土山しげるの死因はガン!おすすめ作品や病気、結婚(嫁・子供)は?【まとめ】

訃報が入ってきました。

漫画家の土山しげるさんが5月24日に

亡くなっていたことが発表されました。

享年は68でした。

「食キング」「喰いしん坊!」「極道めし」

といった数多くのグルメ漫画を描かれており

私も好きな漫画家さんの一人なので

非常に残念で仕方ありません。

土山しげるの死因はガン

漫画家の土山しげる氏が2018年5月24日

がんのため逝去されました。

直近では月刊誌『コミック乱』にて

「勤番グルメ ブシメシ!」を連載中でした。

死因のガンについては詳細には語られず、

それ以上のことは発表されていません。

土山しげるのWiki経歴・プロフィール

  • 名前:土山 しげる(つちやま しげる)
  • 生年月日:1950年2月20日 – 2018年5月24日
  • 出身:石川県金沢市。
  • 学歴:拓殖大学中退

漫画家であり大阪芸術大学の

キャラクター造形学科客員教授である

土山しげるさん。

1973年に月刊少年チャンピオンで

『ダラスの熱い日』で本格デビューし、

映画やドラマ化した平井りゅうじ氏原作の

『借王』などで活躍しました。

近年は『極道めし』、『喧嘩ラーメン』

『食キング』、『極道ステーキ』、

『喰いしん坊』等、独特のグルメ漫画を

手がけていました。

土山しげるのおすすめ漫画は?

土山先生の作品はいくつか読んでいますが

おすすめは

  • 食キング
  • 喰いしん坊

です。

どちらもグルメ漫画ですが、高級な

美食というわけではなく個性があります。

食キング

「B級グルメ店復活請負人」の主人公

「北方歳三」がラーメン屋や洋食屋などの

一流、高級レストランとはいえない

庶民向けの飲食店を再建するストーリー。

一見料理とは無関係だが実際には

再建の為に必要な特訓をさせるのが特徴で

「なんでこんなことをするのか」という

疑問に対して「質問は受け付けん」と

切り捨てるのが素敵です。

料理漫画の宿命といいますか、後半は

料理対決が増えていきますが、それでも

リアクション対決にはならず、あくまで

B級グルメが基本になっています。

喰いしん坊!

こちらは主人公が料理人ではなく、

大食い勝負を描いた漫画です。

グルメな会社員である主人公の

大原満太郎は、ある日ハンター錠二という

フードファイターと出会い、大食いの

道に進むことになります。

見どころはダイナミックな食べっぷりと

大食い・早食いに対しての理論的な

取り組みです。早くキレイに食べる姿に

感動すら覚えるほどでした。

※編集中

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする