竹内忠宜が清水めいり(画像あり)に#metoo告発!経緯や経歴、今後は?

#metooによるセクハラなどの告発。

女優などから疑問が出てきてはいますが

それでも許されないことだとして

告発する人が後をたたないのも事実です。

そんな中、女優の清水めいりさんが

ツイッターで「2月の舞台で泣いた理由」

と題して舞台プロデューサーの竹内忠宜氏

から受けたことを告白しています。

一体どんなことがあったのか、告発が

本当だったのか、竹内忠宜氏とは

どんな人物なのか見ていきたいと思います。

清水めいりの「#metoo」告発内容とは?

清水めいりさんは自身のツイッターで、

昨年12月に起きたことについて告白を

していましたが、本日その相手の名前を

実名で告発しました。

以下が一連のツイートの引用です。

私が今年の2月の舞台で 泣いた理由です。
レイプをされた事によって自分の身体が汚い、嫌いだと思うようになり、役者を辞めるかどうか この一年弱、活動自体を休みつつ悩んできました。

#MeToo 昨年の10月、「舞台のプロデューサーの方と飲んでるんだけど、来ない?来て欲しい!」という声優の女の子の言葉に乗り、深夜から都内のカラオケで”罰で日本酒を飲むゲーム”とした、拒んでも飲めと強制させられるゲームをした。

延々と2時間以上続き、潰れて、ホテルへ連れて行かれ、身体が動かない状態の私の服を脱がし、強制的にされました。細かい事はあまりにもリアルでここにはまだ書けないけれど、怖くて親にも友人にも言えず、家に閉じこもり、何も食べれず、ただ泣き崩れる1週間があった。#Metoo

警察に被害届を出しても証拠不十分により受理されず、泣き寝入り。
未だ思い出してしまうし泣く事しか出来ない。#MeToo

はあちゅうさんの記事を読んで、タグを見つけて、色んな #MeToo を読んでいたら凄く胸が苦しくなって、書くなら今なのかもしれないと思って書きました。
(ネット上にも顔と名前が載っている、2.5次元舞台のプロデューサーについて。)

ホテルに連れていかれた時、館内の防犯カメラにはハッキリと映っていた。しかし肩を組んで部屋に入っただけでは準強姦罪にはならず、立証は出来ないと警察の方に言われた。準強姦罪の基準はそれ程までにシビアだと説明を受け、その場では泣くしかなかった。 #MeToo #metoo

「24時間以内であれば相手の体液が身体から検出されたと思う。」
1週間後、病院の医者から聞いた。
24時間以内に婦人科に行く事ができれば、立証は出来たと思う。
先ず被害にあわれてしまった方は、直ぐ病院に行って欲しい。#MeToo  #metoo

そして本日、追加で以下のツイートが

行われました。こちらも引用です。

この沢山の痛みを抱えて泣き寝入りだなんてあまりにもおかしい。そんな中、#MeToo で告発した事で同じ人物から被害を受けた方々と出会いました。

これ以上被害を増やしたくないという思いからも、実名を告発します。
加害者は戦国BASARAやBLAZBLUE ~CONTINUUMSHIFT ~、あいたま 等の2.5次元舞台をプロデュースしている竹内忠宜です。#MeToo

このツイートがどこまで正しいのか、

というのは現時点で判断できません。

ただ、責任ある立場として、竹内忠宜氏には

何らかの対応が迫られることになるでしょう。

もちろん片方の意見のみを鵜呑みにして

竹内忠宜氏を悪し様に言うことはできません。

そういう意味でも今後の対応が注目されます。

清水めいりのWiki経歴・プロフィール

  • 名前:清水めいり
  • 誕生日:7月29日
  • 学歴:東京工科大学(中退)

大学では映像制作やメディアに携わる

研究をしていた清水めいりさん。

事情があって中退しましたが、その後

人生をかけてやりたいことを模索し、

役者を志します。

2014年5月ヴォイス&アクターズ道場という

独立系養成所に入り、2015年7月から

フリーで活動をはじめました。

舞台などに出演もしており、八王子FMで

ラジオ出演などもしています。

showroom配信も行っているとか。

竹内忠宜のWiki経歴・プロフィール

  • 名前: 竹内忠宜
  • 職業:㈱1107、㈱縁劇人代表取締役・舞台プロデューサー
  • 演出舞台
    • 「 戦国BASARA 」(初演のみ)
    • 「らき☆すて」
    • 「BLAZBLUE」(初演のみ)
    • 「WILD HALF-奇跡の確率」
    • 「ロードス島戦記」
    • 「侯爵令嬢は手駒を演じる」
    • 「あいたま」
    • 「YUME☆KATU」

※竹内氏は、現在2.5次元に関わっていません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする