サルデイビザ(イビサ島の塩)とは?通販お取り寄せの価格や製法・味は?地中海の巨大塩田で作られる天日塩!

こんにちは、ぽこぱぱです。

我が家には何種類も塩があります。

塩は食の基本なので。

というよりは、旅行に行くと

ついつい買ってしまうんですよね。

今回ご紹介するのはそんな塩の中でも

地中海で最も美しい海水と言われる

スペインの東部沖に点在する

バレアレス諸島のひとつである

イビザ島で作られた海塩、

「サル・デ・イビザ」です。

スポンサードリンク

サル・デ・イビザとは?製法は?

サル・デ・イビザ、直訳すると

イビザの塩となります。

つまりイビザ島で採れた塩ですね。

地中海で一番美しい海水と言われる

イビザ島の自然保護地域で作られた海塩です。

塩田の表面に自然に浮き出てくる

「塩の花」と呼ばれる最初の結晶をすくい取り、

天日で乾燥させて作られます。

塩の花というとフランスの

フルール・ド・セルが有名ですね。

アレもとても美味しい塩です。

サル・デ・イビザの製法

イビザ島はかつてフェニキア人の交易の拠点であり、

彼らが拓いた島の塩田では伝統的な製法で

塩作りが行われてきました。

イビザ島の塩田はとても巨大で、

全て天日での乾燥による塩作りです。

空気の綺麗な午前中に塩田の表面から、

塩の花を採取します。

それをさらに天日で乾燥させて

イビザの塩は出来ます。

2000年続く製法は今なお続いています。

スポンサードリンク

サル・デ・イビザの特徴・味は?

見た目の特徴はその美しさです。

精製していないとは思えないほど純白。

島周辺の海底には、ポシドニアと呼ばれる

固有種の海藻が生息しており、

海水の浄化をしてくれています。

海洋保護と生態系により、

イビザの海と塩の美しさは守られています。

味についてはほどよく水分を含んでおり、

柔らかな口どけとまろやかな味わいです。

海塩の特徴「丸い味のする塩」ですね。

岩塩のようなパンチ力はありませんが、

どんな食材とも馴染みやすいので、

とても使いやすいです。

サル・デ・イビザの購入方法・値段は?

サルデイビザは高級な塩です。

普通のスーパーには売っていないと思います。

125gで1300円ほどします。

他の塩の何倍ものお値段ですね。

陶器入りは150gで3000円ほどします。

高いですけど、入れ物がオシャレで素敵です。

大手通販サイトで購入するのが最も簡単です。

塩100%のものからペッパーやレモンを

混ぜたものなど種類は豊富です。

まとめ

世界遺産の島イビザ島。

美しい砂浜と海を求めてハリウッドスターや

セレブなど世界中から年間約200万人が訪れる

ビーチリゾートの島ではとても美しい塩が

作られていました。

お値段は張りますが、塩は食の基本。

その柔らかい味わいを一度試してみるのは

いかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする