ゆきのすけは保護犬からセラピードッグに。大木トオルの救いで被災犬は野犬から人々の癒やしの存在に変わった

こんにちは、ぽこぱぱです。

「被災犬」というのをご存知ですか?

大きな災害が起こった時に、飼い主の

家族と離れ離れになったり、避難所や

避難先に連れて行けず、行き場を失った

ペット達です。

今回ご紹介するのはそんな被災犬の

「ゆきのすけ」です。

東日本大震災の後、野犬化して凶暴に

なってしまったゆきのすけは保護され、

今では人々を癒すセラピードッグとして

活躍しています。どんな経緯で、

どんな活動をしているのでしょうか。

被災犬ゆきのすけが保護されてセラピードッグ訓練へ

ゆきのすけは2011年の東日本大震災で

被災犬となりました。

被災後は野生化して野犬になっており、

凶暴化していました。

福島県二本松市で保護された時には、

凶暴さから野犬として殺処分になる

予定でした。

当時の状況やゆきのすけの状態から

人間目線ではありますが仕方のない

判断だったのかもしれません。

しかし、救いの手が現れます。

捨て犬など、殺処分される犬を保護する

活動をしていた大木トオルさんに

ゆきのすけは助けられます。

殺処分を免れ、セラピードッグの訓練を

受けることになりました。

「凶暴性があり、攻撃的で譲渡できない」

とまで言われ、首輪をなんとかつけても

3日で食いちぎっていたゆきのすけですが、

助けてくれた大木さんに心を許し始めました。

スポンサードリンク

ゆきのすけをレスキューした大木トオルとは

  • 名前:大木トオル
  • 生年月日:1947年5月23日
  • 出身:東京都
  • 職業:ブルース・ミュージシャン
  • 居住:ニューヨーク

ブルースミュージシャンの大木さん、

1976年に渡米し、東洋人として

初の全米ツアーを成功させます。

音楽で日米の架け橋となり、その功績で

ミュージシャンとして永住権を取得。

ミュージシャンとして数多くの

全米コンサートツアーを成功させると

ともに、プロデューサーとしても

多くのアーティストを育てました。

また、音楽活動以外では、

国際セラピードッグ協会の代表として、

捨て犬と被災犬の救出と、セラピー

ドッグ育成を30年以上行なっています。

子供の頃愛犬と別れざるを得なかった経験と

アメリカで芽生えた動物愛護の精神による

活動で、捨て犬・捨て猫の殺処分ゼロを

目指して国内外で活動されています。

ゆきのすけとの出会いもその活動の一環でした。

スポンサードリンク

ゆきのすけがセラピードッグとして人々を癒す

野生化し、人を信じられなくなり、

人が怖くなり、人に凶暴になっていた

ゆきのすけ。大木さんの努力もあり、

人に触れられるのも大丈夫になりました。

東京のセラピードッグの訓練所で

愛情を持った訓練を受けることで

人を信じ、人を受け入れ、

人とともにいられるようになったのです。

その後様々な訓練を経て、ゆきのすけは

野犬初のセラピードッグになりました。

高齢者施設や病院、障がい者施設や児童施設、

教育現場や刑務所、被災地への訪問活動など

幅広く活動しています。

大災害にあい、傷つき苦しんだゆきのすけが

愛情によって人とともに在るようになり、

同じように傷ついている人々を癒す役割を

果たしている。愛情の輪廻を感じますね。

スポンサードリンク

ゆきのすけ救出が本に

大木トオルさんはセラピードッグに関する

本を出版されていますが、ゆきのすけを

救出したときの様子は大木さんの著書

「わがこころの犬たち」に他の被災犬の

救助と併せて載っています。

この本の売上はセラピードッグ達の生活や

訓練に役立つので、興味を持たれた方は

ぜひ購入して読んで下さい。

まとめ

東日本大震災で被災犬となり、野犬化した

ゆきのすけが大木トオルとの出会いの後に

セラピードッグになった経緯などを

色々と調べてみました。

無責任なペットの放棄とは違い、大型の

災害ではどうしても人を優先してしまい

被災犬等は出てきてしまいます。

人のルールの中で生きる以上は

仕方のないことなのかもしれませんが、

大木さんのように手を指しのべ、

生きていく道を作ってあげる制度が整えば、

殺処分ゼロに近づくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする