杉田秀之の今現在や結婚は?ゴールドマンサックスで年収は?【アンビリバボー】

 

 

2007年の夏、慶應義塾大学ラグビー部の

1年生だった杉田秀之さんは練習試合中に

頚髄を損傷し、生涯歩くことはできないと

診断されました。

 

チームワーク強化のため予定していた

富士登山は杉田さんの事故により

急遽中止となりました。

 

「杉田が良くなったら皆で行こう」

そう約束した杉田さんとチームの仲間達。

その仲間たちと12年越しの約束は

果たされるのでしょうか。

杉田秀之(すぎたひでゆき)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:杉田秀之(すぎたひでゆき)
  • 生年月日: 1988年4月15日
  • 年齢:31歳
  • 出身地:東京都
  • 身長:173cm
  • 学歴:慶応義塾高校、 慶応義塾大学総合政策学部総合政策学科卒業
  • 会社:ゴールドマン・サックス証券株式会社

 

元ラガーマンの杉田秀之さん。

2007年に当時1年生だった杉田さんは

ラグビー部の夏合宿の練習試合中に

頚椎、頚髄を損傷してしまいます。

 

一命は取りとめたものの、

最も回復して車椅子、基本的には寝たきり

と診断され、障害が残りました。

 

心配する監督向かって途中退場したこと、

チームの絆を深めるための富士山登山に

参加できないことを謝ったそうです。

 

「杉田が良くなったら一緒に行こう」

監督のその言葉に杉田さんは

「絶対に歩けるようになります」

と返したそうです。

 

懸命にリハビリをしたかいもあり、

少しずつ運動能力は改善されましたが

「障害」と向き合う時間も増え

「どんなに頑張ってもラグビーはもうできない」

と悟った杉田さんは、チームメイトにも

辛く当たってしまったそうです。

 

仲間たちもどう接すればいいのか分からず

戸惑っていましたが、けがから約2年半後、

仲間に押されてデータ分析係として復帰。

杉田さんはデータの分析以外にも徹夜で

モチベーションビデオを制作するなど

チームを盛り上げました。

杉田秀之と仲間の12年越しの「富士登山」挑戦結果は?

大学を卒業し、仲間もそれぞれが就職し

家庭を持ったりする頃、結婚式などで

顔を合わせる度に

「あの富士登山の約束を実現させよう」

と話すことが増えていきました。

 

回復をしたとはいえ、四肢に障がいがあり

現在の長時間の歩行では杖が必要です。

それでも良い意味で杉田さんを健常者として

扱う仲間たちの声に押されて杉田さんは

富士登山を決意しました。

 

2018年の3月からトレーニングを始め、

それを知ったラグビー部の仲間たちも

支えてくれ、会社や他の企業も後押しし

2019年8月24日に富士登山を開始。

 

1年以上にも渡る過酷なトレーニングと

学生時代に培った体力・根性。そして

何よりも支えてくれる仲間の力もあって

杉田さんは富士山登頂を成し遂げました。

一時は命の危険もあった怪我をして、

最高でも車椅子、普通なら寝たきり、

と言われた苦境を乗り越えて、

杉田さんは富士登山を成し遂げたのです。

杉田秀之の今現在は?大学卒業後はゴールドマンサックスに入社

大学1年生で重い障害を負った杉田さん。

2012年に大学を卒業し、その後新卒で

ゴールドマン・サックスに就職しました。

言わずとしれた外資系金融会社ですね・

 

就職活動の際には企業研究やに加えて、

障がいがある状態での職場環境や

会社のサポート体制などについても

目を向けて会社を調べていたそうです。

 

障がい者に対しては職種や業務に

制限を設ける会社が多く、入社前から

キャリアが制限されていることを知り

残念な思いをされたようです。

 

あるキャリアフォーラムに参加した時に

ゴールドマン・サックスを知り、

実力主義に加え、障がい者受け入れ体制も

整っていることを知りました。

 

障がいを抱えていてもグローバルに活躍する

先輩社員の姿を見て憧れ、就職活動の末、

ゴールドマン・サックスに入社しました。

現在は投資信託の設定や管理を担当しているようです。

 

ちなみにゴールドマン・サックスといえば

非常にタフな仕事ですが、年収も高く、

30代で平均年収2000万円以上となります。

実力主義なのでハードではありますが、

やりがいもそれだけありそうですね。

ちなみに杉田さんのご結婚については

調べてみましたが分りませんでした。

仲間の結婚式に出席した際には、

富士登山の話だけでなく自身の結婚にも

仲間は良い意味で「無遠慮に」

突っ込んでくれているでしょうね。

おすすめの記事