岡寛恵の事故や今現在の画像、結婚や声優経歴や出演作品は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

かつて映画「時をかける少女」に

出演した岡寛恵(おかひろえ)さん

ですが、今現在は舞台や声優業を主に

活動されています。

女優として活動していた岡さんですが

ある事故により顔面を切り刻まれ、

女優の命である顔を失っていたんだとか。

それでも表現者として生きていきたい

という思いから芸能の世界に戻ってきた

超ストイックな岡さん。そんな岡さんの

過去や今に迫ってみましょう。

スポンサードリンク

岡寛恵(おかひろえ)の経歴・プロフィール

出典:http://www.bungakuza.com

  • 名前:岡寛恵(おかひろえ)
  • 生年月日:1970年6月8日
  • 年齢:47歳
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • 学歴:東京都立小松原高校から堀越高等学校
  • 趣味・特技:民謡歌唱、英語
  • 所属:文学座

小学生時代には子役として活動していた

岡さん。ご両親からは芸能活動を反対

されていたそうなのですが、

「成績が落ちたらやめるから」

と、なんとか親を説得して劇団に入り、

芸能活動を始めます。

デビューはNHK教育テレビの「明るい仲間」

という番組でした。その後、東芝や旭化成

などのCMにも出演。1983年には映画

「時をかける少女」にも出演しました。

高校受験により芸能活動を一時中断しますが

1985年に「’86ミスヘアコロンイメージ

ガールコンテスト」で準グランプリに輝き

芸能活動を再開します。

芸能界再デビュー時には本名の「岡寛恵」

ではなく芸名の「岡谷章子」(おかやあきこ)

という渋めの名前でのデビューでした。

スポンサードリンク

岡寛恵は交通事故で女優の顔に傷?

出典:https://www.pinterest.jp

女優として再デビューした岡さん。

NHKの朝のテレビ小説「はね駒」や

「翼をください」に出演したり、

土曜ワイド劇場などの様々なドラマに

出演していました。

ラジオDJもやるなどして、3年ほどは

忙しくも楽しい日々だったようです。

ところが19歳のある日、岡さんを

悲劇が襲います。

交通事故にあい、芸能人の命ともいえる

顔に大怪我をおってしまいました。

芸能活動は中止せざるを得なくなります。

相当に大変な時期だったともいますが

当時の事故状況などについては明らかに

されてはいません。

これまで5回の形成外科手術を受けており、

その間には就職してOLをしたりもしました。

ところが「本当にやりたいことは俳優だ」と

1995年には文学座研究所に入り、

2000年からは座員となりました。

スポンサードリンク

岡寛恵の今現在の仕事は?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp

演技をすることを再開させた岡さん。

今現在は声優を中心に活動されている

ようですね。テレビアニメよりは海外の

映画の吹き替えがメインのようです。

「バイオハザード」のアリス役や

「アイアンマン」のペッパー・ポッツ、

「スパイダーマン」のメリージェーンなどに

出演し、特にマーベル・コミック原作映画の

ヒロインに多く起用されています。

岡寛恵の出演作品や吹き替えは?

一覧にしたらとんでもない量の作品の

声を当ててらっしゃる岡さん。

すべてを書くと、冗長になるので、

ザックリと書いて聞きます。

吹き替え(女優)

  • アリ・ラーター
  • キャサリン・ハイグル
  • グウィネス・パルトロー
  • クリスティーナ・ヘンドリックス
  • ケイト・ウィンスレット
  • シャーリーズ・セロン
  • ダイアン・クルーガー
  • ナオミ・ワッツ
  • ミラ・ジョヴォヴィッチ

なんというか、錚々たる面々ですね。

知らないうちに岡さんの声を聞いていた、

という人も多いはずです。

吹き替えは人気よりも実力を問われる、

声優でも一部の人間しか出来ない

ジャンルだと聞いたことがあります。

岡さんの声優としてのスキルの高さを

感じますね。

スポンサードリンク

岡寛恵の結婚や彼氏は?

47歳の岡さん。ご結婚をされているのかな

と思って調べてみましたが特に情報は

ありませんでしたので、なんとも言えません。

声優さんって既婚者でも隠している人も

割といるので分かりませんね。

何故か岡さんについてネットで調べると

「山寺宏一」という言葉が出てきますが、

山寺さんは同じ声優の田中理恵さんと

結婚されていますし、関係ないでしょう。

まとめ

女優で声優の岡寛恵さんについて、

経歴や事故、その後の復帰や今現在などに

ついて色々と見てきました。

親の反対、学業、事故による怪我。

様々な障害が目の前に現れても

岡さんの「役者をやりたい」という

強い思いで打ち破ってきたようです。

今後も素晴らしい表現者として、

声優に、舞台に、ますます活躍される

ことを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする