青空レストランのルバーブ通販お取り寄せは?(6/16)かぼちゃん農園の場所も気になる!

こんにちは。ぽこぱぱです。

ルバーブをご存知でしょうか?

私は結構昔から好きでジャムなどを

使っているのですがそこまでメジャーな

ものでもないですね。

ヨーロッパでは割とよく食べられて

いるもので、体にもいいですし、

色々と使いどころもたくさんあります。

今回は6月16日の「青空レストラン」で

長野県のルバーブが取り上げられる、

とのことで、一体どんなものなのか、

どんな農場なのか見ていきたいと思います。

ルバーブとは?栄養や味は?

ルバーブとは、「ショクヨウダイオウ」

という、漢方の薬用植物でもある

「大黄(ダイオウ)」の一種です。

フキのような見た目で、茎を食べます。

葉にはシュウ酸が含まれており、

毒があるので食用には向きません。

シベリアが原産で、寒冷に強いく、

日本では長野県や北海道で生産されます。

味は、生で食べると酸味が強く、

スライスしてサラダにしたり、お肉の

付け合わせにもいいですね。

多くはジャムにしたりと加糖して

使うことが多いと思います。

レバーなどの鉄っぽいクセのある

食材でもよく合うので、フレンチ等の

ヨーロッパの料理にも使われます。

ルバーブにはカリウム、カルシウム、

食物繊維やビタミンC、さらには

アントシアニンが多く含まれています。

ですが、食べすぎるとおなかが緩く

なりますので注意が必要です。

6/16 青空レストランに出る「かぼちゃん農園」の真っ赤なルバーブとは?

6/16の「青空レストラン」では

長野県富士見町の「かぼちゃん農園」の

赤いルバーブが取り上げられます。

ルバーブは緑色のものもありますが、

寒冷地で育つと赤くなる性質があり、

こちらのルバーブも赤いものになります。

かぼちゃん農園は八ヶ岳の裾野にある

富士見高原の標高1000mにあります。

赤いルバーブの産地の富士見町でも

国内有数の「赤いルバーブ」の出荷量を

誇る専門農園です。

赤いままルバーブはもちろん、収穫した

赤いルバーブを使ったジャムや業務用の

ルバーブピューレなども販売しています。

株式会社 かぼちゃん農園

住所

  • 長野県諏訪郡富士見町富士見9052

電話番号

  • 0266-78-6853

ルバーブの通販お取り寄せは?

かぼちゃん農園のルバーブジャムは

こちらから購入可能です。

かぼちゃん農園の赤いルバーブジャム

ただ、今年は5月の低温と降霜の影響で

収穫量が半減しており品切れ状態が

続いているようですね。ですが、

同じ長野県産の赤いルバーブであれば

お取り寄せは可能です。

こちらも長野県の小布施のものですね。

生のルバーブの扱いは慣れている人は

多くないと思いますので、ジャムで

お取り寄せも可能です。こちらも

長野の物で、長野賞までとっている逸品。

番組で出てきたルバーブのジュースも

お取り寄せ可能です。

こちらは私も飲んだことがないので

気になってしまいついついポチッと

買ってしまいました。赤いルバーブを

使っているので綺麗な色ですね。

ルバーブのレシピは?

今回の青空レストランでは、

かぼちゃん農園の赤いルバーブを使って

  • ルバーブジャム
  • ルバーブのささみフライ
  • ルバーブのおにぎり
  • ルバーブのパスタ

を作ります。

個人的に注目しているのは

ルバーブのおにぎりです。ルバーブに

塩を加えて加熱することで、梅干しの

ようになって合うんだそうで。

試してみたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする