高谷康平のこうへいらーめんの営業日・場所・メニュー、学校や彼女は?【沸騰ワード10】

こんにちは、ぽこぱぱです。

ラーメンはお好きですか?私は好きです。

中国の元々の原型を残さないくらいに

魔改造している辺りが日本っぽいです。

さて、今回はそんなラーメンについて、

6月22日放送の「沸騰ワード10」で

テレビ初取材の月に1日しか営業しない

ラーメン店についてとりあげます。

横浜でお店を営む「天才○○職人」との

触れ込みですが、一体どんな店主で

どんなラーメンを出しているんでしょうか。

月1回営業のラーメン屋は横浜のこうへいらーめん!月1営業の理由は?

この横浜にあるという月一回しか

営業をしないというラーメン屋ですが

調べてみると「こうへいラーメン」と

いう名前なんだそうです。

「月1営業」と聞くとどうやって利益を

出しているのか気になるところですが、

実は「こうへいラーメン」は

「地球の中華そば」という人気店の

別ブランドとして同じ店舗で営業する

第二の顔のようです。

つまり、普段は「地球の中華そば」

として営業しているのですが、

月に一度だけ「こうへいらーめん」に

名前変えるスタイルのようです。

「こうへいらーめん」の店主は高校生の高谷康平?

そんな「こうへいラーメン」ですが

「地球の中華そば」とは店主も違えば

提供するラーメンも違います。

店主は高谷康平(たかやこうへい)さん

という方ですが、なんと高校生です。

普段は「地球の中華そば」で

アルバイトとして働いている高谷さんが

月に一度だけ店主になるんだとか。

天才高校生店主・高谷康平のWiki経歴・プロフィール

  • 氏名:高谷 康平(たかや こうへい)
  • 生年月日:2000年?
  • 年齢:17歳~18歳?
  • 出身地:不明
  • 学歴:高校在学中
  • 肩書:高校生、アルバイト、こうへいらーめん店主

地元横浜の高校生の高谷康平さん。

中学生の時にラーメンの美味しさを知り、

将来自分もラーメンを仕事にしたいと

思ったそうです。

将来は自分のラーメン店を持ちたいと

色々とお店を食べ歩いたそうです。

そんな中で高谷さんが出会ったのが

有名店「地球の中華そば」でした。

すぐにでも「地球の中華そば」で

働きたいと思った高谷さん。

アルバイト募集は「18歳以上」と

なっていました。が熱意を発信し、

店主の樋上さんが高谷さんを採用し

働くことになりました。

ちなみに高谷さんは地元横浜の

商業高校に通っているという

噂もありますが、真偽は不明です。

イケメンですが彼女はどうなのかな?

こうへいラーメンを高谷康平が切り盛りするようになる経緯は?

アルバイトとして採用された高谷さん。

学校に通いながらお店で働いています。

ラーメンの仕込みを手伝ったり、

ラーメンを食べ歩いたり、自宅で

試作してみたりとラーメンへの熱意は

本物のようですね。

店主の樋上さんはそんな高谷さんの

ラーメン職人としての成長を見て、

多くの経験をさせたいという思いから

「地球の中華そば」の定休日に

高谷さんのお店を開いていいと、

言ったそうです。

それも、提供するラーメンは

「地球の中華そば」のラーメンではなく

高谷さんのラーメンを出していい、

つまりそれが「こうへいラーメン」です。

「ラーメン好き」から「ラーメン屋」に

なるには結構ハードルがあるようで、

まずは「自分のラーメン」があり、

店を切り盛りするスキルも必要です。

樋上さんは高谷さんにそれを身に着け、

将来に生かしてほしいんでしょうね。

ちなみ、こうへいラーメンは

月に一度色々と試行錯誤して作った

新作のラーメンを提供しており、

その味はラーメンフリークにも高評価で、

行列を作るほどになっています。

こうへいラーメンの営業日や場所は?

高谷さんが月に1度店主になる

「こうへいらーめん」ですが、

居つ営業になるかはツイッターや

「地球の中華そば」HPで告知されます。

値段は800円から900円程度で、

コスト計算の訓練にもなっていますね。

メニューはその時によって異なり、

6月は「シャモロックと浅利と

アイス南高梅の~冷し塩ら~めん」

だったようです。ニューウェーブですね。

場所については「地球の中華そば」を

使っての営業となっています。

  • 住所:神奈川県横浜市中央区長者町2-5-4-1F
  • 電話:045-319-4248
  • 開店:不定期
  • 時間:11:00~15:00
  • 座席:10席
  • 駐車場:なし

営業時間の短さがネックですね。

美味しさとレア度を考えたら

ラーメンフリークは絶対行くでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする