オニテナガエビの味や通販(お取り寄せ)購入方法、養殖場の場所や水族館で鑑賞するには?【青空レストラン】

こんにちは、ぽこぱぱです。

桜えびの季節もそろそろ終わって

梅雨のイワシの時期ですね。

季節ごとに細かく旬の魚が

食べられるのは良いですねぇ。

天然物ももちろん良いのですが

環境保護や安定供給のためには

養殖も良いんですよね。日本では

下に見られがちですが世界的には

養殖の魚介のほうが多いはず。

今回取り上げるのはレア食材の

オニテナガエビです。青森県の

弘前市では温泉を利用して

養殖をしているんだとか。

一体どんなエビなんでしょうか。

スポンサードリンク

オニテナガエビとは

出典:http://toshitoshi.jp

オニテナガエビはテナガエビの

一種で、前足(正しくは第二歩脚)

が長いのが特徴ですね。

テナガエビにも色々種類がいます

いかがその例ですね。

  • テナガエビ
  • ヒラテテナガエビ
  • ミナミテナガエビ
  • ザラテテナガエビ
  • ショキタテナガエビ
  • コンジンテナガエビ
  • オニテナガエビ

沢山いるテナガエビの仲間でも

オニテナガエビは淡水で育つ

エビの中で世界最大になる

エビです。ちなみにオニテナガ

エビの「おに」は「超」とか

「凄く」という感じです。

他のテナガエビが体調10cmくらい

のところ、オニテナガエビは

30cm近くになります。

さすが「超」テナガエビ。

スポンサードリンク

青森県弘前市のオニテナガエビとは?

青森県弘前市の相馬地区(旧相馬村)では

村おこしとして相馬海老等養殖生産組合

が発足しており、オニテナガエビの養殖が

行われています。オニテナガエビの養殖

をしているのはココだけなんだとか。

暖かい地域に生息するオニテナガエビを

青森県で養殖できる理由はこの地区では

温泉水を使うことが出来るためです。

温泉水により、飼育に必要な30度弱の

水温が保てます。

さらには現地ではオニテナガエビ釣り

なんてことも出来るんだとか。なんと

釣りたての海老を料理してくれる等

面白そうすぎる場所なのです。

なかなかに育てるのは難しそうなの

ですが、高い孵化率を保っています。

昭和62年より養殖を始めており、

これまで30年のノウハウの蓄積の

賜物でしょう。

スポンサードリンク

オニテナガエビの味は?

肝心のお味はというと、大きくなるので

大味になってしまうのでは、と心配する

かもしれませんがそんなことはありません。

ボリュームが有り、加熱しても縮みも

少なく柔らかめの身質が特徴です。

エナガエビ自体イタリアンやフレンチに

よく登場しますし、オニテナガエビは

東南アジアではよく食べられているので、

食用として適しているわけですね。

オニテナガエビのレシピは?

新鮮な生の身を使った料理から、

しめて少し熟成させてから食べる料理まで

幅広く使うことが出来ます。エスニックとの

相性もいいですよ。

・刺身

・素揚げ

・クンオップウンセン

・グリーンカレー

などなど、大きな身を活かした料理など

良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

オニテナガエビのお取り寄せは?ペットなら飼える?

確認してみましたがオニテナガエビを

お取り寄せ出来るところは見つかりま

せんでした。一般にあまり出回る食材

ではないんですよね。

また、観賞用としても人気があり、

供給が追いついていないそうです。

6月17日の「青空レストラン」で

オニテナガエビが取り上げられるので、

そちらで通販できるようになるかも

しれませんね。

オニテナガエビの釣り堀の場所は?

上の方で書きました釣り堀は青森県の

弘前市にあります。気になった方は

一度行ってみてくださいね・

住所

青森県弘前市五所里見43

アクセスがそこまで良いとはいえない

場所にありますので、青森旅行の時に

近くで1泊して立ち寄るコースにすると

良いのではないでしょうか。

もちろん近隣県からなら車で日帰りも

いいですよね。公共交通機関はあまり

期待しない方がいいですよ。

オニテナガエビを鑑賞するには?

岐阜県のアクア・トトぎふという

ところで見られるようです。

日本最大の淡水水族館ということで

なかなか面白そうですね。

バーベキューも出来るみたいです。

オニテナガエビはないですが(笑)

まとめ

青森県弘前市で温泉を利用して養殖を

しているというレアなエビ、

「オニテナガエビ」について色々と

見てきました。

どうやら東南アジアに結構多くいる

ようで、タイにも青森県同様に

釣り堀があるんだとか。確かに

タイの人ってエビ大好きですよね。

トムヤムクンの「クン」はエビですし。

個人的には甲殻類は大好きなので

一度食べてみたいですねぇ。

超デカイエビフライとか魅力的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする