ノイヴァドコルデイロ(ブラジル)は女だけの村で0円生活の楽園?デリーナさんとは?経緯や歴史背景は?

スポンサーリンク

こんにちは、ぽこぱぱです。

日本を含め、世界には変わった地域や

集落ありますね。今回取り上げるのは

ブラジルのノイヴァ・ド・コルデイロ

という村です。

この村の特徴は「ほぼ女性だけの村」

ということです。しかも0円で生活が

できるとのことで、男性から見たら

楽園ですねぇ。パスポートを探す男性も

少なくないんじゃないでしょうか。

夫をFacebookで募集したりと話題に

なったこともあるノイヴァドコルデイロ。

一体どんな村で、どんな経緯があったのか

調べてみたいと思います。

女性だらけの村ノイヴァ・ド・コルデイロ

ノイヴァ・ド・コルデイロはブラジル

南西部にある人里離れた田舎町で、

600人以上の女性で形成されており、

ほとんどが20~35歳という村です。

(しかも美女が多い)

それだけ聞くと歪な社会構造ですが、

男性からしたら楽園のように感じますね。

ほぼ女性だけの村となっているのには

村の持つ規則が背景にあります。

村で暮らす男性は18歳になると、

出ていかなければならない規則なのです。

中には結婚をしている女性もいますが、

配偶者が村にいられるのは週末だけです。

こうした徹底した男性排除の規則により

フィクションなどで見られる男性から見た

「パラダイス」のような女性だらけの

コミュニティーは作られています。

この村は自然発生的に生まれたのではなく、

19世紀までさかのぼった、事情や

宗教的背景により発生しました。

では、その背景を見ていきましょう。

ノイバドコルデイロが生まれた歴史的背景 デリーナさんとは?

ノイバ・ド・コルデイロができるまで

ノイバ・ド・コルデイロはもともと、

1890年台にホッサス・ノーヴァスという

村で暮らしていたマリア・セニョリーニャ・

ヂ・リマという女性が、フランス系の男性

アルトゥール・ピエッヒと強制的に

結婚させられたのが始まりでした。

当時女性に結婚の自由はなく、家族が決めた

相手と結婚させられることが一般的でした。

マリアには好きな人がおり、結婚3ヶ月で

家を飛び出し、シコ・フェルナンデスという

男性と暮らし始めました。

これにより二人はカトリック教会から

破門となり、差別されます。村ではマリアの

先4世代に渡って非難されました。

1940~50年台にその集落にアニージオ

ペレイラという福音主義の牧師がきて、

当時16歳だったデリーナ・フェルナンデス

ペレイラと結婚をします。

アニージオは教会を作り、

「ノイヴァ・ド・コルデイロ(子羊の花嫁)」

と呼ぶ教会を作り、信者を集め始めます。

この宗教は厳格な新興宗教だったことから

カトリックの近隣集落からはますます

孤立していきました。

ノイヴァ・ド・コルデイロが女性コミュニティーへ

数年後、極めて厳格な宗教への依存から

脱却できた村では、自分たちで独自の

ルールが作られました。

宗教にとらわれることも、上下関係もない、

服も食べ物も分け合い、子供も皆で育てる

生活共同体が作られていきました。

デリーナさんは夫の死後、自由を取り戻す

方向に向かっている村で、人々を自分の

邸宅に集め、共同生活を始めました。

大邸宅での共同生活をしていましたが

産業もなく、そこまで広い土地でもないので

男性たちは村から出て、出稼ぎに行き、

週末だけ帰る生活が定着しました。

そして支配や差別に苦しんできた村には

男性支配からの脱却として、男性禁制の

ルールが敷かれました。

ノイヴァドコルデイロは生活共同体で0円生活

ノイヴァドコルデイロの生活は共同生活の

助け合いです。誰かが誰かに貸し与え、

困っている人がいたらみんなで助ける。

理想的ですが中々理解が難しいですね。

女性たちは農業や牧畜、手芸などを行い、

自然と共存した生活を行っています。

家事も畑仕事も牧畜も、分担して行い、

一つの大きな家族のようですね。

実際夫が都会に出稼ぎに行ったものの

失業した人や、都会に行ったまま離婚し、

仕送りがなくなった女性もいますが、

周りからの助けにより暮らしています。

ノイヴァドコルデイロでは花婿をFaebookで募集中!条件や応募方法は?

ノイヴァドコルデイロは女性ばかりです。

村で出会う男性といえば既婚者か親族だけ。

女性達は恋愛や結婚を夢見ていますが

村から抜けたいとは思っていません。

そのため、夫としてきてくれる花婿を

募集していますが、村の規則を守れる

ことが条件になっています。つまり、

普段は出稼ぎで週末のみ村に帰れる

という条件です。

Facebookで募集もしているので

気になる方は行ってみてもいいかも

しれませんが、そこは自己責任でどうぞ。

まとめ

ブラジルにあるほぼ女性だけの村

「ノイヴァ・ド・コルデイロ」について

どういう村なのか、歴史的背景を含め

色々と調べてみました。

美女ばかり、というので話が濁りますが

皆が助け合う、という点では割りと

理想的なコミュニティーかもですね。

ただ、出稼ぎで支えられるのは不十分かな。

ここもクリアできれば面白い集落ですね。

ちなみにノイヴァドコルデイロについては

1月29日の「世界の村のどエライさん」

で取り上げられるようですので、

こちらも注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする