大坪覚(大学博物館)のwiki経歴やオススメ穴場スポット、著書(本)や年収・職業は?

ニッチな世界をその道の専門家が紹介する

人気番組の「マツコの知らない世界」

11月7日放送回では「大学博物館」に

ついて大坪寛さんが登場されます。

「大学博物館」と言われても多くの方は

ご存じないですよね。私も大坪さんに

ついて調べるまでは知りませんでした。

ここでは、大学博物館ってどんなとこ?

大坪寛さんって何者?といったことについて

色々と調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

大坪寛(おおつぼひろし)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:大坪 覚(おおつぼ さとる)
  • 生年月日:1967年
  • 年齢:49歳?50歳?
  • 出身:富山県
  • 学歴:龍谷大学文学部、文化学院創造表現科
  • 職業:フリーライター、文化学院文芸コース・創作実習講師

富山県出身の大坪寛さん。学校を卒業後は

フリーライターになり、情報誌で映画情報や

レビューなどを書いていたそうです。

2009年からは文化学院文芸コースの

創作学習の講師をされています。

大坪寛さんが大学博物館の存在を知ったのは

9年ほど前のことなんだそうで、想像以上の

コレクションの数々に衝撃を受け、ハマって

いったんだそうです。

大学博物館とは?

大学博物館とは、大学や短期大学が

設置している博物館のことで、その大学の

研究成果やその大学の歴史などについて

展示をされていることが多いものです。

ほとんどの大学博物館が入場料無料で、

在校生、卒業生などの関係者以外でも

入ることが出来るものなんです。

博物館、大学毎に特徴があって、漫画が

おいてある博物館もあります。

スポンサードリンク

大坪寛がオススメする穴場スポットの大学博物館は?

記事作成時は放送前ですので大坪さんが

マツコの知らない世界でマツコさんに

紹介した大学博物館は分かっていません。

放送前に分かっている範囲ですが、

以下の大学博物館が紹介されるようです。

(※分かり次第更新します)

  • 拷問器具がある明治大学博物館
  • マンガミュージアムがある京都大学総合博物館
  • 東京農業大学博物館

その他にも水族館がある大学や化石が展示

されている博物館のある大学などが

紹介されるようです。

大坪ひろしの著書は?

大坪さんは大学博物館フリークとしての

知見を活かして大学博物館や大学の学食に

ついての著書を執筆されています。

東京の大学博物館に特化した

「TOKYO大学博物館」

関西の大学博物館に特化した

「KANSAI大学博物館」

KANSAI大学博物館ガイド (P-Vine Books)
by カエレバ

そして大学博物館を回ると同時に回った

学食についての著作もあります。

TOKYOこだわりの学食 (P‐Vine BOOKs)
by カエレバ

東京・関西と紹介されていますが、

全国には160館以上の大学博物館がある

ようなので、それ以外の地域の博物館の

紹介本も書いてほしいものですね。

スポンサードリンク

大坪寛の年収・収入は?

大坪寛さんはフリーのライターとしての

活動と併せて大学の講師をされています。

大学講師の平均年収は約700万円程度と

言われていますが、実際に大坪さんが

この程度なのかは不明ですね。

ライターの仕事、テレビやラジオなど

メディア出演などもされていますので

そちらの収入もあります。これらを

あわせると結構な額になりそうですね。

まとめ

11月7日放送の「マツコの知らない世界」に

出演して「大学博物館の世界」について

紹介する大坪寛さんについて、経歴や大学

博物館好きになった経緯など調べてみました。

通常の博物館は入館料で結構取られる

ことも多いのですが、大学博物館はタダの

所も多いようで、小学校などの自由研究や

デートなどにも使えそうですね。学食も

最近はおいしいとこが増えていますし。

大坪さん自身は年間100回も大学博物館に

通っているそうで。マツコの知らない世界

ではそんな大学博物館の魅力について

教えてくれるので楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする