イタリア総選挙2018結果速報!連立政権でEU離脱や日本への影響は?ユーロはどうなる?

スポンサーリンク

2017年、2018年は世界で大きな

選挙が数多くある年ということで

注目されていましたが、3月4日には

イタリアで上院下院を改選する総選挙の

投票が行われました。

ここ何年かはトランプ政権が誕生したり

イギリスが住民投票でEU離脱の決断を

したりと、割と「自国主義」の流れが

目立っているわけですが、イタリアの

総選挙ではどうなるでしょうか。

イタリア総選挙2018 注目ポイント

上院・下院両方を改選するイタリアの

総選挙は2018年3月4日、午前7時

(日本時間午後3時)に投票が始まりました。

今回の選挙では全部で7つの政党が得票を

競っていますが、勢力図としては、

中道右派連合、与党・民主党が中心の

中道左派連合、ポピュリズム政党の

「五つ星運動」の3つが争う形です。

どの勢力も過半数を取ることは困難な

見通しで、連立協議にもつれ込むとの

予測が多くなっています。

イタリア総選挙2018 事前の支持率、世論調査は?

事前の支持率世論調査では、

ベルルスコーニ元首相が率いる

中道右派連合を、「五つ星運動」と

与党・民主党が中心の中道左派連合が

僅差で追う展開となっています。

市場参加者が「この人になってほしい」と

期待するのは、モンティ首相かベルサニ

書記長のようで、どちらかというと

リベラル路線を望んでいるようです。

イタリア総選挙2018はバラマキ公約が乱立

中道右派連合と「五つ星運動」、

中道左派連合の三つどもえの構図と

なっている今回の総選挙では、

各勢力が基礎票積み上げのために

バラマキ公約を掲げあっています。

中道右派連合

  • 所得・法人税率を一律23%に引き下げ
  • 1000ユーロ最低所得補償

五つ星運動

  • 月額780ユーロ(約10万円)の「ベーシックインカム」の導入

中道左派連合

  • 子育て世代への80ユーロ給付

どの党も耳障りはいい公約ばかりを

出してきていますが、財源さえ不透明で、

「無責任な提案」と言ってもいい状態で

公約を出してきています。

この辺りの状態は、日本でも民主党が

政権を取ったときと同様、政権を取る

ためなら実現可能性が低くても大衆に

受ける公約を出してしまうんでしょうね。

特に重要なのは財源です。財政規律や

既成の政治の無駄の除去では財源を

確保することは現在のイタリアでは

無理といってもいい状態ですので、

その回答がない限りはこの辺りの公約は

眉唾ものといえるのではと思います。

イタリア総選挙2018 結果予想は?連立はどうなる?

今回の選挙では選挙制度の変更もあり

どの勢力も過半数を取ることは困難な

見通しで、連立協議にもつれ込むとの

見込みが強くなっています。

下院では有権者投票意向調査どおり、

中道左派連合が過半数を獲得すると

予想されていますが上院は不透明です。

上院は315議席で、過半数は158議席に

なりますが、場合によっては下院と

上院が逆転する「ねじれ議会」になる

可能性もあります。

また政権が形成できない場合は

「再選挙」という可能性もあります。

いづれにしてもどのような形での

連立になるかがポイントとなります。

ここで、3つの勢力の打ち、大衆迎合の

ポピュリズム政党と言われる五つ星運動は

以前から連立に対して否定的な立場を

取っているので、難しいポジションと

なっています。

イタリア総選挙2018がEUに与える影響は?離脱はある?移民政策は?

最も大きな影響としてはEU圏からの

離脱リスクです。イギリスでは離脱を選択、

フランスは残ることを選択しましたが

イタリアでも意見は分かれています。

EU懐疑派は五つ星運動と、中道右派連合に

加わる極右「同盟」で、ユーロ圏離脱の

必要性をほのめかしたこともあり、

政権入りすれば新政権はEUと距離を取る

政策に傾く可能性があります。

移民政策についても中道右派連合に

入っている「同盟」は年間10万人の

不法移民の送還を主張するなど、

いわゆる「右派」な主張をしています。

イタリア総選挙2018の結果速報

(3月5日 11:00更新)

国営イタリア放送協会(RAI)などの

出口調査によると、どの政党も過半数を

獲得できないハングパーラメントとなる

見通しとなっています。

出口調査では、中道右派連合がリードし、

最大勢力となる見込みですが、政権樹立に

必要な絶対多数に届かないとみられます。

続いて反体制派政党「五つ星運動」、

与党・民主党を中心とした中道左派連合が

第3位で続いています。

出口調査によると、右派連合の得票率は

33~36%となる見通しで

「五つ星運動」は29.0~32.5%と

単一政党としては得票率が最大になる

見込みとなっています。中道左派連合は

25~28%とみられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする