片岡恭子(運び屋)の経歴や結婚(夫)、仕事の理由やきっかけ・逮捕は?【アウトデラックス】

こんにちは、ぽこぱぱです。

「運び屋」と聞いて何を想像しますか?

私はいけないオクスリとかを運んでいる

非合法な人というイメージです。

今回取り上げるのはそんな不法ではない

合法の「運び屋」の片岡恭子さんです。

世の中にそんな職業があるんですね。

一体どんなお仕事で何を運んでいるのか、

どんな経歴の方なのか、気になったので

調べていきたいと思います。

運び屋 片岡恭子(かたおかきょうこ)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:片岡恭子(かたおかきょうこ)
  • 生年月日:1968年
  • 年齢:50歳?
  • 出身地:京都府
  • 居住地:日本では東京
  • 学歴:同志社大学、コンプルテンセ大学
  • 血液型:O型

「運び屋」の片岡恭子さん。

全くの日本人で、京都出身です。

同志社大学の文学研究科修士課程を

修了されています。

その後、同志社大学の司書をしますが

スペインのコンプルテンセ大学に留学。

スペインでは強盗にあうなど、ひどい

経験もされています。

失恋や母親との確執によりメンタルを

病んでいた時期もあり、荒療治として

中南米を3年間放浪し、ベネズエラでは

不法労働もしていました。

帰国後はNHKでバックパッカーとして

紹介され、それがきっかけでラジオや

旅行紙で活躍しており、「棄国子女」

という本も出版しています。

そんな片岡さんですが、運び屋としての

仕事は2007年から始めました。次は

運び屋について見ていきたいと思います。

片岡恭子の職業「運び屋」の仕事内容は?運んでいるものは?

「運び屋」と聞くと非合法なものを

運んでいる印象になりがちですが

メディアにも出ている片岡さんは

そっち系の方ではありません。

いわゆる非合法なものを運ぶ人を

「黒い運び屋」といいますが、

片岡さんは合法なものを運んでいる

「白い運び屋」です。

キャリアは10年以上になり、

捕まったりすることはありません。

企業などが急に必要になった物や

書類などを直接運んでいるんだとか。

いわゆる「ハンドキャリー」とか

「クーリエ」とか言われるものですね。

輸送便を使っていては時間がかかったり

期日に届く確証が持てない場合に

使うような印象でしょうか。

ただ「白い運び屋」をしている人でも

知らないうちに「黒いもの」を運ばされ

海外で確保・逮捕された上に死刑に

なった方もいるんだとか。

プロバックパッカー片岡恭子が海外であった命の危険も感じる体験とは?

プロバックパッカーの片岡さん。

世界を飛び回っており、危険な目にも

何度も会っています。

  • スペインで強盗被害にあう
  • パタゴニア山中で遭難する
  • ボリビアで暴動に巻き込まれる
  • アマゾンで強烈な食中毒に襲われる
  • アルゼンチンで遭難する
  • ベネズエラで拘束される
  • 耳にカニが入り命の危険を感じる
  • コロンビアで盗難被害にあう

やはりバックパッカーですね。

見事に先進国よりも中南米などの

途上国に傾倒されています。

片岡恭子の結婚は?家族(旦那や子供)は?

現在50歳くらいの片岡さんですが、

ご結婚はされているのでしょうか。

ついていけることができる夫や子供が

いたら最強の家族になりますね。

調べてみると、片岡さんは未婚のようで

お子さんもいないようですね。プロの

バックパッカーとして放浪していると

「固定される」家族を持つのは難しい、

ということなのかもしれません。

実際ゲストハウスなどに行って、中高年の

独身者に会うと、大体が自分の世界が

出来すぎてしまっていて、「結婚したい」

と言いつつも、自分の生活スタイルを

崩す気がない人が多いと思います。

片岡恭子が8月16日の「アウトデラックス」に出演

そんな片岡さんですが、8月16日の

「アウトデラックス」に出演して

絶で刺激的な海外放浪エピソードを

語るんだとか。こちらも注目ですね。

■“何度も死にそうになっている運び屋”として片岡恭子が登場!海外放浪をしまくっているという彼女の仕事は“運び屋”。スペインで強盗に遭い、パタゴニア山中で遭難、アマゾンで強烈な食中毒に襲われ、ボリビアでは暴動に巻き込まれ、耳にカニが入って死にそうになったと語る片岡。壮絶で刺激的な海外放浪エピソードの連続に矢部&マツコ仰天!

アウトデラックス関連記事

本ブログではアウトデラックスに

登場した方々を色々と紹介しています。

アウトな方々とマツコさん、矢部さんの

絡みが面白いですよね。

下の画像から関連記事にジャンプできます

アウトデラックス関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする