起田高志(苔玉)の年収や結婚、現役時代の画像やモスボール工房の作品や場所、教室は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

いい天気でフラフラと歩いていたら

地域の手仕事マルシェに出会いました。

色々と面白そうなものがあるんですね。

レジンで作ったアクセなんかはもう少し

子どもが大きくなったらねだられそう。

そんな中で私が気になったものは

「苔苔」でした。何とも言えない

わびた感じと可愛らしさが素晴らしい。

さて、今回取り上げるのはそんな苔玉の

職人、起田高志さんです。元プロレスラー

という異色の経歴を持つ起田さん、

一体どんな方で、どんな作品を作られて

いるのでしょうか?

スポンサードリンク

起田高志(おきたたかし)の経歴・プロフィール

  • 名前:起田高志(おきたたかし)
  • 生年月日:1981年5月23日
  • 年齢:35歳
  • 出身:青森県十和田市
  • 身長:178cm
  • 体重:108kg
  • 学歴:三沢高校・北海道工業大学

顔イカツイッ!ってアレ?格好と手元が

可愛らしい(笑)青森出身の起田さん、

高校時代は野球部に所属し、4番ファースト

でした。4番ということはセンスと

身体能力が高かったんですね。

大学ではアメリカンフットボールに転向。

卒業後も社会人のアメリカンフットボール

オービックシーガルズで日本一を経験する

など、高い身体能力と根性をいかんなく

発揮していました。

ところが2007年にプロレスの夢を捨てきれず、

プロレスラーに転向。25歳で健介officeに

入門しました。2008年にデビュー。

アメフト仕込みのタックルやスピアで

奮闘していました。

しかし、2011年に試合中に右頬を骨折。

手術などを受けて回復しましたが、選手と

しての復帰は困難とし、引退をしました。

その後は故郷青森へ戻り、苔玉を製作、

「mossball工房」と開業しました。

ちなみに結婚情報などはありませんでした。

スポンサードリンク

起田高志のmossball工房の作品や場所は?

そんなプロレス出身の起田さんの作品、

イカツイのかなーと気になりますよね。

どんな作品を作っているのか調べてみました。

なにこれ可愛い!

トトロに出てくるまっくろくろすけみたい。

起田さんのビジュアルとのギャップも

あって更に可愛く見えてしまいます。

スイーツ好きがいたり、プロレスラーも

色々と個性が強いですねぇ。

起田さんのモスボール工房は青森の

十和田市にあります。

  • 住所

青森県十和田市大字奥瀬字栃久保183 奥入瀬渓流館内

  • 電話番号

0176-74-1233

苔玉作りの教室もやられているようで、

大人2000円、子ども1500円と

体験学習にはちょうどいい金額ですね。

ちなみに出張教室もやられています。

費用は出張交通費・講師料・材料費などです。

いいな、と思った方は問い合わせをされて

みてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

苔玉職人の起田高志の年収は?

プロレスラーから苔玉職人になった起田さん。

こけ玉で多くの人の心を動かせるだろう、と

考え続けているそうです。

苔玉職人は夢を追い続けられる収入を

見込める職業なのでしょうか。

以前年収3000万円という方のお話を

見たことがありますが、職人の仕事なので

収入はついているお客さんによって

しまいますよね。

起田さんも夢を追い続けられる収入で

あればいいなと思います。

まとめ

アメリカンフットボールの道で成功するも

プロレスの夢を捨てきれず、プロレスラーに

転向した起田さん。不運にも怪我によって

引退せざるを無くなりましたが、

その後も新たな道「苔玉」で活躍されて

いるようです。

異なる道に行っても、本人のやる気が

あればやっていけるんだという姿を

見せられているようで励みになりますね。

苔玉は手入れの手間は多少はありますが

凄く不精にしなければ楽しみ続けられる

ものですので、インテリアにもいいですね。

個人的には子どもが大きくなったら

家に置きたいなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする