 与那国〜西表島 77kmをシーカヤック(9名)で横断成功(伴走船付き)
  • 2007年 フィリピン〜台湾 海峡横断をシーカヤック単独無伴走成功 世界初
  • 2008年 八丈島〜鎌倉 海峡横断をシーカヤック単独無伴走成功 世界初
  • 2008年 フィリピンパラワン州300km 3名のチームでシーカヤックで海峡横断成功
  • 2009年 インドネシア ジャワ島〜バリ島1000km 夫婦でシーカヤックによる横断 失敗
  • 2010年 フィリピン 高知大と黒潮源流部共同調査行第一パート カタンドアネス
  • 2011年 フィリピンパラワン州 シーカヤック単独無伴走、海峡横断 成功
  • 2011年 フィリピン 高知大との黒潮源流部共同調査行第二パート ポリリョ諸島
  • 2011年 第1回 四国一周「海遍路」高知編
  • 2012年 第2回 四国一周「海遍路」徳島香川編
  • 2012年 インドネシア:東ヌサトゥンガラ遠征
  • 2013年 フィリピン 高知大学大学院黒潮圏総合科学専攻との(黒潮源流部共同調査行)最終パート ルソン島北東部 漕破
    • (グレートシーマンプロジェクト航行記録 〜黒潮の源流部へ③)
  • 2013年 第3回 四国一周「海遍路」愛媛編
  • 2014年 第4回 海遍路:宮城(閖上~気仙沼)
  • 2015年 第5回 海遍路:有明海(熊本~長崎)
  • 2015年 第4回 インドネシアタニンバル諸島遠征
  • 2016年 第6回 海遍路:神奈川(小田原~横浜)

八幡暁の今現在は「手漕屋素潜店ちゅらねしあ」のガイド?

そんな八幡暁さんですが、現在は

沖縄県の石垣島、西表島、小浜島で

少人数を対象とした、シーカヤック

やシュノーケリング等のツアーを行う

「手漕屋素潜店 ちゅらねしあ」で

代表というか「番頭」をされています。

「ちゅらねしあ」は八幡さん好きな言葉

「身の丈+10センチの冒険を」を元に、

島々で思い切り遊ぶサポートをします。

「島旅を通して、人を自然に還す」を

テーマに、八重山諸島全体を対象にした

「島と自然」の専門店で、スタッフ達が

本当に面白いと思う場所を厳選して

案内をしてくれます。

石垣島のシーカヤックツアーや

西表島のマングローブカヤックツアー、

小浜島のサンゴ礁の海カヤックツアー等

魅力的なツアーが沢山あります。

私も八重山諸島や宮古諸島には

何度も足を運んでいますが、やはり

車で行ける範囲の海よりも、船などで

外に出た方が圧倒的に綺麗なので、

一度ツアーに参加してみたいものです。

八幡暁の結婚は?嫁や子供もいる?

そんな冒険家な八幡さんですが、

ご結婚をされています。雪絵さんという

名前の奥様ですが、結婚前は八幡さんとの

結婚を周囲に大反対されたんだとか。

安定的な収入もなく、危険な冒険を

続ける八幡さん相手ですから、

当たり前といえば当たり前ですね。

それでも奥様の雪絵さんは八幡さんと

結婚するという意思を曲げず結婚。

今では長男・長女・次男の3人の子供が

います。恐らく生き抜く力を持った

子供たちに育つことでしょうね。

八幡暁の収入・年収は?

冒険家で「ちゅらねしあ」の代表を

されている八幡暁さん。収入の中心は

ツアーガイドなんでしょうね。

冒険に際してはスポンサーを募って

資金提供もしてもらうでしょうが、

普段はそういうものもないでしょう。

「潜れる海があれば死なない」という

名言をお持ちですが、自分一人ではなく

家族、子供も養う必要がありますので

パパは働かにゃならんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする