谷田絹子の今現在や結婚(夫・子供)、淡島千景との関係や東洋の魔女とは?【爆報フライデー】

スポンサーリンク

こんにちは、ぽこぱぱです。

かつて女子バレーは日本のお家芸でした。

「東洋の魔女」何ていう異名もつくほど

強かったんですよね。

今回は東京オリンピックの女子バレーで

エースとして活躍し、金メダル獲得に

貢献した谷田絹子(たにたきぬこ)さんに

ついて取り上げたいと思います。

2度めの東京オリンピックを前にして

かつての女子バレーのアタッカーの

今現在に迫りたいと思います。

東洋の魔女 谷田絹子(たにたきぬこ)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:谷田 絹子(たにだ きぬこ)
  • 本名:井戸川 絹子
  • 生年月日:1939年9月19日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:168cm
  • 最終学歴:四天王寺高校

東京オリンピックのパレーボールで

エーススパイカーとして活躍された

谷田絹子さん。現在78歳です。

大阪の天王寺高校に通っており、

当時は中野尚子さん、藤森節子さんと

高校生三羽烏と呼ばれ、注目を集めた

高校生でした。

高校卒業後は当時のバレーの名門である

大日本紡績にスカウトされて入社します。

谷田さんは一時期は怪我をして調子を

落としたこともありましたが、猛練習で

日本代表「東洋の魔女」に入ります。

切れの良いスパイクがプレーの特徴で、

日本代表でもレギュラー入りし、

1964年の東京オリンピックでは

エースとして活躍。金メダル獲得に

大きく貢献されました。

谷田絹子の今現在は?結婚して旦那や子供・孫は?

谷田さんは現在ママさんバレーの

指導を行っており、週に3回も

ママさん方を教えているそうです。

こちらでは相当気合を入れて

ママさんに指導をされているようで、

鬼コーチなんだとか。ママさんバレーの

普及に尽力したとして2013年には

「エイボン女性年度賞」を受賞しています。

また、マッチワーク作家の

森山百合子さんのアトリエに通い、

おしゃべりをしながらパッチワークを

縫ったりもしているんだとか。

こういう手を動かしたりおしゃべりを

できる趣味はいいですね。現役時代の

楽しかったことや苦しかったことなど

色々とお話をしているようです。

ご結婚もされており、現在の姓は

「井戸川」さんとなっています。

お子さんは3人もうけられており、

現在は7人の孫もいます。

淡島千景との関係は?

谷田さんは2012年に亡くなった

女優の淡島千景さんと交流があり、

先だって出版した谷田さんの本にも

淡島さんは登場します。

出会いのきっかけは東京オリンピックで

日本代表の試合を観戦した淡島さんが

東洋の魔女たちの魅力にハマり、

応援団長として盛り上げたりしたことで

交流を深めていったことです。

東京オリンピックで金メダルを獲得後、

当時の女子バレー代表の大松監督が

日紡貝塚を退職していますが、

その時に谷田さんたちも会社を辞めて

引退をしています。

職を失った谷田さんたちを淡島さんが

支援して、なんとバレーチームを結成。

そしてついには国体に出場して

優勝までしています。

ちなみにこのチームは淡島さんの

自宅を事務所としており、チームの

一部と淡島さんで共同生活を

送っていたんだとか。

爆報フライデー関連記事

本ブログでは爆報フライデーに

登場した方々を色々と紹介しています。

下の画像から関連記事にジャンプできます。

爆報フライデー関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする