オスカーピストリウス恋人射殺事件の経緯と現在は?殺人?事故?【義足のランナー】

こんにちは、ぽこぱぱです。

オスカー・ピストリウスという人物を

ご存知でしょうか?南アフリカ共和国の

短距離陸上選手です。

先天性の障害により0歳のときに両足の

膝から下を切断した義足のランナーですが

両足切断者クラスの100m、200m、

400mの世界記録保持者です。

オスカー・ピストリウス氏ですが

2013年に恋人を射殺したとして、

逮捕されています。南アフリカの英雄的

存在によるこの事件、一体どんな経緯で

現在どうなっているのでしょうか。

オスカー・ピストリウスの経歴・プロフィール

  • 名前:オスカー・レオナルド・カール・ピストリウス
  • 国籍:南アフリカ共和国
  • 生年月日:1986年11月22日
  • 年齢:31歳
  • 身長:183センチ
  • 体重:80キロ

南アフリカ共和国のサントンで、

先天性の身体障害により腓骨が無い状態で

誕生したオスカー・ピストリウス氏。

生後11ヶ月時、両足の膝から下を

切断し、義足を履いています。

高校時代はラグビー、水球、テニス、

レスリングなどを経験しますが、

ラグビーで膝を負傷し、リハビリ中に

陸上競技を勧められ、始めました。

2004年のアテネパラリンピック100mで

銅メダル、200m金メダルを獲得。

2008年の北京パラリンピックでは

100m、200m、400mに出場し、

金メダル三冠を達成しました。

2012年のロンドンオリンピックでは

陸上男子400mと男子4x400mリレーの

メンバーに選出され、両脚が義足の

陸上競技選手で初めて、オリンピックへの

出場を果たしました。

パラリンピックでは、200m予選で

世界新記録を達成するも、決勝では2位に

終わり、連覇は逃しましたが、

4×100mリレーの決勝では金メダルの

獲得に貢献しました。

オスカー・ピストリウスの記録・獲得メダルは?

自己ベストは100m、200m、400m

それぞれ以下のようになっています。

  • 100m:10秒91 (2007年4月4日)
  • 200m:21秒30 (2012年9月1日)
  • 400m:45秒07 (2011年7月19日)

また、パラリンピックでは、個人で

以下のようなメダルを獲得しており、

輝かしい成績です。

2004年 アテネパラリンピック

  • 100mT44:銅メダル
  • 200mT44:金メダル

2008年 北京パラリンピック

  • 100mT44:金メダル
  • 200mT44:金メダル
  • 400mT44:金メダル

2012年 ロンドンパラリンピック

  • 200mT44:銀メダル

オリンピック以外でも、世界選手権でも

数々のメダルを獲得しています。

2006年 アッセン

  • 100mT44:金メダル
  • 200mT44:金メダル
  • 400mT44:金メダル

2011年 クライストチャーチ

  • 100mT44:銀メダル
  • 200mT44:金メダル
  • 400mT44:金メダル
  • 4×100mT42-46:金メダル

オスカー・ピストリウスが恋人のリーバ・スティンカンプを射殺!経緯は?計画的殺人?事故?

そんなオスカー・ピストリウス氏ですが、

2013年に恋人のリーバ・スティンカンプを

銃で射殺したとして逮捕されています。

警察はピストリウス氏の自宅から

叫び声がするとの隣人による通報で

現場に駆けつけましたが、

スティンカンプさんは4発の銃弾を

受けており既に死亡していたとのこと。

隣人によると取り乱したピストリウス氏が

かがみ込んで、スティンカンプさん蘇生を

試みていたとのことです。

ピストリウス氏は浴室からの物音を聞いて

何者かが侵入したと思い込み、リーバさんと

知らずに発砲したと主張しました。

実際ピストリウス氏が住むプレトリアは

治安が悪いところで知られており、

塀には電気ワイヤが張り巡らされていますし

ピストリウス氏寝る時には護身用の銃を

枕元に置いていたようです。

オスカー・ピストリウスの真相は?裁判の判決や現在は?

ピストリウス氏は、過去にDVで通報された

経歴があり、南アフリカの検察は

「計画的殺人」であると主張しました。

また、スティンカンプさんがラグビー選手と

仲が良いことを不満に思っていたため、

当日は口論になっていたと言われています。

南アフリカの英雄ピストリウス氏の

殺人容疑に、南アフリカのメディアの

報道は過熱。また、事件の担当刑事の

1人が、過去に7件の殺人未遂容疑が

かけられている不祥事が発覚し、刑事が

交代となるなど、捜査は混乱しました。

2014年9月11日、高等裁判所は、

ピストリウス氏に対して殺人では無罪、

過失致死では有罪の判決を下し、

10月21日に禁錮5年を言い渡しました。

その後一旦仮釈放などになったりしますが

殺人罪で有罪判決となり、収監されました。

この時は6年の禁固でしたが、その後

2017年11月24日に量刑を禁固13年5月に

引き上げられる判決が出ました。

まとめ

陸上選手として初めてオリンピックと

パラリンピックに出場した南アフリカの

英雄オスカー・ピストリウス氏について

経歴や恋人の殺人容疑などについて

まとめてみました。

オスカー・ピストリウス氏については

DVで通報された経験があったり、

北京パラリンピック後にエゴイストに

変わったという話もあり、現地での報道は

過熱したようですね。

真相はどうだったか、とても気になる

ところです。この事件については

1月10日のワールド犯罪ミステリーにて

取り上げられるようですので、

こちらも注目したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする