松田聖子が契約したヴァーヴレコーズとは?アーティストやアルバムの収録曲、発売日は?【動画】

1990年台に全米デビューした

松田聖子さんが、ジャズの名門レーベル

ヴァーヴ・レコードと契約しました。

日本人歌手として初めてのことです。

構想6年の自身初のジャズアルバム

「SEIKO JAZZ」が、

同レーベルから全米リリースされます。

この名門レーベルのヴァーヴ・レコード、

一体どんなレコード会社なのでしょうか。

スポンサードリンク

ヴァーヴ・レコードとは?

ヴァーヴ・レコード(Verve Records)は

1956年に設立されたアメリカの

ジャズレコード会社です。

創業者はノーマン・グランツ氏。

草創期にジャズボーカルの女王、

故エラ・フィッツジェラルドを手がけ、

現在もダイアナ・クラールら

ジャズ界を代表する女性シンガーの

名作を手掛けてきたレーベルです。

現在はユニバーサルミュージックグループ(UMG)の

一部となっており、またヴァーヴ・ミュージック・グループ

(The Verve Music Group)の本体となっています。

スポンサードリンク

代表的なアーティスト

  • エラ・フィッツジェラルド
  • スタン・ゲッツ
  • オスカー・ピーターソン
  • ビリー・ホリデイ
  • デューク・エリントン
  • チャーリー・パーカー
  • ダイアナ・クラール

ジャズアルバムは「SEIKO JAZZ」

松田聖子さん自身初のジャズアルバムの

タイトルは「SEIKO JAZZ」です

プロデュースはグラミー賞を獲得経験者の

川島重行氏。そのプロデュースの下、

アルバムを完成させました。

スポンサードリンク

マンハッタン・ジャズ・オーケストラが

レコーディングに参加するなど、

本格派の1枚となっています。

日本では発売しています。

SEIKO JAZZの収録曲は?

  1. スマイル
  2. 追憶
  3. イパネマの娘
  4. 遥かなる影
  5. マシュ・ケ・ナダ
  6. アルフィー
  7. 静かな夜
  8. ドント・ノー・ホワイ
  9. 恋の面影
  10. 星に願いを

初のJAZZアルバムらしいといいますか、

超が付くほどの定番曲を中心に

構成されています。

娘の神田沙也加さん曰く「天才」。

まさにその天才の挑戦ですね。

まとめ

松田聖子さんが、ジャズの名門レーベル

ヴァーヴ・レコードと契約し、

アメリカでCDを発売するとのことで

レコード会社やジャズアルバムについて

調べてみました。

常に挑戦し続ける天才松田聖子さん。

年齢に合わせて変化している自分が

一番輝けるモノを常に探しているように

見えます。

アメリカでのアルバム発売が

いい結果になると良いですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする