逸見政孝と安藤優子の関係や嫁・子供の今現在、豪邸の家や遺産は?

スポンサーリンク

こんにちは、ぽこぱぱです。

1993年12月25日に48歳という若さで

他界した逸見政孝さん。

「私が今、侵されている病気の名前、

病名は…ガンです」という記者会見は

当時衝撃的でした。

逸見さんが他界されてから25年が

経ちましたが、今現在奥様やご家族は

どうされているのでしょうか。

8月9日の「直撃!シンソウ坂上」では

いつみさんの素顔に迫るとともに、

かつての仲間だった安藤優子さんとの

関係について触れていくようです。

逸見政孝(いつみまさたか)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:逸見 政孝 (いつみ まさたか)
  • 生年月日:1945年2月16日
  • 没年月日:1993年12月25日(48歳)
  • 出身:大阪府阿倍野区
  • 学歴:大阪府立阿倍野高校、早稲田大学
  • 職歴:フジテレビアナウンサー

大阪府出身のいつみさん。子供の頃から

映画鑑賞が趣味で、特にチャップリンと

黒澤明作品は全て観たとのことです。

大学ではアナウンス研究会に所属し、

早稲田大学卒業後はフジテレビに

アナウンサーとして入社します。

試験の際には出身地を確かめられるほど

標準語への対応は完璧で、その実力は

社内にも轟いたほどでした。

当初はスポーツアナウンサーとして

活躍されていましたが、報道に転身。

FNNスーパータイムのキャスター等を

する一方でバラエティにも出演しており

人気が高まっていきました。

1988年に退職し、フリーとなり、

数々の人気番組の司会を務めましたが、

1993年に胃がんが見つかり、治療を

行うも、12月25日に亡くなりました。

逸見政孝の遺族(妻・息子・娘)は?

昭和の亭主関白を地で行っていた逸見さん。

「夫は外を攻め、妻は家を守る」が

逸見さんの理想とする夫婦像でした。

奥様の晴恵さんとは1970年に結婚しており

2人の間には2人の子供がいます。

俳優でタレント・司会者の逸見太郎が長男。

タレント、レポーターの逸見愛は長女です。

逸見政孝の嫁(妻)は逸見晴恵!今現在は?がんで死去?

逸見政孝さんの奥様である晴恵さん。

専業主婦を続けていましたが、

逸見さんの独立後、芸能事務所を立ち上げ

社長に就任しています。

逸見さんが亡くなった後は、12億もの

豪邸を守るために医学エッセイを

多数書き下ろし、テレビ出演や講演活動を

積極的にこなしました。

しかし、1994年に子宮がんを発見。

完治はしたものの、その後に血液細胞の

がんの一種の骨髄異形成症候群を発症。

10年ほど闘病していたが、2010年に

肺胞蛋白症のため死去されています。

逸見政孝の豪邸の今現在は?

逸見さんは人気絶頂で仕事をこなす中、

1993年に世田谷に131坪の土地に

当時12億円の大豪邸を建てました。

ところが、その後がんが見つかり、

12月に亡くなってしまいます。

生命保険や貯金をかき集めて、

7億円を支払うことが出来ましたが

5億円もの住宅ローンが残りました。

光熱費が月10万円。固定資産税が

20年で8000万円とも言われています。

残された晴恵さんは家を手放す選択も

無かったわけではありませんが、

逸見さんと造った家を無くしたくない!

という思いで返済にあたりました。

上に書いたように医学エッセイ本を

書いたり、年に100本とも言われる

講演活動を積極的にこなしたりと

必死の思いで働きました。

そうして約16年かかって、ほとんど

完済をされたようで、現在は子供さんが

住まわれているようです。

逸見政孝と安藤優子の関係は?

8月9日の「直撃!シンソウ坂上」では

かつて逸見さんとともに番組を担当した

安藤優子さんが登場し、逸見さんが

他界してから25年の今思うことを

初告白するようです。

安藤さんはテレビ朝日のプロデューサーに

スカウトされて報道に携わることとなり、

1980年にテレビ朝日でデビューされ、

数々の報道番組に出演されました。

1988年から「FNNスーパータイム」で

フリーになった逸見さんとコンビで

メインキャスターを務めています。

安藤さんは大学・大学院で学びながら

仕事を行っていました。

安藤さんは当時人気アナウンサーの

逸見さんから多くのことを学んだようで

逸見さんのことを「育ての親」と呼んで

とても尊敬しているようです。

逸見さんが亡くなった時には、

逸見さんの葬儀をレポートしましたが、

生放送中に号泣されていました。

育ての親と慕っている逸見さんの死は

安藤さんにとってとても大きな物で

逸見さんの死から25年たった今でも

悲しみが消えていないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする