青空レストラン酒粕にんにくの越路バーニャカウダの通販お取り寄せ・値段は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

女子会と言ったらバーニャカウダ。

そんなイメージを持っていますが

どうなんでしょうかね。

野菜をたくさん食べれるので

バーニャカウダソースは偉いですよね。

自宅でもたまに使っています。

さて、1月12日の「青空レストラン」では

新潟の「大口れんこん」という野菜が

紹介されるのですが、食べ方の一つに

「酒粕にんにくを使ったバーニャカウダ」

なんてものがあるんだとか。

「酒粕にんにく」というワードすら

魅力的なバーニャカウダソース。

一体どんなお味なんでしょうか。

酒粕にんにくとは

新潟県長岡市越路(こしじ)地区は

数多くの杜氏を排出してきたエリアで

酒どころ新潟を支える地域です。

多くの酒蔵でお酒づくりをしていますが

酒蔵で酒造りをしている高橋さんと

仲間の丸山さんという農家さんが

余った酒粕を畑で利用できないかと考え

酒粕を土に混ぜる栽培法を始めました。

土に酒粕を混ぜることで、酒粕が発酵し

土に豊かな栄養が行き届きます。

その土でにんにくを栽培することで、

雪深い冬の新潟の厳しい環境下でも

元気で美味しいにんにくが育ちます。

酒粕にんにくの越路バーニャカウダソース

そんな酒粕にんにくを使って

鈴木翔さんというイケメンシェフが

作ったのが越路バーニャカウダソースです。

普通のにんにくに比べ、味が濃く、食感が

ねっとりしていて旨みが強い酒粕にんにくを

使ったバーニャカウダソースは一度食べたら

やみつきになる味です。

にんにくにクリームチーズとアンチョビを

加えて作ったバーニャカウダソースは

少し固めのテクスチャで、野菜につけて

ディップのように使うと野菜の味を

存分に引き出してくれます。

越路バーニャカウダソースの購入方法は?通販お取り寄せはある?

この越路バーニャカウダソースは

上記の鈴木翔さんが経営する

「SUZU365」というセレクトショップで

販売している商品です。

ちなみに鈴木さんは日本各地を料理修行で

回ったあとで地元に戻って、食事を通して

発信するシェフであり実業家さんです。

栽培から加工、販売まで。六次産業化を

実践するイケメンシェフです。

越路バーニャカウダソースは

鈴木さんが経営している居酒屋や

レストラン等で提供している

看板商品「農園バーニャカウダ」の

ソースとしても使われています。

通販にも対応しており、SUZU365の

HPから購入可能ですが、青空レストランで

取り上げられることで個数制限が入り、

更におそらく瞬殺で売り切れますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする