太田紀美(富美代)の経歴(Wiki)や娘、結婚や9代目女将、お茶屋での遊び方や八坂女紅場学園も気になる!

こんにちは、ぽこぱぱです。

京都ってどんなイメージですか?

前に「月曜から夜ふかし」を見ていると

物凄く閉鎖的というか「いけず」な部分

がクローズアップされていました。

確かに「一見さんお断り」というところも

数多く存在するのは事実です。ですがそれは

お店の雰囲気を保つため、おもてなしのレベルを

保つために大切だったりするとか。

今回取り上げるのはそんな一見さんお断りの

祇園のお茶屋「富美代」の8代目女将の

太田紀美さんです。お茶屋とは何か、

9代目はどんな方なのかも併せてまとめて

いきたいと思います。

スポンサードリンク

太田紀美(おおたきみ)の経歴・プロフィール

  • 名前:太田紀美(おおたきみ)
  • 生年月日:1940年
  • 年齢:77歳
  • 出身:京都
  • 学歴:京都女子高校
  • 職業:「富美代」8代目女将

生まれながらにお茶屋さんを継ぐことを

運命づけられてきた方です。お茶屋さんに

ついてはまた後ほど説明しますね。

京都女子高校を卒業後は洋裁学校に通って

いたとか。和裁ではないのですね。

その後は京都ではなく東京の料亭の老舗である

「亀清楼(かめせいろう)」で修行されます。

安政元年創業の亀清楼は伝統と格式に

裏付けられた名店。そこで京都にもないものを

学んだことでしょう。

1961年に若女将としてお茶屋の「富美代」に

戻り、1974年に8代目の女将になります。

部屋、芸妓さん、料理、そして何よりも

お茶屋の空気をいい状態に揃えてお客様を

おもてなしすることに勤めてきました。

さらには老舗お茶屋の女将ということで、

他の責任ある役割もしており、舞妓・芸妓を

育てる「八坂女紅場学園」の理事長や

京都花街組合連合会会長を勤めています。

スポンサードリンク

お茶屋とは?「富美代」とは?

「お茶屋」さんというのは置屋と言われる所から

舞妓さん・芸妓さんを呼んで料理などを用意する

ところで、芸妓遊びをする場と言っても良いかも

しれません。営業できるのは祇園、先斗町などの

一定の区域に限られます。

歴史的にはかなり古く、300年以上になるとか。

かつては茶屋は人気の遊女の予約管理など、

案内所や関係業者の手配所としての機能があり、

客は茶屋の座敷で遊び、茶屋に料金を払ったそうです。

東京での「待合」に近い存在だとか。

太田さんが8代目女将を務める「富美代」は

数あるお茶屋の中でも特に格式が高いお茶屋の

うちの1件の「富田屋」というお茶屋から

「美代」という仲居頭が暖簾分けしてもらって

始まったそうです。

「富」という字をもらい「美代」さんのお茶屋

だから「富美代」なんですね。今では富美代は

お茶屋の中でも五指に入るほどの格式と大きさの

お茶屋ですが、ちょっと特殊な家訓があります。

スポンサードリンク

富美代は徹底した女系のお茶屋

そんなお茶屋の富美代の家訓とは

徹底した「女系」の店ということです。

今の8代目まで代々娘が女将として店を継ぎ、

主人として茶屋を切り盛りしています。

冒頭書きましたとおり、まさに太田さんは

女将になることを運命づけられてきたのです。

太田さんはそれを当然のように受け入れており

「天命」と語っておられます。

太田紀美の結婚は?夫は?

代々女将が継いでいく富美代ですが、さらに

代わった家訓があります、それは「女将は

結婚してはならない」というものです。

女将の人生はお茶屋とお客様のためのもの、

ということでしょうか。

歴史と伝統を守るお茶屋の女将ともなると

このような厳しい取り決めもあるのですね。

ただ、富美代を守るために跡継ぎは必要ですので、

旦那様はいませんが娘さんはいるようです。

スポンサードリンク

太田紀美の娘の太田直美は9代目女将?

娘さんは直美さんというお名前だそうです。

現在は若女将をされており、9代目を継ぐ

予定となっているそうです。

フィギュアスケートの浅田真央さんに京舞の

指導をしたこともあるとか。

直美さんも富美代の9代目を継ぐことを

「生まれた時からそういうもんやと思ってた」

と語り、富美代の家に生まれ、継ぐことを

受け入れているようです。

八坂女紅場学園とは?

そんなお茶屋といえば舞妓・芸妓さんですが

太田さんが理事を務める八坂女紅場学園では

祇園の芸妓・舞妓が全員生徒となっています。

京舞、鳴物、茶道、三味線が必須科目で、

能楽・長唄・笛・華道・書道・絵画など多岐に

渡っています。太田さんは理事長として

舞妓・芸妓の育成や技能向上にも寄与して

いるわけですね。

スポンサードリンク

お茶屋(富美代)で遊ぶには?

冒頭書きましたが京都のお茶屋さんは

基本的に「一見さんお断り」です。

これは伝統的なシステムで、お茶屋さんが

料理や舞妓・芸妓さんの手配をし、お金を

先払いするので信用のないお客を通すことが

出来ないというためです。

ですので、基本的にはそのお茶屋さんの

常連さんに紹介してもらい、「顔なじみ」に

なることが必要です。伝統と格式の高い

富美代はさらに厳格で、限られた人のみが

入れるお茶屋さんとなっています。

ですが、そのおもてなしは凄いようで、

けして「出来ない」と言うことはなく、

お客さんの求めるものを叶えようとする

そうです。高級ホテルのコンシェルジュに

近いですかね。

求められるニーズを的確に捉え、臨機応変に

場の空気を読み、調和を整える。これらを

行っているのが太田紀美さんであり、若女将の

直美さんです。

スポンサードリンク

まとめ

一見さんお断りの祇園のお茶屋8代目女将の

太田紀美さんや、そのお茶屋「富美代」に

ついて色々と見てきました。

ちなみに太田さんについては6月3日の

「NHKスペシャル」で取り上げるそうなので

普段けして覗けない祇園のお茶屋の内側を

見れるようです。楽しみですね。

伝統と格式を守り、それを次に繋ぐことを

運命づけられている、というのはなかなかに

衝撃的です。ですが、歌舞伎などの伝統芸能も

血族で継がれていき、「血」の重みというのは

実際に感じますので、そのような感じと

似ているのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. K O より:

    浅田真央さん(エアウイーブのCM)の京舞指導は五世家元 井上八千代さんの娘で八坂女紅場学園の講師でもある安寿子さんです。
    富美代の女将さんも娘さんも、祇園町出身者ですので少しは京舞を習ったかも知れませんが?

    • pokopapa より:

      KO様
      コメントありがとうございます。
      井上安寿子さんによる指導とのお話ありがとうございます。
      太田直美さんも指導には関わったようで、浅田選手の引退の際には
      「常にスケートの振り付けをされているからか、覚えが早く、立ち居振る舞いが美しい。とても初めてとは思えなかった」
      「美や芸術にかかわる新しい分野で、活躍されると思う」
      とコメントを出しています。

  2. 藤尾一光 より:

    6月6日の深夜NHK放送についつい見入ってしまいました。ありがとうございます。
    一見さんお断りは確かに良いですね。太田八代目女将さんはとても気品が漂う方でした。
    この世界に足を運ぶことがなかったのですが、若い時に憧れはありましたね。
    機会があれば親しい方のお連れで雰囲気だけでも味わいたかったものです。

    • pokopapa より:

      藤尾一光様
      コメントありがとうございます。
      血と立場、誇りと覚悟が醸し出す気品をお持ちですよね。
      私もいつか覗き見る程度でいいので体感してみたい世界です。