ペニーファージング祭りの宮川大輔の結果や乗り方、通販購入価格は?お祭り男が参戦!

こんにちは、ぽこぱぱです。

絶好調番組「世界の果てまでイッテQ!」

お祭り男宮川大輔のチャレンジは毎回

面白いですよね。

3月18日のチャレンジではオーストラリアで

「ペニーファージング祭り」という

お祭りに参加するようです。

聞き慣れない「ペニーファージング祭り」

一体どんなお祭りなんでしょうか。

ペニーファージングとは?

ペニーファージングとは、19世紀後期に

作られた自転車のことです。現在の

自転車の形とはかなり異なったフォルムを

しており、前タイヤがやたらでかいです。

社会や歴史の教科書などで見たことが

あるかもしれませんね。いかにも昔の

自転車といった感じです。

こんな形になっている理由は自転車を

より高速に走らせるためなんです。

前輪にペダルが付いているため、

ペダルが一回転する分進みますので、

前輪の直径が大きいほうが進みますよね。

このため、前輪の直径を大きくしてあります。

逆に後輪はバランスをとるために使い、

重量は軽いほうがいいので小さくなって

居るというわけですね。理にかなっていそう

ですが、座席は高くなりすぎるし、

バランスも悪そうですね。

ちなみにペニーファージングという

名前の由来はイギリスの硬貨「ペニー」と

ファージング硬貨からなんだそうで。

日本でいうと「500円1円自転車」ですね。

ペニーファージング祭り(オーストラリア)とは?

今回宮川大輔さんが参加する

「ペニーファージング祭り」はこの

ペニーファージング愛好家たちによる

レースイベントです。

オーストラリアのタスマニア島にある

エヴァンデールという町で開催され、

1983年に始まった大会です。

開催時期は例年2月で、年令や性別等で

クラスが分かれており、多くのペニー

ファージング愛好家が参加しています。

スピードも意外と出ますし、何よりも

前輪が高く、サドルも高いので転ぶと

超危険です。重量バランス的に急ブレーキを

かけると転倒してしまうので、通常

ブレーキも付いていません。

宮川大輔のペニーファージング祭りの結果や順位は?

宮川大輔さんは2018年2月に行われた

ペニーファージング祭りに参加しており、

上の方の動画にも写っていますね。

表情を見ていただければ分かりますが

芳しい結果になったわけではないようで。

そりゃ愛好家が集まる中に素人が入って

上位に食い込めちゃダメですよね。

元々宮川さんは足も長くないので、

前輪自体大きすぎないものを使って

いるんじゃないかと思います。

大きいと恐怖心も半端ないし。

ペニーファージングは現在も購入できる?

現在では見かけないペニーファージング。

購入できるのか調べてみましたが、

売っているもんですね。意外とお値段も

さほどでもないのかな?

クラシカルな感じで逆に新しさも感じる

シルエットです。ただ、街乗りに使いやすい

かと言われると疑問ですよねぇ。観光地に

オシャレで負いてあっても良さそうです。

まとめ

3月19日の「世界の果てまでイッテQ!」で

宮川大輔さんが参加した昔の自転車

「ペニーファージング」による

「ペニーファージング祭り」について

色々とまとめてみました。

現代でもオサレ以外で実際に乗っている

人がいるとは思っていなかったあの

いびつな自転車ですが、世界を見ると

愛好家はいるもんですね。

載ってみたい気もしますが、転んだら

大変なことになりそうなので、

乗る時にはヘルメットをしっかりと

かぶって乗ろうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする