柴田亜美の今現在は?フルーツで全身麻痺?引退して美容家?最新作も気になる【仰天ニュース】

こんにちは、ぽこぱぱです。

「南国少年パプワくん」をご存知ですか?

アラサー世代にはわかるんですが、

かつてアニメにもなった人気漫画です。

そんなパプワくんを描いていた作者の

柴田亜美さんですが、漫画家を引退して

美容家になっていたりしたとか?

さらには美容に良いフルーツを食べて

全身麻痺になっていたりと色々大変な

ことになっていたようですが、現在は

何をされているのでしょうか。

柴田亜美(しばたあみ)の作品・Wiki経歴・プロフィール

  • 名前:柴田亜美(しばたあみ)
  • 本名:同じ
  • 生年月日:1967年5月24日
  • 年齢:51歳
  • 出身:長崎県
  • 学歴:長崎県立長崎西高校、武蔵野美術大学短期大学
  • 職業:漫画家

長崎生まれの柴田亜美さん。

もともと小学校時代から絵画教室に

通っていたようですが、中学生位から

本格的に漫画を書き始めたようで、

12歳位に初めて漫画をかきあげています。

美大に入る前くらいからロック漫画誌の

『8ビート・ギャグ』で漫画を執筆し始め

人気がありましたが、本気で漫画家に

なるつもりはなかったそうです。

武蔵野美術短期大学卒業後は銀座の画廊に

アートアドバイザーとして就職しますが

半年で退職。その後リクルート関連会社に

イラストレーターとして就職しました。

1990年に友達の漫画家に誘われて

「ドラゴンクエスト4コママンガ劇場」で

執筆を始め、人気を集めました。

懐かしいですね。読んでいました。

1991年からは「南国少年パプワ君」を

連載開始します。こちらはアニメ化も

されるなど大ヒットでしたね。

その後エニックス、集英社、講談社、

小学館、アスキー、竹書房などでの

連載経験を持っており、

  • 南国少年パプワくん
  • 自由人HERO
  • PAPUWA
  • カミヨミ

などなどの代表作をお持ちです。

柴田亜美が漫画家を引退して美魔女美容家に?スリーサイズや胸も凄い?

そんな柴田さんですが、漫画家以外にも

美容家という顔をお持ちです。

2007年頃から体調を崩して、

体重が10kgも増加。これがきっかけで

様々なダイエット方法で試みたんだとか。

食事療法と筋トレを基本に継続したところ

44歳になる頃には14kgの減量に成功。

その後も筋トレは続けていましたが、

職業病の腰痛や肩こりは改善されず、

困っていたんだとか。

そんな中、ボディセラピストから受けた

マッサージで体のバランスを整えることが

大切であると考え、2016年年9月には

サロンを開くことを決意し、麻布十番に

『ボディオートクチュール ami』という

プライベートサロンをオープンしています。

ご自身もかなり巨乳でナイスバディな

美魔女という柴田さんです。スリーサイズも

気になる感じですね。ご自身のサロンでは

カウンセリングを行ったり、提供する

食事も自ら作ったりしました。

オーガニックや薬膳の知識もあるようで

ダイエットしつつもキレイになれる

献立を立て、更には自身で作るという

美魔女美容家をされていました。

柴田亜美が美容にいいフルーツで全身麻痺?マンゴー?銀杏?

そんな柴田さんですが、たまねぎが

大の苦手で、こちらはアレルギーではなく

ただの好き嫌いです。食感がだめだそうで

風味はいいんだとか。実際に手料理でも

使っているのでただ嫌いなんでしょう。

一方、食べ物のアレルギーもあるようで

マンゴー・アボカド・銀杏などで

顔がかぶれるようで、銀杏を食べたときに

入院するほどの症状が出たこともあります。

10月30日の「世界仰天ニュース」では

そんな柴田さんがフルーツを食べて

全身麻痺になったエピソードを紹介します

「果物の皮で命の危機」とありますので

予想としてはマンゴーかな、と思います。

マンゴーはウルシ科の植物なので、

アレルギーが出る人も少なくありません。

美容に気を使う人にとってはマンゴーって

「世界三大美果」のひとつにも数えられる

果物ですし、近年「フルーツは皮ごと

食べるといい」という説も出ていますね。

実際に柴田さんが全身麻痺になった

フルーツがマンゴーなのかは放送を見て

確認したいと思います。

柴田亜美の今現在は?

そんな美容家として活動もしていた

柴田さん。イラストなどを描いたりも

していましたが漫画家業の方も連載が

始まり忙しくなったようでサロンは

一旦終了しています。

とはいえ、そこで培った知識や人脈は

大切なものですし、サロンは締めても

体の管理はしっかりとしているようです。

今年の7月には最新作の「れんコテ」の

第一巻も出されているようで、執筆業を

今はメインでされているようですね。

まぁ、漫画家ですし。色々手を出して

ネタになれば何でもOKだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする