ノアウォールの現在や脳が2%の原因・病名は?経歴(Wiki・プロフィール)や画像や今後は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

日々成長する子供を見ていると

人の成長力というのは本当に不思議で

本当に見ていて凄いなぁと感じます。

昨日まで、さっきまでできなかったことが

突然のように出来るようになっていく様は

人間がいくら機械学習などを開発し

進化させてもたどり着けない神秘のように

感じてしまいます。

さて、今回ご紹介するのは常人の2%しか

脳が存在しない状態で生まれてきた

「ノア・ウォール」君のお話です。

重要臓器である脳が2%しかない状態

ですが、今も元気に成長しているという

ノアくん。一体どんな少年なのでしょう。

スポンサードリンク

ノア・ウォールの出産経緯・経歴・プロフィール

  • 名前:ノア・ウォール
  • 年齢:4歳
  • 国籍:イギリス

イギリスのカンブリア州に住むロブさんと

シェリーさんのウォール夫妻の間に子ども

ができました。二人はお腹の赤ちゃんに

「ノア」と名付け、お腹の中での成長を

楽しみにしていました。

ところが、ある時恐ろしい事実が判明します。

医師がお腹の中の赤ちゃんを超音波検査で

調べたところ、ノアくんは「二分脊椎」

「先天性水頭症」を患っているということが

判明しました。

ウォール夫妻は医師から赤ちゃんは死産となる

かもしれない、死産を免れたとしても無脳症で

産まれてくる可能性もあると伝えられました。

小さな棺桶を用意するほどの絶望と、我が子を

抱きたいという思いで過ごしていたそうです。

そして、ノアくんは誕生しました。通常の

2%しか脳がない状態でした。

集中治療室で過ごした後、ウォール夫婦は

ノアくんを自宅へ連れて帰りました。

スポンサードリンク

ノア・ウォールのその後・現在は?

普通の2%しか脳がないという状態にも

関わらず、ノアくんは成長を遂げていきます。

ややゆっくりとした成長ではありましたが、

ハイハイや発話などを始めた時期は他の同じ

くらいの月齢の子と変わらなかったそうです。

現在も車椅子は必要ですが、元気に成長しており、

数字は10まで数えることが出来、ちょっとした

会話程度が出来ているそうです。

夢は医者か消防士なんだとか。

さらに、驚くべきはノアくんの脳をCTで

撮影してみると、脳が成長しているのでした。

しかも、わずかばかりの成長ではなく、

大きく成長していたのです。

脳が大きく欠損した時に、他の脳の部分が

欠損箇所を補う動きをすることがあるのは

聞いたことがありましたが、こんなことは

初めて見ました。医師も驚いているそうです。

スポンサードリンク

ノア・ウォールの脳が2%の原因と今後は?

そもそもノアくんの脳が2%となった原因は

「先天性水頭症」によるものと思われます。

こちらは脳脊髄液が過量に分泌されたり、

吸収できないために脳が圧迫を受けたり、

頭蓋内圧が高くなる疾患です。

実際生まれたノア君の脳のスキャン画像は

上のように白い脳の部分は少なく、黒い

髄液を表す部分が大半でした。

原因は染色体異常と言われています。

また、もう一つの疾患、二分脊椎症

(脊椎の一部が形成されない疾患)に

ついても染色体以上によるものと思われ、

こちらを改善するために、ノアくんは

腰に大きな手術も受けました。

現在は車椅子が必要ですが、将来的には

自分で歩ける可能性もあるとのことです。

将来の夢である消防士になるには

そちらも乗り越える必要がありますね。

スポンサードリンク

我が子に障害があるとわかった時どうするか

ウォール夫妻がノアくんの症状を

知らされたのは妊娠3ヶ月のことだった

そうです。何度も医師から中絶を

勧められたそうですが、夫婦は受け入れ

なかったそうです。

ウォール夫妻が高齢で、恐らく子を持つ

ラストチャンスだったということも

あるでしょう。ただ、私も経験がありますが

エコーで見る胎児は本当に愛おしかったです。

頭で中絶がいいかも、と思ってもその状況に

なった場合受け入れられないと思います。

まとめ

通常の2%しか脳がない状態で生まれ、

奇跡の成長をしていっている、イギリスの

ノア・ウォール君について調べて見ました。

子を持つ親として、子どもが成長していくのは

何よりも嬉しい出来事です。ウォール夫妻も

一時は絶望のドン底まで行ったと思いますが、

今は成長していくノアくんに励まされ、

成長を励まして日々を送っていることでしょう。

将来的にはノア君には生まれてきた時に

脳の98%が欠損状態だったことなど

忘れてしまうほど成長して、その夢を

叶えてほしいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする