おかめそばの盛り付けを画像(写真)で解説。由来や発祥のお店は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

お蕎麦は好きですか?

私はもりそばが好きで昔は長野の戸隠村に年に何度か行っていました。

スピリチュアルブームとJR東日本のCMで混むようになってからは避けていますが。。。

そんなお蕎麦のバリエーションの一つに「おかめそば」というものがあります。

いろいろな具が乗った食べてて楽しい蕎麦なのですが、なんで「おかめ」?

そんな疑問をもったので、おかめそばについて盛付方法や由来について調べてみました。

スポンサードリンク

おかめそばとは

おかめそばとは、蒲鉾や海苔、青菜や椎茸などの具を盛り付たそばのことです。

「おかめ」の由来は、具の並べ方がお多福の「おかめ」を思わせるところからきています。

乗せる具はお店によって異なりますが、正しい盛り付けは以下のようになります。

  • 一番上に娘の髪にかたどって島田湯葉を置く
  • 鼻は松茸の薄切りにして置く
  • 頬としてかまぼこを二枚左右に置く
  • 口には椎茸を置く

松茸をが鼻にするのがポイントですね。

おかめそばはもともとマツタケの採れる時期のみに販売される季節限定商品でした。

スポンサードリンク

おかめそば発祥のお店は?

幕末の頃、江戸・下谷七軒町にあったそば店「太田庵」が発祥のお店とされています。

当時根津には遊郭があり、太田庵のおかめそばが大人気となったそうで、店にはおかめの大きな看板を掲げ、「根津のおかめ」としてたいそう繁盛したというです。

1件が流行れば他も真似をするようで、様々なお店が具などに工夫をこらし、江戸中であっという間におかめ蕎麦はブームとなりました。

現在、「太田庵」はなくなってしまいましたが、「おかめそば」というメニューだけは日本の麺文化として綿々と続いております。

おかめ蕎麦の作り方

基本的にかけそばに具を乗せれば完成となります。

  1. 湯葉を湯通しする
  2. 松茸は縦に切って湯通しもしくは炙る
  3. かまぼこを切る
  4. しいたけをだし汁で2.3分煮る
  5. かけそばを作る
  6. おかめの顔になるように具を乗せる

おもしろおかめ蕎麦画像

ネットに乗っていた面白いおかめ蕎麦の画像をお見せします。

目がなると(笑)

ほっぺたに配置しても面白そうですね。

スポンサードリンク

目に枝豆(笑)

こっち見ていますね。食べづらい?

まとめ

おかめ蕎麦について、画像つきで正しい盛り付け方や由来についてなどまとめてみました。

五目そばは食べてもおかめ蕎麦はなかなか選ばないのですが、今回調べて興味が湧いたのでぜひ今度試してみたいと思います。

貴方もご一緒におかめ蕎麦を頼んでみてはいかがでしょうか。その店の工夫をこらしたおかめ蕎麦に出会えると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする