酒井弘樹(名経大高蔵高校野球部監督)の経歴や画像、今後の処分は?部員に暴行動画が酷すぎ?

私立名古屋経済大高蔵高の野球部で、

監督を務める男性教諭が10ほどの部員を

殴るなどし、3人に顔が腫れるなどの

けがをさせていたことが判明しました。

 

名経大高蔵高校は愛知県と県高校野球連盟に

体罰事案として報告しています。

また運動部監督による体罰事案ですね。

いつまで続くんでしょうか。

名古屋経済大学高蔵高校野球部監督が部員に暴行

県高野連などによると、教諭は11月9日の

午後6時半ごろ、部員全員を集めた

ミーティングで、10人ほどの1、2年生を

平手で殴ったり蹴ったりしたとのことです。

 

教諭は学校の聞き取りに対して、

「野球部で決めている携帯電話の使い方の

ルールが徹底されておらず、カッとなった」

などと説明したとのことです。

 

部員によると、日常的な体罰はなく

既に部員全員に謝罪したとのことです。

教諭は近鉄や阪神に在籍していた

元プロ野球選手でした。

 

監督は日常的な暴行は行っておらず、

普段は優しい監督だったようですが

元プロスポーツ選手の暴行というのは

凶器と言ってもいいかも知れません。

 

こちらでも同じ元プロ野球選手の桑田さんが

体罰についてお話されていました↓

発覚の経緯は11月10日に保護者からの

連絡で発覚し、同校は12日に県に報告。

県は体罰根絶の徹底を指示し、同じような

事案が起こらないように他校にも通知を

出しています。

暴行を行った監督の名前は元プロ野球選手の酒井弘樹!Wiki経歴・プロフィールは?

  • 名前:酒井弘樹(さかい ひろき)
  • 生年月日:1971年9月22日
  • 年齢:47歳
  • 出身:千葉
  • 学歴:関東第一高校、國學院大學
  • ポジション:投手
  • 在籍球団:近鉄・阪神

 

関東第一高校時代には控え投手でしたが

東都大学野球連盟の國學院大學に進学し、

3年時に2部リーグで優勝。1部昇格の

原動力となりました。

 

1部リーグ通算18試合に登板し

4勝9敗、防御率3.80。

 

1993年ドラフト1位で近鉄バファローズに

入団。1995年に一軍に定着し、先発、

中継ぎ要員として起用されました。

 

1996年は先発ローテーションを担い、

防御率は先発投手陣ではトップの3.30。

しかし援護に恵まれず8勝15敗で

リーグ最多敗戦投手となっています。

 

1997年は故障振るいませんでしたが

1998年にセットアッパーとして60試合に

登板し防御率1.97という成績を残します。

しかし翌年以降は再び故障に見舞われ、

2000年のオフに阪神へ移籍。

阪神移籍後は一軍の試合に出ることなく、

シーズン後に阪神を自由契約となります。

2002年は台湾へ渡ったものの、

シーズン途中で戦力外となり現役引退。

 

引退後は一般企業に就職しましたが、

ギャンブルや高級飲食店等で豪遊したり、

仕事のストレスで夫人に八つ当たりする

日々が続いていました。

 

その後一念発起し、教員免許を得るために

國學院大學に再入学、高校教員免許を

取得後、高校教師に転職ました。

 

2007年から名古屋経済大学高蔵高校に

採用され、単身赴任で国語教師を

務めていました。同校には野球部は

ありませんでしたが、2009年に新しく

野球同好会が発足。野球部監督に就任して

部員を指導していました。

 

酒井弘樹の今後の処分や体罰動画

次のページへ

おすすめの記事