レアはPBFDで羽毛がない鳥に!原因は?イザベラとの画像や動画が可愛くて毛糸の服が世界中から集まる!

こんにちは、ぽこぱぱです。

毛のない(産毛程度しか無い)猫や犬は

たまーに見かけますが、羽毛のない鳥、

というのはなかなか見かけませんね。

ペンギンは別です。

ですが、稀にウイルス性疾患で羽毛が全て

抜け落ちてしまうことがあるんだとか。

今回取り上げるのはそんな羽毛が全て

抜けてしまったボタンインコの「レア」です。

アメリカのマサチューセッツ州で保護された

というレア。一体どんな原因で羽毛が

すべて抜け落ちてしまったのでしょうか。

スポンサードリンク

PBFDで羽毛が抜け落ちたボタンインコのレア

2016年7月に1羽のボタンインコがマサチュー

セッツ州の動物病院で保護されました。

その保護された小鳥は「レア」と名付けられ

ましたが、ある特徴があります。

それは体中の羽毛が抜けてしまっているのです。

これはPBFDと呼ばれる病気によるもので、

PBFDはインコやオウムなどの鳥類に

発症するウイルス性疾患です。

感染した鳥との接触や糞などからうつります。

感染し発症すると羽が抜け、爪やくちばしにも

影響が出ます。現在完治させる薬はありませんが、

治療を続けることにより症状が改善する治療法は

あるんだとか。

重症のケースですとクチバシや爪を失うことも

あるそうですが、レアは幸いにも軽度の

症状だったとのことです。引き取られる予定は

なく、病院で隔離されて過ごしている中、

ある女性と出会いました。

スポンサードリンク

イザベラ・アイゼンマンがレアを引き取る

獣医のSNSでレアのことを知ったという

イザベラさん。グラフィックデザイナーである

彼女はレアを見た時に一目惚れをして、

飼いたいと心に決めたそうです。

イザベラさんに引き取られたレアは見た目こそ

裸に見えますが、クチバシや爪は健康な鳥と

変わらず、性格は人懐こく元気で、そこら中を

走り回っているんだとか。

こんな感じで超動き回っています。

可愛いけどたまに中に小さい人間が

入っているのかと思う瞬間があるのは

多分私だけですね。

イザベラさんとはすっかり仲良しです。

ただ、レアは病気の都合上、寒さに

弱いのと他の鳥と遊ぶことが出来ない

という制約があります。

スポンサードリンク

レアにInstagramフォロアーから毛糸の服が届く

寒さにめっぽう弱いレア。まさに鳥肌。

そんなレアが冷えてしまわないように

イザベラさんは靴下をリメイクした服を

着せていました。ニットワンピですね。

そんな姿をインスタにアップしていたところ、

レアのファンはどんどん増えていき、

いつからかレアにはファンの手作りの

毛糸の洋服が届くようになりました

カラフルなものから面白いものまで

様々な服を着たレア。これほどに愛される

鳥もなかなかいませんね。イザベラさんの

優しさとファンの優しさに包まれています。

レアの病気は完治はしないのですが、

治療によりある程度は良くなるので、

イザベラさんはレアに幸せに過ごして

もらいたいと考えているんだとか。

スポンサードリンク

友達はヨークシャーテリアのニッキー

そんなレアのお友達はというと、15歳の

ヨークシャーテリアのニッキーです。

最初見た時は「食べちゃうんじゃね?」と

思ったのですがそんなことはなく、

仲良くしているんだとか。

ニッキーもある日突然見慣れぬ鳥が

来た時は驚いたでしょうね。

今ではすっかり家族です。

まとめ

ウイルス性感染により体中の羽毛が

抜け落ちてしまったボタンインコのレア。

そんな境遇でしたが、イザベラさんとの

幸せな出会いにより、今では楽しく

暮らしているようです。

完治する治療法は現在はありませんが、

それでもある程度良くなる治療法は

あるそうなので、よくなっていって欲しい

ものですね。

ちなみにレアについては7月19日放送の

「生き物にサンキュー」で取り上げられる

そうなので、注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする