豊嶋利雄のしおりコレクションや鑑定額値段、個展や結婚した嫁は?【マツコの知らない世界】

こんにちは、ぽこぱぱです。

電子書籍が増えてきていますが、

なんだかんだで紙の本が好きです。

本屋さんで本を買うと栞がもらえたり

もらえなかったりしますよね。

今回はそんな栞(しおり)のコレクターの

豊嶋利雄(とよしま としお)さんについて

取り上げていきたいと思います。

7月24日の「マツコの知らない世界」に

出演して栞の魅力を紹介する豊島さん。

一体どんな方で、どんなコレクションを

お持ちなんでしょうかね。

しおり収集家の豊島利雄(とよしまとしお)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:豊嶋利雄(とよしま としお)
  • 生年月日:不明
  • 年齢:不明
  • 学歴:不明
  • 趣味:しおり収集

30年間で1万枚のしおりをかき集めてきた

しおり収集家の豊嶋さん。一般の方なので

余り情報はありませんが、こういう方の

紹介するもののニッチ感はいいですね。

1900年代初頭から戦中・戦後期の栞を

コレクションされているそうで、

日本のみならず、フランス、イタリア、

イギリス、アメリカなど、世界中の

しおりを収集されています。

コレクションには、マリリンモンローに

まつわる栞や、ミズノが「美津濃」時代の

しおりなど、貴重なしおりも所有しており

歴史的価値も高くなっています。

そのコレクションは「豊嶋コレクション」と

呼ばれるほどで、これまで何度か京都の

アスタルテ書房で栞展をされたことも

ある程なんだとか。

豊嶋利雄の栞コレクション「豊嶋コレクション」の画像や枚数・種類は?個展をやる時期や場所は?

栞マニアの中でも有名な豊島さん。

明治初期から戦中、戦後のしおりを

数多く集めており、一番古いものは

スチール製のものなんだとか。

企業宣伝や人気画家が絵を描いたもの、

紙製以外の栞では象牙や純銀などで

装飾された栞などもあり、栞展が

次回開催されたらぜひ見に行きたいと

思えるようなコレクションです。

コレクションの個展は直近では

2017年11月に行われています。

ちなみに場所は下記になります。

アスタルテ書房

  • 住所:京都市中京区御幸町三条上ル丸屋町331 ジュエリーハイツ202
  • 営業時間:14:30 ~19:30
  • 定休日:木曜日
  • TEL:075-221-3330

次回は決まっていませんが、今回の

テレビ出演で次回開催要望が高まり、

決まるかもですね。

豊嶋利雄の栞コレクションの鑑定額は値段は高い?

マツコの知らない世界の番組内では

集めた全てのしおりの金額を鑑定し、

金額を発表するようです。歴史的価値が

高いものもあるのですごそうですね。

アンティークのもので、状態が良ければ

数千円・数万円の値段が付くものもあり

豊島さんが持っているようなレア物だと

さらにお値段が上がりそうです。

豊島利雄の結婚した妻はしおりコレクションに否定的?

30年も栞を収集し続けている豊島さん。

奥さんからは栞収集については

「あなたが死んだら全て燃やす」

と言われているんだとか。

もったいない話ですが奥さんからしたら

趣味に時間とお金を使い続けるのは

理解できないのかもしれませんね。

諦めの域になっているのかな?

ただ、今回驚きの鑑定額が出て、

燃やしてしまうのは見直すことになる、

といいんですがどうなりますかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 通りすがりの愛知県民 より:

    実は、この方、以前は高校の生物の先生をしていらっしゃいました。
    お顔が似ていて、同じお名前なので、間違いないと思います。
    教え子ですが、栞のお話はまったくされていなかったので、そんな趣味があるとは!と驚きました

    • pokopapa より:

      通りすがりの愛知県民様
      コメントありがとうございます。
      そうなんですね。学校の先生をされていたのですね。
      授業に栞のエピソードを入れてくれたら授業がより面白くなったかもしれませんね。