彩豪一義(元十両・彩豪)の現在は?企業?イベント企画?勧進元ってなに?

こんにちは、ぽこぱぱです。

彩豪という力士をご存知ですか?

かつて大関となった千代大海のライバルとして活躍した元十両力士です。

その彩豪(彩豪一義)が現在何をしているのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

彩豪一義(元十両・彩豪)のプロフィール

名前:彩豪 一義(さいごう かずよし)

本名:墨谷一義(すみや かずよし)

生年月日:1975年9月7日

出身:埼玉県大宮市(現:さいたま市西区)

力士時代の所属:中村部屋所属

身長:185cm

体重:172kg

血液型:O型

得意技:突き、押し。

趣味:手品・サイクリング・ダーツ

最高位:西十両5枚目(1996年5月場所)

趣味が体格にあっているように見えないのは気のせいでしょうか(笑)

結構手先使うのが好きなお相撲さん多い気がします。

入門から十両昇進

15歳で中村部屋に入門後、1991年3月場所に初土俵。

部屋のホープとして早くから将来を嘱望されました。

その期待に応え順調に番付を上げ、1995年11月場所に十両に昇進しました。

十両に定着し、同じ高砂一門のあの千代大海とは下位の頃からライバル関係でした。

怪我に泣かされた相撲人生

幕内を狙える地位まで番付を上げましたが、

怪我もあり1997年11月場所を最後に幕下に陥落。

十両に復帰できそうな場所も何度も有っりましたが番付運に泣かされ続けました。

晩年は右肘や首のヘルニアといった怪我も多く全盛期の相撲が取れなくなり、

一時は三段目まで陥落。そこから番付を巻き返したが十両に返り咲くことは出来ず、

さらに心臓にも欠陥が見つかったため、2005年1月場所を最後に現役を引退しました。

怪我さえなければ、そう言われた力士の1人でした。

どうしても一度ヤマをやってしまうと(怪我をしてしまうと)

それを庇うための歪や稽古でカバーしようとする歪が出てしまうんですね。

スポンサードリンク

彩豪一義(元十両・彩豪)の引退後は?

引退後は実家の工務店に勤め、その後はなんと起業されています。

墨ホーム企画(株)という会社で一般建築・リフォームをはじめ飲食店舗企画運営、

イベント企画運営などを手がけています。

会社事務所は西浅草の一等地にある素晴らしい立地にあります。

また大相撲さいたま巡業では勧進元(主催者)も務めており、

さいたま巡業の際には大忙しのようです。

まとめ

元十両。彩豪(彩豪一義)が現在何をしているのか気になったので調べてみました。

度重なる怪我などで引退となりましたがその後は起業されて、

さいたま巡業の主宰を務めるほどに成功されているようです。

引退しても今なお相撲界に貢献し続ける姿勢がとても素晴らしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする