新田秀喜(ヒデ)がルワンダ日本料理屋(キセキ)で寿司を握る!店名やアフリカに行く理由は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

「途上国で働く日本人シリーズ」

を作りたくなってきました。

それくらいそういう人達については

調べるもの大好きです。

さて、今回ご紹介するのは

アフリカのルワンダの日本料理店で

料理長をされている新田秀喜さんです。

ルワンダといえば1990年代に

虐殺という不幸な過去がありながらも

近代化が進み、発展著しい国。

日本で寿司職人をされていた新田さん、

なぜルワンダで日本食なのでしょうか。

スポンサードリンク

新田秀樹(にったひでき)の経歴・プロフィール

  • 名前:新田秀樹(にったひでき)
  • 愛称:ヒデ
  • 年齢:54歳
  • 出身:徳島県 美馬市
  • 在住:ルワンダ キガリ
  • 学歴:徳島県立貞光工業高等学校
  • 職業:ルワンダの日本料理店キセキの料理長

徳島出身の新田さんは高校卒業後、

大阪の有名寿司店で10年間修行の後に

ご自分でお店を出されていました。

寿司職人歴25年のベテランです。

現在はアフリカのルワンダ、キガリにある

KISEKI(キセキ)という日本食店で

料理長をされています。

キセキでは寿司や刺身を始めとし、

焼き鳥なども作っているようです。

キセキで料理長をする前の約10年間は

お寿司を握っていなかったとか。

現在はルワンダに居る新田さん、

海外に行ったのは、社員旅行で行った

ハワイだけでした。

2016年の10月にルワンダに来たときも

英語もルワンダの言葉も話せず。

現在は勉強してスタッフと意思疎通は

ある程度出来ているそうです。

50歳を超えて身につけるとは凄いですね。

スポンサードリンク

ルワンダでの寿司は?食材はどこから?

こちらがルワンダのキセキで出される

新田さんのお寿司です。

きれいな形に握られていて、新田さんの

職人としての技術が感じられます。

美味しそう。。。

調味料は日本からの輸入ですが、

魚については日本からではありません。

というのも、ルワンダには日本からの

直行便がないため、食材を輸入しよう

とすると鮮度落ちするためのようです。

そこで、キセキのオーナー山田耕平さんは

アフリカやヨーロッパ、中東を周り、

ベルギーのブリュッセルに良質な

魚を入れてくれる業者を見つけました。

手に入らないもの、日本とは質や味が

違うものも有るかと思いますが、

それを日本の技術とおもてなしの心で

仕上げていくのが新田さんです。

伝統的な握り寿司のみならず、

海外の人が好むようなお寿司を提供するのも

おもてなしの心だと思います。

新田秀樹がルワンダを選んだ理由は?

この辺りはキセキの女将である

サイクリストの山田美緒さんの

ブログでもまだ明かされておらず、

理由については気になっています。

以前海外で寿司屋を始められた方の

お話を聞いた時には、

「日本の文化を広めたい。

海外によくある”SUSHI”じゃなくて

魚をうまく食べる”鮨”を知ってほしい」

と話していた方がいました。

新田さんも同じような感覚なのでしょうか?

スポンサードリンク

山田耕平・山田美緒夫妻はビジネスパートナー?

新田さんが働くキセキは

山田耕平さんというオーナーと

奥様の美緒さんが女将を務めるお店です。

この山田さん夫妻、物凄い方なんです。

山田耕平の経歴・プロフィール

JICAの青年海外協力隊マラウイ隊員として

活動中に作ったHIV予防啓発ソング

『ディマクコンダ』がマラウイの

NO1ヒットチャートを獲得。

2009年からレアメタル専門商社AMJに入社し、

メタルトレーダーとして世界で活躍。

2015年からシンガポールで富裕層相手の

投資事業に関わり、2016年にルワンダで

KISEKI CORPORATION LTDを設立。

現在AMJ GROUPルワンダ所長。

スポンサードリンク

山田美緒の経歴・プロフィール

大阪外大在学中にアフリカ大陸を

日本人女性初単独縦断5,000km。

その後世界20か国以上を自転車で旅する。

ケニアの5つ星ホテルの営業担当や

築地本願寺境内のイタリアンレストランの

立ち上げスタッフとして勤務。

その後、サイクリストとして独立し、

自転車×ソーシャルな活動を行う。

池田市観光大使、高知県観光特使、

エリトリア共和国観光親善大使に任命。

私生活では3人の子どもの母で、

逗子市でコミュニティ保育システムの立ち上げ、

シンガポールで森の幼稚園主宰など活躍。

2017年にオープンしたルワンダの

日本食レストラン「キセキ」の

ゼネラルマネージャー。

なんというか、バイタリティー、

チャレンジ精神、生命力、

ビジネス能力などなどに満ち溢れた

ご夫婦ですね。

もうちょっと深掘りしたいくらいです。

そんな熱量を持ったお二人に誘われて

新田さんはルワンダ行きを決めたのかな?

と予想しています。

まとめ

ルワンダの日本料理店で働く

新田秀樹さんについて取り上げました。

レストランキセキ自体は今年1月に

オープンしたばかりです。

世界的に日本食が人気なのは

海外に行っていても感じるのですが

チャイニーズ日本食や

コリアン日本食が多いのも事実です。

新田さんの技術とおもてなしの心が

ルワンダで伝わり、現地の人々に

「日本食って素晴らしいな」と

思ってもらえたら嬉しいですよね。

慣れぬ土地で大変でしょうが、

新田さん、山田さんを応援しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする