第十雄洋丸事件の原因・経緯や真相、東京湾に撃沈の顛末は?【アンビリバボー】

海での事故って恐ろしいですよね。

船に乗っている時に火事が起きたとして

逃げる場所がないというのは恐怖です。

 

今回は1974年に起きた海難事故の

「第十雄洋丸事件」について取り上げて

いきたいと思います。

 

日本最大級のタンカーが爆発・炎上し

最新の技術で消火にあたったこの事件。

どのような結末を迎えたのでしょうか。

第十雄洋丸事件(だいじゅうゆうようまるじけん)の経緯・概要

第十雄洋丸事は、1974年11月9日に起きた

LPGタンカー衝突炎上事故のことです。

死者・負傷者は33名死亡、7名負傷という

大きな被害をもたらしました。

 

1974年11月9日、サウジアラビアから

京浜港川崎区へ向け、57,000トンの

プロパン、ブタン及びナフサを積載して

LPG・石油混載タンカー「第十雄洋丸」が

航行していました。

 

航行中に、15,000トンの鋼材を積んだ

貨物船「パシフィック・アレス」が

右舷船首へ正面から衝突します。

 

「第十雄洋丸」には穴が開き、漏れ出た

ナフサが火花で引火して爆発が起こります。

ナフサはガソリンのようなもので、

ベトナム戦争で兵器内に使用されるほどの

爆発力と燃焼力をもった可燃物です。

 

そのナフサに火が付き大爆発が発生。

炎が噴き出し「第十雄洋丸」の右舷船首に

食い込んだ「パシフィック・アレス」を

巻き込む大火災に発展しました。

 

さらに流れ出したナフサが海面で炎上。

辺り一面が火の海と化しました。

海上保安庁は救助を開始し、消防船を

出動させ、消火活動を開始しました。

第十雄洋丸が大炎上!消火できる?

消火活動が開始されたものの、

「第十雄洋丸」は合計57,000トンという

多量の可燃物を積んでいたために消火は

困難を極めました。

 

16時40分頃には「第十雄洋丸」が大爆発。

「パシフィックアレス」は「第十雄洋丸」に

食い込む形になっていたので、19時頃、

火勢が衰えた際になんとか引き離しました。

 

日が暮れても「第十雄洋丸」は炎上を続け

川崎市街地方向へ漂流していったため、

「第十雄洋丸」をを砂が柔らかい千葉県の

富津沖に座礁をさせることにしました。

 

民間タグボート「大安丸」がけん引を

引き受け、ロープを取り付け、400mほど

引っ張りますが、ロープが大きな負荷に

耐えられず切断してしまします。

 

曳航に失敗した場合、川崎市が焦土化の

恐れもありましたが、同じ会社の船の

「大成丸」が応援に駆けつけてくれ、

千葉県富津沖の浅瀬に座礁させました。

第十雄洋丸が再び炎上!撃沈処分へ

その後、地元の漁業関係者からの抗議で

海上保安庁は「第十雄洋丸」を東京湾外に

移動させることを決定します。

 

ロープの取り付けられた「第十雄洋丸」は

タグボートによって引き出され、湾外へ

引っ張られていきましたが、予定の地点に

達する前に残っていた積荷のナフサが

爆発炎上してしまいます。

 

そのまま牽引を続けることは出来ず

ロープを切り離したため、第十雄洋丸は

炎上しながら漂流を始めました。

 

海上保安庁は、第十雄洋」の処分を

防衛庁に依頼し、自衛艦隊司令官は

撃沈処分を了承します。

 

海上自衛隊は最初にナフサのタンクを

破壊し、上空から爆撃で穴を開け、

最後に魚雷を発射して処分するという

方針を立てました。

 

護衛艦部隊は11月26日に現場に到着し、

翌27日の13時45分に射撃を開始し、

積荷のナフサを炎上させました。

その後、ロケット弾と対潜爆弾を投下し

魚雷4本を発射。

 

さらに護衛艦部隊からの艦砲射撃が

行われ、18時47分、20日間炎上し続けた

「第十雄洋丸」は犬吠埼灯台の東南東

約520kmの海域に沈没しました。

第十雄洋丸事件の衝突原因・理由は?海難審判の結果やその後の教訓は?

事故に至った原因は、

「第十雄洋丸」側が中ノ瀬航路を

航行していたことで船体が完全に

航路を抜けるまで海上交通安全法による

航路優先の原則が適用されると考えたこと。

 

「パシフィック・アレス」側が

中ノ瀬航路北側出口付近をかすめる

航路をとったことによる航路外での

海上衝突予防法によるスターボード艇

優先の原則が適用されると考えたこと。

 

これらにより、双方が衝突直前まで

回避行動を行わなかったためでした。

海難審判では事故に至るまでの

次の経過が判明しています。

 

  • 「パシフィック・アレス」が木更津港からの出港前に水先人から使用していた海図の不備を指摘されて修正を受けたこと。
  • 「第十雄洋丸」が水先艇との間隔を一定に保つべきところを時間の経過とともに距離が縮まっていったこと。
  • 「第十雄洋丸」が衝突の約6分前に「おりおん1号」とともに右舷38度弱の方向、約1.5海里の距離に「パシフィック・アレス」を視認していたこと。
  • 両船がともに衝突直前まで減速を含む回避行動を取らなかったこと。

 

審判の結果は「パシフィック・アレスの

不当運航に因って事故が発生したが、

第十雄洋丸船長の運航に関する職務上の

過失もその一因をなすものである」

というものでした。

 

これらの事故をきっかけにひりゆう型の

消防船「かいりゆう」「すいりゆう」が

追加建造され、たかとり型巡視船が

2隻建造され横須賀港と高松港に配備。

 

さらにひりゆう型消防船を補完する

ぬのびき型消防艇が10隻建造され

全国各地に配備されました。

 

この事件を教訓にして羽田特殊救難基地の

前身の特殊救難隊が創設されることとなり

現在の救難に繋がっています。

おすすめの記事