篠原由香利(風鈴)のWiki経歴や結婚、店の場所や作品画像・価格(値段)や通販購入は?【セブンルール】

こんにちは、ぽこぱぱです。

毎週好きでみている「セブンルール」

あのキャスティングが絶妙だと思います。

特にオードリー若林が入っているところが良い。

さて、8月15日放送回では風鈴職人の

篠原由香利(しのはらゆかり)さんに密着して

彼女の7つのルールをみていきます。

100年の伝統を受け継ぐ4代目となる篠原さん。

昔ながらの技法を守りながらも、新しい感性を

取り入れたデザインが高い評価を得ているようで。

一体どんな方なのでしょうか。

スポンサードリンク

篠原由香利(しのはらゆかり)の経歴・プロフィール

出典:http://www.edocore.net

  • 名前:篠原由香利
  • 生年月日:1981年
  • 年齢:36歳
  • 出身:東京
  • 学歴:早稲田大学
  • 職業:風鈴職人
  • 所属:篠原風鈴本舗4代目

風鈴職人の篠原さん。「江戸風鈴」という

300年前から変わらない技法でガラス製の

風鈴を作る工場・篠原風鈴本舗の職人一家に

生まれました。

祖父の儀治さんは名誉都民、父の裕さんは

江戸川区無形文化財に指定されるなど、

高い技術を持つ職人の血を受け継いでいます。

小さい頃から家業の手伝いをしてきたので

普通に土日休みの仕事がしたい、と

考えていたそうですが、早稲田大学卒業後は

やはり江戸風鈴の世界に足を踏み入れました。

お父さんが急逝されたことで篠原風鈴本舗の

4代目を継ぐことになります。篠原さんは

伝統的な技法をしっかり受け継いでいますが、

新しい感性を取り入れ、数々の新作を発表

しており、高い評価を得ています。

スポンサードリンク

篠原由香利の結婚は?夫や子供は?

100年以上の歴史を持つ篠原風鈴本舗の

4代目の篠原さん。このテの伝統工芸の話を

聞く時には必ず「後継者問題」を気にします。

現在36歳の篠原さんは結婚をされています。

夫の公孝さんとの出会いはミッシェルガン

エレファントのライブ会場だったんだとか。

お二人ともロックがお好きなようです。

旦那様は由香利さんと出会ってから江戸風鈴の

カッコよさに惹かれたそうです。篠原家に

婿入りし、仕事をやめて風鈴職人の道を

選んだんだとか。公孝さんがガラスを吹いて

風鈴の形を作り、由香利さんがは絵を付ける

作業を行う、夫婦共同作業のようです。

子供さんについては調べてみましたが

特に情報はありませんでした。

伝統工芸を継承する5代目が気になりますね。

スポンサードリンク

篠原由香利の作品や価格は?

篠原さんが4代目をついだ篠原風鈴本舗。

伝統的なものも作っていますが、由香利さんの

新しい感性を取り入れたものやコラボなども

行っており、高い評価を得ています。

出典:http://www.edocore.net

東京の街並を切り絵風に表現した「TOKYO」は

東京都の伝統的工芸品チャレンジ大賞の

奨励賞を受賞しています。素敵ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 小丸ガラス風鈴 二色金魚
価格:1836円(税込、送料別) (2017/8/15時点)

もちろん伝統的なデザインの絵付けをした

風鈴も作成しています。夏らしいデザインで

アートなものもいいですが、昔ながらの

絵付けの方が映えるシーンには良いですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

篠原風鈴本舗 江戸風鈴 ルネネコ風鈴 花火
価格:2916円(税込、送料別) (2017/8/15時点)

個人的にみていてカワイイなと思えたのは

このクリエイターの内藤ルネさんと

コラボしたルネネコシリーズです。

こんなの店先にあったらかわいくて

買ってしまいそうです。

出典:https://twitter.com

また、以前「マツコの知らない世界」で

マツコさん型の風鈴も作られていました。

色々と新しいものにチャレンジされる姿勢が

素晴らしいですね。

篠原風鈴本舗の場所や風鈴の購入方法は?

篠原由香利さんが作る風鈴を売っている

篠原風鈴本舗は東京江戸川区にあります。

住所

東京都江戸川区南篠原4-22-5

アクセス

最寄り駅(都営新宿線瑞江駅)より徒歩12分

電話番号

03-3670-2512

営業時間

9:00〜18:00

休日

日曜・祝日

由香利さんのお爺さんであり、江戸川区無形

文化財保持者の篠原儀治(しのはらよしはる)

さんの作品も購入することは出来ます。

上の方のリンクから探してみて下さい。

ちなみに江戸風鈴は音をよくするための

工夫として鳴り口の部分をわざとギザギザの

ままにしてあります。 ここを滑らかすると

滑って音がしないんだとか。

価格帯は2000円程度のものから6000円

程度のものまで、デザインなどによります。

主には2、3000といったところですね。

スポンサードリンク

まとめ

8月15にち放送の「セブンルール」で

取り上げられる風鈴職人の篠原由香利さん

について、色々と調べてみました。

伝統工芸を継ぐということは技術だけでは

なく、精神を継ぐことだと思っています。

また、新しいことに挑戦して、自分なりの

風鈴を作られていることもとても好感を

持てました。

夏も折り返し地点を過ぎていますが、

風鈴の「チリンチリン」という音の風情は

なんとも素敵なので、この機会に一度

家にも付けてみようかと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする