オロチ大根(出雲おろち大根)の通販お取り寄せやレシピは?【青空レストラン2月24日】

こんにちは、ぽこぱぱです。

2月24日の「青空レストラン」では

超辛い大根、島根の出雲オロチ大根が

取り上げられます。

品種改良によって生まれたオロチ大根ですが

非常に辛いんですよね。ただ、食べ方に

よっては旨味が倍増!そんなオロチ大根に

ついていろいろ調べていきたいと思います。

オロチ大根(出雲おろち大根)とは?名前の由来は?

オロチ大根は出雲おろち大根といって

島根県出雲周辺で生産されている

大根です。ヒゲ根がたくさんあって、

ヤマタノオロチのように見えることから

「オロチ大根」とつけられました。

おろち大根はいわゆる「辛味大根」の

一種で、水分が少なめで出雲名物の

「出雲そば」の薬味にも使われます。

とてつもなく辛い大根なのですが、

その奥に旨味もしっかりあり、加熱すると

食べやすくなり、天ぷらやしゃぶしゃぶ、

炒め物にすると旨味が倍増します。

「ハマダイコン」という品種を元に、

品種改良によって生まれており、

そのハマダイコンも薬味として活躍する

大根ですが、それをさらに辛くしました。

実はこのオロチ大根、農林水産省には

「スサノオ」という名前で登録されており

ヤマタノオロチとスサノオという神話を

感じさせる名前となっています。

オロチ大根(出雲おろち大根)の通販お取り寄せは?

非常に辛いけど美味いと評判のオロチ大根。

出雲周辺で栽培されており、生産量も

そこまで多くないので、なかなか市場には

多く出回っていません。

ですが、年中このオロチ大根の美味しさを

感じて欲しいという思いから作られた

みぞれソースが販売されています。

その名も「出雲おろち大根みぞれソース」

オロチ大根の辛味と旨味が活きている

ソースで、肉に使っても魚に使っても

絶品の一品です。かけたり和えたりする

使い方もいいですが、加熱してソースに

使っても旨味が倍増しますよ。

焼肉に使っても良し、ハンバーグに使っても

さっぱりしてていくらでも食べれちゃう、

刺身を軽くこのソースで和えて、和風の

カルパッチョ風にするとお酒が進みます!

また、出雲そばとの相性もピッタリ。

このソースと出雲そばの組み合わせで

出雲を体感できますね。

オロチ大根(出雲おろち大根)のレシピは?

青空レストランではオロチ大根を使って

いくつか料理をつくるようですね。

そのうちの幾つかを紹介したいと思います。

出雲おろち大根のてんぷら

材料

  • 出雲おろち大根
  • 天ぷら粉
  • 天つゆ

作り方

  1. 出雲おろち大根の根を切り、水気を取る
  2. 天ぷらの衣をつけて、180度の油で揚げる

出雲おろち大根の豚バラ炒め

材料

  • 出雲おろち大根
  • 豚バラ肉
  • 醤油
  • 砂糖

作り方

  1. 出雲おろち大根をスライスする
  2. 豚バラ肉をフライパンで焼く
  3. スライスした出雲おろち大根を加える
  4. 醤油と砂糖で味を整えて完成

番組ではタイ風大根サラダ(ソムタム風)も

作るようで、レシピが楽しみですね。

まとめ

超カライけど超ウマイ辛味大根の一つ、

オロチ大根について調べてみました。

まだまだ地元界隈で消費されてしまう

大根のようで、なかなか簡単には手に

入らないようなのが残念ですね。

長野にいった時に辛味大根で蕎麦を

食べることがあったんですが、

わさびよりも蕎麦の香りが感じられて

美味しかったので、このオロチ大根と

出雲そばの組み合わせは間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする