齋藤憲彦(発明家)の特許や学歴、賠償金や年収、結婚(妻・子供)は?

齋藤憲彦とアップルの特許侵害の訴訟の裁判結果や賠償金は?

大企業と特許裁判はかなりハードです。

2007年に対抗措置を開始し始めてから

結論が出るまでに8年もの時間がかかり、

相当に裁判費用我もかかっています。

2013年9月26日に東京地裁では

アップル社の多数の反論排斥して

斎藤さんの主張を認める判決が出ました。

高裁に持ち上がって知財高裁でも

2014年4月24日に1審に続いてアップルの

特許侵害が認められ、斎藤さんに対して

3億3000万円程度の支払いが命じられます。

ですが、賠償額について斎藤さん側も

不満があり、アップル・斎藤さん双方が

控訴をして最高裁まで進みました。

そして、2015年年9月9日。最高裁は

アップルによる特許侵害を認めて、

斎藤さんに対して約3億6000万円もの

賠償金の支払いが命じられました。

詳しい内容はコチラの新井信昭氏の本に

書かれています。以前読んでみましたが、

専門的なのにわかりやすかったですよ。

iPod特許侵害訴訟 アップルから3.3億円を勝ち取った個人発明家

実際には100億の賠償金を請求していた

斎藤さんでしたが、日本の裁判所は

その技術的な重要性を理解できず、

このような金額での賠償額となりました。

斉藤憲彦の収入・年収は?

斉藤憲彦さんの収入については発明物を

企業に売り込んだり、知的財産の収入で

成り立っているんだろうと思いますが、

詳しい数字は想像が難しいですね。

有象無象の発明家がいる中で、斎藤さんは

いわゆる「街の発明家」ではなく、

本気の発明家さんなので、かなりの

収入があるんではないでしょうか。

齋藤憲彦が逆転人生に出演

4月1日のNHK「逆転人生」では

「最強アップルVS.貧乏発明家」として

齋藤憲彦さんが取り上げられます。

裁判所を舞台にアップルと争うも、

形勢は不利で、訴訟費用もかさみ、

食うにも困る極貧状態に陥った斎藤さん。

それでも8年に及ぶ裁判を戦いぬき、

最後に逆転勝利を手にする、という

貧乏発明家が巨大企業を打ち負かした

ドラマチックな逆転裁判です。

NHK番組の見逃し動画配信

NHKの番組放送を見逃した時には

ネット配信がおすすめです。

とはいっても有料のNHKオンデマンドに

お金を払うのは受信料に加えて二重に

払うので避けたいところですね。

そこで「無料で見たい!」という方に

おすすめなのが動画配信サービスの

U-NEXTです。U-NEXTは国内最大級の

動画配信サービスです。

 

動画のレンタルや書籍や漫画、

雑誌のレンタルも充実しており、

暇つぶしにはもってこいです。

そしてU-NEXTはNHKオンデマンドも

配信しており、U-NEXT自体は有料ですが

31日間のトライアル期間というものがあり

その期間での解約であれば無料です。

初回登録ポイントをもらえば、

見逃したNHKの番組を見るだけじゃなく

無料期間に見たい他の動画も楽しめるので

一石二鳥ですね。

無料期間に解約しても違約金などは

当然発生しませんので安心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする