ジャッキーミッチェルはベーブルースから三振を奪った17歳少女!経歴や画像、その後は?誰なの?【世界まる見え】

こんにちは、ぽこぱぱです。

11月5日の「世界まる見え」では

あのベーブ・ルースから三振を奪った

17歳の少女について取り上げられます。

「野球の神様」ともいわれている

あのベーブルースから三振を取るなんて

一体どんな少女だったのでしょうか。

誰なのか気になりますね。

ジャッキー・ミッチェルのWiki経歴・プロフィール

  • 名前:ジャッキー・ミッチェル(Jackie Mitchel Gilbert)
  • 生年月日:1913年8月29日
  • 出身地:テネシー州チャタヌーガ

ジャッキーミッチェルはアメリカの

テネシー州チャタヌーガという場所で

生まれました。父親は野球好きだったのか

娘を野球に連れていき、ジャッキーに

野球の基礎を教えました。

ミッチェル家にはダジー・ヴァンズという

隣人がいたのですが、ヴァンズは元々

メジャーリーグの選手で、メジャーの

野球殿堂入りしているほどの選手です。

ジャッキーミッチェルは、ヴァンズに

野球の投球を教え「ドロップボール」を

見せたんだとか。カーブですね。

そんなジャッキーは17歳のときに

テネシー州チャタヌーガの女性チームで

野球を始め、ジョージア州アトランタの

トレーニングキャンプに参加しました。

ジャッキーミッチェルはプロ野球選手に!ジャッキーミッシェル 対 ベーブ・ルース

ジャッキーはキャンプで野球チームの

チャタヌーガルックアウトのオーナーに

注目され、スカウトされます。

女性投手という話題性による客寄せという

目的もあったようですね。それでも

ジャッキーはプロ野球選手になりました。

そして1931年4月1日。ベーブ・ルースが

所属していたニューヨークヤンキースとの

エキシビジョンマッチが行われ、

ジャッキーは2番手として登板しました。

そして遂に運命の「対ベーブルース」。

1球目はボールでしたが、2、3球は

ストライク。1-2と追い込んだ4球目も

ストライクで三振に切って取りました。

ベーブルースは女性選手に打ち取られた

屈辱からかジャッキーを罵倒しました。

観衆もブーイングをしましたが、それでも

次の打者、あの「ルー・ゲーリック」も

三振に切って取ったのです!

ジャッキーミッシェルのその後の野球成績や現在は?

ベーブ・ルース、ルー・ゲリックという

レジェンドから三振を奪ったジャッキーは

注目を集めますが、野球委員は彼女の契約を

無効にする裁定を下しました。

理由は「プロ野球は女性がやるには

試合が「激しすぎる」ため」というもの。

そのプロ野球を象徴する2人の選手から

三振を奪っているにも関わらずです。

ジャッキーミッシェルはその後、

ハウスオブデヴィッドに移籍します。

時々付け髭をしていたこともあったとか。

ですが、ロバに乗ってピッチングを、

と頼まれたときに激怒し退団しました。

その後、メジャーリーグは女子選手の

契約を正式に禁止しています。

この禁止事項は1990年代まで続きました。

ジャッキーはその後メジャーリーグに

出ることは叶わず、1982年に始球式で

投げたくらいです。そして1987年1月7日

ジョージア州で亡くなっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする