景田哲夫(テキーラ職人)の経歴やおすすめの通販お取り寄せ(カスカウィン)、結婚や年収は?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

こんにちは、ぽこぱぱです。

テキーラって飲んだことありますか?

強いお酒ですよね。最近は飲みませんが

昔は飲んで記憶飛ばしたこともあります。

テキーラってメキシコで作られる、

アガベという植物から造られる蒸留酒だったと

思うのですが、そんなテキーラを作る

日本人がいるそうで。

1月24日の「クレイジージャーニー」では

テキーラ職人、景田哲夫(かげたてつお)さんに

ついて取り上げるそうです。日本人初の

テキレロ(テキーラ職人)という景田さん、

一体どんな方なのでしょうか。

テキレロ・景田哲夫(かげたてつお)のWiki経歴・プロフィールは?

  • 名前:景田哲夫(かげた てつお)
  • 生年月日・年齢:非公開
  • 出身地:不明
  • 在住:メキシコ
  • 職業:テキーラ職人

日本人初のテキレロ(テキーラ職人)の

景田さん。元々は六本木のバーで15,6年

くらいバーテンダーをされていました。

年齢は30台後半から40台でしょうか。

テキーラ専門店でも働いていましたが

「ライムと塩で一気飲みするもの」と

バーテンダーをされていた景田さんも

テキーラに固定観念を持っていたそうです。

一度2009年に研修でメキシコに行った

そうですが、テキーラについてほとんど

学ぶことが出来ず、帰国後もテキーラに

ついて知識がないことにもどかしさを感じ

深く知りたくなったそうです。

知れば知るほどテキーラの奥深さを感じ、

気づけばテキーラの世界にどっぷり。

2014年にはメキシコに渡り、その後

テキーラの醸造所で働くようになりました。

影田哲夫がテキーラ職人になった経緯は?

メキシコに渡った景田さんですが、

現地スペイン語は喋れない、醸造所の

こともよく分からないという状態でした。

まずはメキシコシティにいたのですが、

テキーラとは関係ない土地だったので、

ハリスコ州に移動します。

そこでは日本人にお世話になるのですが、

テキーラ関係者ではないので、そこから

先は地力で何とかする必要がありました。

現地で3ヶ月位たったある日、道で

イギリス人に「何してるんだ?」と

聞かれたそうで。「醸造所への繋がりを

探している」と言ったそうです。

その後、その方の馴染みの店に誘ってもらい

そこでテキーラブランド「カスカウィン」の

生産マネージャのサルバドール・ロサレス

トレホさんと出会いました。

醸造所に遊びに行かせてもらい、通い詰める

内に仲良くなっていき、醸造作業を

やってみる?と言われたそうです。

凄い行動力とコミュニケーション能力ですね。

景田哲夫のカスカウィンのテキーラの味や通販お取り寄せ、おすすめは?

カスカウィンのテキーラはシンプルに

余計なものを加えない昔ながらの製法で

作られており、100%アガヴェ(竜舌蘭)で

作られています。

アガヴェの甘みと旨味が活かされており、

蒸された香りがテキーラに残されている、

「もう一杯のみたいな」と思えるような

テキーラとなっています。

景田さんが働くカスカウィンは現地で

愛されてきたブランドです。それが、

景田さんがいることで日本に輸入を

することになりました。

景田さんがよく飲むのはこちらのブランコ

(オーク樽による熟成をしないもの。

もしくは、熟成しても60日未満のもの)

のソーダ割りなんだとか。

こちらがクレイジージャーニーでみなさんが

味わっていたエクストラアネホです。

オーク樽で4年間の熟成を経た後、

保存容器内でさらに4年間を経ています。

ストレートで飲むなら、こちらのレポサド

(2ヶ月以上オーク樽で熟成を経たもの)

がお好きなようですね。

カクテルではアニェホ(1年間以上

オーク樽による熟成を経たもの)を

使うようで、昔から伝わる熟成樽で

熟成させ、甘すぎないバランスの取れた

テキーラになっています。

ちなみにメキシコではストレートで

テキーラを飲むことはあまりなく、

カクテルにしたり割ったりと自由に

飲んているそうです。

景田哲夫の結婚や子供は?

単身メキシコに渡ってテキレロとして

働いている景田さん。ご結婚はされて

いるのか気になって調べてみましたが

独身なのか、既婚者なのかは不明です。

単身渡ることができるという時点で

独身なんだろうと思いますが、現地で

恋人などはいるかもしれないですね。

景田哲夫の収入・年収は?

日本人初のテキレロの景田さん。

収入はというと、カスカウィンで

働いているのでその給料でしょう。

今でこそ景田さんからの繋がりもあって

日本にテキーラを輸出している

カスカウィンですが、元々地元の

家族経営の会社ですからそこまで

大きな売上げ規模ではないでしょう。

恐らく景田さんの収入はメキシコの

平均年収程度だろうと思います。

数字的には低そうですが、日本よりも

物価が安いので生活するのは

問題なく過ごせそうです。

まとめ

日本人初のテキーラ職人(テキレロ)の

景田哲夫さんについて、その経歴や

おすすめのテキーラの飲み方など

色々と調べてみました。

なんのツテもなくメキシコに渡り、

なんとか縁を作ってテキーラ醸造所で

働くことになった景田さん。行動力が

いい結果を産んだんですね。

1月24日の「クレイジージャーニー」では

命がけでテキーラ作りに挑む景田さんに

密着し、テキーラの作り方や飲み方など

紹介するようですので、要チェックですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする