令和の意味や由来は?新元号の出典は?

新元号が発表されましたね。

「令和」(れいわ)となりました。

平成に続く元号「令和」

ここでは新元号「令和」の由来や

意味について見ていきたいと思います。

新元号「令和」(れいわ)

政府は1日午前、平成に代わる新元号を

「令和」と決定しました。読み方は

「れいわ」と読み、菅義偉官房長官が

記者会見し、墨書を掲げて公表しました。

日本最初の元号「大化」から数えて

248番目にあたる。新元号は今上天皇の

退位に伴い5月1日午前0時から施行されます。

政府は4月1日午前9時半から首相官邸で

有識者による「元号に関する懇談会」を開き

原案について一人ひとりから意見を聞き、

その後、衆参両院の正副議長に意見を聴取。

首相官邸で開いた全閣僚会議を経て

閣議で新元号を定めた政令を決定しました。

天皇陛下が署名し、公布されます。

3月14日に複数の学者らに新元号の考案を

正式に委嘱し、それぞれ2~5つの案の

提出を求め、官房長官の下で絞り込み、

5つ以上の原案から新元号を選びました。

【令和(れいわ)】の由来や意味、読み方・出典は?

令和の由来は万葉集から来ています。

元号の条件は、

  • 国民の理想としてふさわしいよい意味を持つ
  • 漢字2文字
  • 書きやすい
  • 読みやすい
  • これまでに元号や天皇のおくり名として用いられてない
  • 俗用されているものではない

の6つとなっており、令和はこれらの条件を

満たしていると考えられています。

これまでの元号については中国の古典が

由来となっており、現在の「平成」は

『史記』五帝本紀の「内平外成、

『書経』大禹謨の「地平天成」からで

「国の内外、天地とも平和が達成される」

という意味です。

また、もう一つ前の昭和は

書経堯典の「百姓昭明、協和萬邦」由来で、

国民の平和と世界各国の共存繁栄を願う、

という意味があります。

今回の「令和」は昭和と「和」の

感じが重なっていますが、日本の文学の

万葉集由来ということもあり、

より「和(日本)」を意識したものと

考えられるかもしれませんね。

新元号「令和」はいつから使われる?

新元号は平成31年4月30日に、

今上天皇が退位された後に、

現在の皇太子殿下が新天皇として

即位される5月1日より始まります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする