テッドマクダーモット(歌手)の動画やアルツハイマーの現在は?【TEDDY MAC(テディマック)】

こんにちは、ぽこぱぱです。

年々歳を重ねるとちょっとしたことが

覚えられなくなってくるし、忘れっぽく

なってきている気がします。スマホのメモが

あってありがたい反面、頼っているので

どんどん衰えていくような気も。

さて、今回取り上げるのはアルツハイマーを

発病させていながらもメジャーデビューした

歌手テッドマクダーモットさんです。

イギリスに住む80歳の男性ですが、

どのようにして歌手になったのか、

どんな方なのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

テッド・マクダーモットの経歴・プロフィール

  • 名前:テディ・マック(TEDDY MAC)
  • 本名:テッドマクダーモット
  • 生年月日:1936年
  • 年齢:80歳
  • 国籍:イギリス

現在80歳のテッドマクダーモットさんは

数十年の歌手キャリアのある方でした。

ですが、知名度が高かったわけではなく

地方のパブ・クラブを中心に活動を

行っていました。

結婚後は工場で働くようになり、歌は

趣味として楽しんでいました。あだ名は

「The Songaminute Man」。家族とともに

満ち足りた人生を送っていました。

テディ・マックの異変?アルツハイマーを発症

テッドさんにはサイモンさんという

息子さんがいます。南アフリカで働いていた

サイモンさんは、お母さんのリンダさんから

穏やかだった父テッドさんが怒りっぽくなり、

物忘れが目立つとの連絡を受けました。

サイモンさんはお父さんを心配して帰国。

しかし、テッドさんはサイモンさんを

認識できませんでした。そして、病院に

行ったところ、アルツハイマー病と

診断がされました。2013年のことでした。

スポンサードリンク

アルツハイマーの介護中、テッドマクダーモットが穏やかになる時

サイモンさんは帰国して父テッドさんの

介護を母のリンダさんとともに始めました。

家族を認識できず、不安と混乱のせいか

テッドさんは暴力を振るうこともしばしば。

そんな大変な介護の中で、サイモンさんは

テッドさんが穏やかに、生き生きとする

時があるのに気づきます。それは父が

生涯愛した歌を歌うときでした。

サイモンさんは車の助手席に乗って

テッドさんが歌っている上の動画を

Youtubeに投稿しました。

動画の情報は瞬く間にシェアされ、

100万再生を超えるものも!

そして動画の中で寄付を募ったところ

目標の1000ポンドとは桁の違う

12万5000ポンドが集まったそうで、

それらはアルツハイマー病協会に

寄付されました。

スポンサードリンク

テッドマクダーモットがレコード会社と契約しメジャーデビュー

これらの活動やYoutubeの動画は

イギリス内で話題となり、ニュース

サイトが取り上げました。

そして、なんとレコード会社「Decca」と

契約し、80歳のアルツハイマー病の

歌手のデビューが決まりました。

気になるデビュー曲はフランク・シナトラの

「You make me feel so young」と

エンゲルベルトフンパーディンクの

「Quando,Quando,Quando」

車の中でテッドさんがよく歌う曲だ

そうですが、実際に収録したときの

風景の動画もご紹介します。

矍鑠としており、声がよく出ていますね。

80歳に見えません。

スポンサードリンク

アルバム発売も決定

さらにテッドさんはフランク・シナトラが

所属していた「The Rat Pack」の12曲を

セレクトしたアルバム収録も予定されて

おり、その売上はアルツハイマーに関係する

機関に寄付されることとなっています。

テッドさんの意志、と言うよりは恐らく

妻のリンダさんや息子のサイモンさんの

意志でしょうね。素晴らしいことです。

まとめ

アルツハイマーを発症しながらも歌手として

デビューを果たしたテッドマクダーモットさん

について色々と調べてみました。

失われた機能は戻っておらず、息子の

サイモンさんのことは認識できないようですが

歌のメロディや歌詞は覚えているそうです。

歌うことでアルツハイマーの進行が遅れる、

なんてこともあるのかもしれませんね。

アルツハイマーと闘う人達とそれを支える

人達に希望を与えたテッドさんのお話は

5月18日の「アンビリーバボー」で

取り上げられるそうですので、

ご覧になってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする