ウガンダのサバンナモンキーに育てられた少年ジョンの今現在や家族(父親・母親)、デイジーとの関係は?

突然ですが、人間の脳は「可愛いもの」が

好きってご存知ですか?可愛いものを

見ると、脳が癒され、集中力があがる。と

脳科学で証明されているんです。

癒されたい・・。そんな想いをかなえる

番組「超かわいい映像連発!動物ぴ~す!」

いつも可愛い猫ちゃんやワンちゃんを紹介し

見る人に安らぎを与えています。

9月28日(金)の放送では、

「動物に育てられた人間のその後!」を

特集するそうです!

コロンビアでシロガオオマキザルに育てられたマリーナチャップマンについてはこちら↓

こんにちは、ぽこぱぱです。 猿やオオカミに育てられた!なんて話が ありますが、皆さん信じられますか? 特にオオカミなんて、...

動物が人を育てる。噂に聞いたことは

ありますが、どんな状況だったのでしょう。

しかもそのような人が何人もいるようです。

この記事では、森へと逃げ込んだ幼い少年

ジョンが猿に育てられ人間としての生活を

取り戻す、壮絶な半生をお伝えしたいと

思います。

ジョンがウガンダのサバンナモンキー(ベルベットモンキー)に育てられた経緯・理由は?

ジョン・サッサンニャはウガンダの小さな

町で育ちました。彼の父親は子供を嫌い

ジョンはたびたび暴力をふるわれ、それに

耐える日々を送っていました。

ジョンが4歳の時、母親が蛇にかまれて

死んでしまいます。父親はその悲しみと

怒りの矛先をジョンに向け、暴力をエスカ

レートさせていきました。

それに耐えかねたジョンは、ある日

ジャングルの森の中に逃げ込みます。

以前から「危険になったら森へ逃げなさい」

と母から教えられていたからでした。

当時のウガンダは内戦の真っ只中にあり

危機が迫ると森へ逃げ込む人も多かった

と言います。実際ウガンダの内戦では

約200万人もの人々が国内避難民としての

生活を余儀なくされたこともありました。

1人ジャングルを彷徨うジョン。

逃げたはいいものの、途方にくれます。

そんな時、ベルベットモンキーの群れと

出会います。

ベルベットモンキーの習性には「弱い」

と認識したものを助けるということが

あります。そして、まだ幼いジョンを

猿たちはそう判断したのです。

猿たちはジョンを気にかけ、木の実などを

分け与えたり、面倒を見てくれました。

主にフルーツ・ナッツ・サツマイモなどを

食べていたそうです。

ジョンは猿と生活し、ジャングルでの

暮らしを学んでいきます。ベルベット

モンキーはジェスチャーで会話をするので

その影響か今でもジェスチャーを多くし

人と話をするのがクセだとか。

ジョンが人間界に戻った経緯や当時のジョンや父親の状況は?

ジャングルでの暮らしを始めてから、3年後

1992年のある日、村で農作業をしていた

村人が、猿と一緒にいるジョンを発見します。

ですが、村人はジョンを人間と思わず

化け物が出た!と叫びます。それもそのはず

当時のジョンはやせ細り、全身が毛で覆われ

鋭い目に威嚇しうなっていたのです。そして

四足歩行、と、人間には見えない風貌でした。

しばらくし、人間の子供だとわかった村人は

ジョンを保護をし、自宅へつれて帰ります。

水も飲まず、料理も拒み、バナナを唯一

食べていたといいます。

ジョンの話はあっと言う間に村中に知れ

渡り、その中にはジョンと同じ村に住んで

いた男性がいました。男性は、ジョンの

父親に息子が見つかったことを教えます。

変わり果てた息子を見て、ジョンの父親は

何を思ったのでしょう。父親はジョンを

引き取らず、対面を果たしたあと自ら命を

絶ってしまいます。

ジョンのその後は?デイジーおばさんのおかげで人間に戻った?

その後ジョンは孤児院へと移ります。

当時のジョンはしゃがむのが好きで

言葉も喋れず人との交流を拒否していと

当時を知る人は語ります。

町の中にある孤児を引き取っている

学校に移りますが、当然馴染めるわけも

ありません。生徒だけでなく、教師も

ジョンに怯えてしまっていました。

水を極端に怖がり、お風呂の際は

大人3人がかりでやっと入れることができ

2足歩行もままならず、寝るのでさえ

しゃがんだままだったそうです。

そして、ようやく2足歩行が出来るように

なりましたが、ジョンは度々森に逃げて

しまうこともありました。ジョンにとって

猿たちは家族同然の存在。森は人間の世界

より安心できる場所だったのでしょう。

「ジョンは人間に戻れない。」そう人々が

諦める中、デイジーという女性教師だけは

ジョンを恐れず、必ず人間に戻れると信じ

大きな愛情を持ちジョンと向き合います。

そして、3年間ただひたすら声をかけ、

愛情を注ぎ続けたのです。するとある日

「デイジーおばさん!」とジョンが

言葉を発しました!デイジーの愛情は

しっかりジョンに伝わっていたのです!

ジョンの今現在は?結婚して妻や子供はいる?

人間としての生活を取り戻したジョンは

ある人に引き取られ、ミュージシャンと

して活躍しているそうです。ですが未だに

猿の習性が残っていると話します。

早食い、物への執着心、視線を合わすこと

が出来ない。そしてジェスチャーの多さ。

今でも守ってくれた猿達のことを思い出し

感謝しているのだそうです。

2003年の「スペシャルオリンピックス」

でウガンダのサッカーチームのキャプテン

に選ばれるなど、スポーツの面でも才能を

発揮しているようです。

そして、ボンボという村で家を買ったそう

です。将来は結婚しお嫁さんや子供達と

暮らしたい。と夢を語りました。

今現在はどうしているのか、の情報は

ありませんでしたが、もう奥さんや

子供はいるのでしょうか?番組内で

知ることが出来るかもしれません。

放送が楽しみですね!

こんにちは、ぽこぱぱです。 猿やオオカミに育てられた!なんて話が ありますが、皆さん信じられますか? 特にオオカミなんて、...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする