藤川孝幸の死因や経歴、胃がん闘病が壮絶!お別れ会や葬儀は?

元ヴェルディ川崎のゴールキーパーで

クラブチーム・北海道十勝スカイアースの

社長の藤川孝幸さんが、15日に死去した

ことが20日、クラブから発表されました。

今年4月には、昨年の末に末期の胃がんで

余命3カ月と診断されたことを告白。

奇跡を信じて闘病生活を送っていましたが

叶うことはありませんでした。

藤川孝幸さんが死去 死因は胃がん

Jリーグのヴェルディ川崎で

ゴールキーパーとして活躍し、

末期の胃がんを公表して闘病中だった

藤川孝幸氏が死去したことがわかりました

常務取締役を務める「リーフラス」の

公式サイトなどで

「弊社常務取締役 藤川孝幸 儀 平成30年11月15日 永眠いたしました」

と発表されました。

藤川さんは日本リーグの読売クラブで

プレーし、Jリーグ発足後の95年に

現役引退。翌年からは指導者として

ヴェルディ川崎や神戸、仙台などで

GKコーチを務めました。

今年4月には、自身が代表を務める

北海道リーグ「北海道十勝スカイアース」の

新体制発表で末期の胃がんを公表。

胃がんがわかったのは背中の激痛に

耐えかねて病院に行った時のことで、

ステージ4以上の末期がんでした。

闘病を支援する「激励マッチ」が

開催されるなど、藤川さんの奇跡を

皆が願っており、御本人も

「何とか奇跡を起こして、みんなに恩返ししたい」

と話していました。

藤川孝幸の葬儀・告別式・お別れ会は?

11月15日に亡くなった藤川さん。

藤川さんの遺志で、葬儀はすでに

近親者で執り行われています。

後日「お別れの会」を開く予定とのことで

発表は追ってされると思います。

藤川孝幸の経歴や現役時代の成績は?

  • 名前:藤川 孝幸(ふじかわ たかゆき)
  • 生年月日:1962年10月10日
  • 年齢:56歳没
  • 出身:神奈川県川崎市
  • 身長:183㎝
  • 体重:80㎏

元サッカー選手(ゴールキーパー)で

サッカー指導者であり経営者でもある

藤川孝幸さん。読売ユースを経て、

1980年から読売クラブでプレーしました。

Jリーグ発足の1992年からはそのまま

ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)で

プレーしました。1995年に現役引退。

PK戦の強さが有名でした。

引退後はサッカー指導者として活動し、

ヴェルディで5年、神戸で4年、

仙台で1年間GKコーチを歴任し、

大学サッカー部監督にも就任しました。

2015年1月からソーシャルビジネス・

総合スポーツサービス企業の

リーフラス株式会社へ入社。

2017年からはリーフラスが運営権を

取得した北海道十勝スカイアースの

代表に就任しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする