セピック族(クロコダイルマン)は成人式でワニ男に!パプアニューギニアのわに祭りや儀式も!

 

 

体にワニ模様を彫る部族をご存知ですか?

 

パプアニューギニアのセピック川の

流域には多数の部族が住んでいるのですが

その中の「セピック族」という部族は

独特の文化を持っており、成人式では

ある儀式を通過する必要があるのです。

 

その儀式によって肌に刻まれるのが

「ワニ」の模様なんですね。

 

今回はそんなセピック族について、

どんな部族でどの辺りに住んでいて、

どんな儀式をするのかを見ていきます。

セピック族(クロコダイルマン)@パプアニューギニアとは?どこに住んでいる?

全長1126キロでパプアニューギニアで

随一の大河・セピック川の流域には

昔からの文化を継承する村が点在し、

様々な民族が生活しています。

 

そこに住むセピック族は、自然と共存して

生活しており、山・川・森・動物など

森羅万象を崇める精霊信仰を持っています。

セピック族(ワニ男)@パプアニューギニアの成人の儀式とは?ワニを崇める理由は?

セピック川で最も恐ろしい動物といえば

「ワニ」です。セピック族の中には

「ワニ」を自分たちの守り神と崇めて

自分たちの祖先と信じている部族も居り、

ワニ祭りが行わる部族もあるとか。

 

そんなセピック族の男子が成人するには

「ワニの力を体に取り入れる」という

儀式を乗り越えなければいけません。

 

セピック族はワニの力を取り入れるために

竹やカミソリで皮膚を模様にあわせて

皮膚をそぎ取り、特殊な樹液を塗って

傷口を膨らませることでワニの模様を

背中を中心に彫り込んでいくのです。

セピック族(クロコダイルマン)の成人式のイニシエーション(儀式)

セピック族の成人の儀式は精霊の家

「ハウスタンバラン」の中で行われます。

ハウスタンバランは女性を、暗い内部は

胎内を象徴するとのことです。

 

その中で儀式をして出ていくことで

大人の男として「再生」するわけです。

 

14~18歳の男がハウスタンバランの

2階に集められ、全身に泥を塗り、

「村の掟」を長老達から2週間学びます。

 

その後、集落の長がデザインした通りに

竹やカミソリで皮膚をそぎ取っていき、

その傷口に特殊な樹液を塗ることで、

傷口を膨らませていきます。

 

皮膚を削ぐ時、血を水で流す時は

とてつもない激痛を伴い、叫んだり

気絶したり失禁するのは当たり前で、

逃げ出そうとする若者もいるとか。

 

止血もしないので障害が残ったり

出血多量やショックで死に至る場合もある

相当な覚悟を持って挑む儀式なのです。

 

儀式によって母親の血を流しだし、

父親の血を受け継いだ一人前になります。

皮膚がワニ皮のような模様になると

成人したクロコダイルマンと認められ

女子からもモテるんだとか。

 

セピック族の詳細や儀式については

本当に不思議な世界の風習という

本の中でより詳細に紹介されています。

他の特殊な部族の風習も面白いですよ。

本当に不思議な世界の風習

本当に不思議な世界の風習

世界の文化研究会
681円(10/19 11:53時点)
発売日: 2014/12/19
Amazonの情報を掲載しています

セピックアートも注目

そんな特殊な儀式を行うセピック族ですが

こうした文化は「セピックアート」として

注目を集めています。

 

セピック族の村を訪れる観光客が

増えており、セピック族のワニ模様の

肌を撮影する際にはお金を要求して

資金源として使うこともあるとか。

わりと部族あるあるですね。

 

木彫りのワニや魔除け・呪術用の仮面、

ストーリーボードなどは非常に華やかで

衝撃の儀式とは違い楽しいものです。

セピック族(クロコダイルマン)が「所さんの世界のビックリ村!~こんなトコロになぜ?~」で特集

セピック族が9月27日の

所さんの世界のビックリ村!~こんなトコロになぜ?~

で特集されます。

 

その特殊な成人の儀式やワニ信仰の理由、

ワニ祭りについて取り上げられるので

こちらもチェックですね。

おすすめの記事