高田女里(美人女医)の病院や学歴、結婚や彼氏は?【画像あり】

こんにちは、ぽこぱぱです。

先月インフルエンザにかかりまして、

久しぶりに寝込みました。

そんなときに頼りになるのは

やはりお医者さん。診てもらえるのが

美人女医さんだと男性は嬉しいですよね。

女性も女医さんのほうがリラックスして

かかれると思います。

今回はそんな美人女医さんである

高田女里さんが注目していきます。

一体どんな方なんでしょうか。

美人女医の高田女里のプロフィール

  • 名前:高田 女里(たかだ めり)
  • 生年月日:1980年8月15日
  • 出身:神奈川県
  • 職業:医師(聖マリアンナ医科大学形成外科学 助教授)

平成12年4月 慶應義塾大学法学部法律学科入学
平成16年3月 同大学卒業
平成17年4月 秋田大学医学部医学科学士編入学
平成22年3月 同大学卒業(医師国家試験合格)
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学病院 初期臨床研修センター入職 医籍登録
平成24年3月 同センター 退職
平成24年4月 成城内科 非常勤医師、現在に至る
平成24年4月 聖マリアンナ医科大学大学院医学研究科入学
平成28年3月 聖マリアンナ医科大学大学院 法医学分野にて博士号取得

いやはや美人さんです。こんな人に

聴診器当てられたら脈拍上がります。

そんな下衆な話はさておいて、高田先生は

現在形成外科医のようですが、

少し前まで法医学にいらっしゃいました。

元々は慶應大学法学部

元々はお父様と同じ法学部へ進学し

法曹になりたいと思い、慶應大学の

法学部に入学しました。

様々な法律を学ぶうち、医療と関連する

法律が多々あることを知り、

法医学に興味を持つようになったそうです。

医師になるきっかけは幼少期の強盗

高田さんは小学生の頃メキシコに

住んでいたのですが、家族で移動中に

突然強盗に襲われ、お母様にピストルが

突き付けられたそうで、その光景が

今でも忘れられないそうです。

この事件を通して、犯罪被害者の声を

聴くことができる法医学者になると決意し

慶應大学卒業後、秋田大学医学部に

学士編入学しました。

形成外科医になるまで

高田さんは医師免許取得後、

聖マリアンナ医科大学の法医学教室に

入局しました。

無理心中や医療過誤、虐待等で

亡くなられた方の解剖を通じて、

法医学者となるきっかけとなった

声なき声を拾い上げられたとのことです。

ですが、法医学教室で扱う遺体は

半数以上が独居の高齢者であり、

死後かなりの時間が経過してから発見される

方ばかりで、腐敗による影響が強く、

検査を行っても結果が分からないような

状況に強い憤りを感じることが多くなり、

法医学から離れようと決断されました。

その後の進路に悩んでいた頃に、

現在所属する形成外科学教室の

先生方と出会い、ダイナミックさと

繊細さを兼ね備えた形成外科の

魅力に取りつかれ、大学院卒業を機に

形成外科医としてこの先の医者人生を

送ろうと決めたそうです。

美人女医の現在や結婚、彼氏は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする