レメキロマノラヴァ(ラグビー)の経歴や出身、家族(妻・子供)のまとめ【動画・画像】

スポンサーリンク

こんにちは、ぽこぱぱです。

レメキ・ロマノ・ラヴァという方を

ご存知ですか?

リオ五輪で7人制男子日本代表の

エースとしてチームをベスト4に導く

立役者となったラブビー選手です。

オリンピックの優秀選手賞である

「ドリームセブン」にも選出された

レメキ選手、一体どんな選手なのでしょうか。

今回はレメキ選手について、経歴や出身、

プレー動画、家族などWiki風にまとめて

いきたいと思います。

レメキ・ロマノ・ラヴァのプロフィール

名前:レメキ・ロマノ・ラヴァ(Lemiki Lomano Lava)

生年月日:1989年1月20日

出身:トンガ

所属:Honda HEAT

ポジション:BK

身長/体重:177cm/92kg

あだ名:マノ、メキ

一番好きな国:日本

リオロ五輪で7人制男子日本代表の

エースとしてチームをベスト4に導く

立役者です。

オリンピックの優秀選手賞にある

「ドリームセブン」にも選出される。

持ち味は豪快なラン。

20歳の時に来日し、キヤノンイーグルスで

プレーする。その後、マツダストーマーズ

Honda HEATと日本でプレーを続けている。

7人制男子日本代表には2013年に

代表入りし、その後、日本代表の

中心選手として活躍した。

2015年のワールドカップで日本代表の

活躍を見たこともあり、今後は15人制に

専念する意向を明らかにし、2019年は

15人制でワールドカップ出場を狙う。

レメキ・ロマノ・ラヴァのプレースタイル

巨大な選手が多い中でレメキ選手は

177センチと小柄な体格ですが、

それでも持ち前のスピードで守備の

ほころびを見つけて弾丸のように

駆け抜けていきます。

守っても、高い危機察知能力をもち、

相手の走路を先回りして捨て身の

タックルでチームのピンチを幾度となく

救ってきました。

また、チームに献身的な性格も

レメキ選手の魅力の一つ。

「自分がノートライでも全部の試合に

勝ったらいい」とこともなげに言い、

チームの勝利のために試合のみならず

練習から皆を盛り立てる選手です。

高いアジリティーと小柄だからこその

鋭いカット、スペースが多く、加速性を

問われる7人制ラグビーへの適正は

とても高い選手です。

日本代表では7人制はリオ五輪が最後とし

15人制のラグビーに専念しています。

こちらはより一層フィジカルの強さが

要求される競技性になってきますが、

レメキ選手の身体能力なら活躍して

くれるだろうと思います。

レメキ・ロマノ・ラヴァの家族(妻・子供)について

レメキ選手はキヤノン時代に知り合った

日本人の奥さんと結婚し、2014年には

日本国籍を取得されています。

日本語はとても堪能ですが、奥様の

恵梨佳さんとお話するために日本語を

勉強したんだとか。やはり言語上達の

近道は恋愛ですね~(笑)

また、男の子2人がいる2児のパパでも

あります。試合中は厳しい表情で相手を

倒していますが、カワイイ我が子には

タックルで倒されていそうですね(笑)

まとめ

リオ五輪で7人制ラグビー躍進の

立役者レメキ・ロマノ・ラヴァ選手に

フォーカスしてみました。

その高い身体能力と持ち前の

「チームマン」精神で大活躍して、

2019年のラグビーワールドカップでも

大暴れして欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする