中塚翠涛(すいとう)作品画像や本名、結婚や年収、経歴や個展は?【美人書家】

こんにちは、ぽこぱぱです。

以前「とめはねっ」というマンガが

スピリッツだったっけで連載していました。

作者買いの感覚で読んでいたんですけど

面白いので年に1回は読んでいます。

書道って深いんだな、と思わせる作品です。

さて、今回取り上げるのは書道家(書家)の

中塚翠涛(なかつかすいとう)さんです。

美人書家で富士山のユネスコ世界遺産登録の

文字を書いたり、ペン字の練習帳が

ベストセラーになっている中村さん。

その活動は国内だけにとどまらず、海外でも

評価されています。そんな書家の中村さんの

経歴やどんな作品を書かれているかなど、

様々見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

中塚翠涛(なかつかすいとう)の本名・経歴・プロフィール

出典:amazon.co.jp

  • 名前:中塚 翠涛(なかつか すいとう)
  • 本名:中塚 愛(なかつか あい)
  • 生年月日:1979年7月24日
  • 年齢:38歳
  • 出身:岡山県倉敷市
  • 学歴:大東文化大学文学部中国文学科卒業
  • 師匠:高木聖雨
  • 職業:書道家、カリグラフィーデザイナー

美人書家の中塚さん。4歳の頃から書道を

学び始められました。書を初めたときの

筆の感触を今でも覚えているそうで、

それほど衝撃的で運命的だったのでしょう。

書を始めてからは土日も書道を練習し、

友達の誘いも断っていました。進学は

地元の倉敷市立福田中学校、岡山県立

倉敷古城池高校と進み、大学は書を学ぶ

ために大東文化大学文学部中国文学科に

進学しました。

その後はモデル事務所に所属してタレント

活動をされていたこともあり、特に

「中居正広のミになる図書館」の

「美文字大辞典」の講師として出演し、

知名度が上がりました。

その後もドラマ「SPEC」で書道監修を務め

ユネスコ「富士山世界遺産」や松竹映画の

「武士の献立」など多数の書道監修を行う

など、注目を集める書家の一人です。

ちなみに本名についてはかつては公開して

いましたが、現在は「非公開」となって

います。

スポンサードリンク

中塚すいとうの作品画像は?海外でも受賞経験あり?

中塚さんは2016年12月、ルーブル美術館

Carrousel Du Louvreで開催された

フランス国民美術協会サロン展で

「S.N.B.A金賞」と「審査員賞金賞」を

ダブル受賞しています。

この時の作品は300㎡を超える規模の空間を

コントロールし、美術空間として成立させ

見るものを圧倒させた、と賞賛されています。

ちなみに文字ではなく、前衛芸術に近い

物と考えてもいい作品だったようですね。

動画を見ていただければわかりますが、

一般的に「書道」としてイメージするものとは

大きくかけ離れていますね。これはもう

前衛アートの作品と考えても問題ないと

思います。もちろん所謂「綺麗」な書も

書くことが出来ます。

出典:http://wapuwapu.com

憎らしいまでに上手いですよねぇ。

古典的な書はもちろん学んできており、

その上に自分らしさを乗せています。

龍馬のハネや点の感じの勢いが、

幕末を駆け抜けた志士という感じです。

このような中塚さんの書の作品と、その

解説を加えたムック本も出版されています。

優しく入ってくる作品になっています。

コトバノ森
by カエレバ

中塚翠涛は空間カリグラフィーデザイナー?

出典:https://www.instagram.com

中塚さんは「空間カリグラフィーデザイナー」

という肩書も名乗っています。

カリグラフィーとは、西洋や中東などの、

文字を美しく装飾する手法のことです。

アルファベットやインドのヒンディー語、

アラビア語などにおいて用いられており、

現代のフォントに大きな影響を与え、

広告などの商業デザインなどに活用されて

います。これを「書」に活かしている

ということなんでしょう。

出典:http://www.sankeibiz.jp

元々、若い女性で「書家」と名乗っても

世間は受け入れない風潮がありました。

ただ、若いうちに出来ることもあるだろう、

という思いから、距離感を縮めるためにも

空間カリグラフィーデザイナーを名乗った

そうです。

文字や書を美しく見せるために、

一見では文字ではなく画のように見え、

文字として読めなくてもいいので見る人が

自由に楽しめる作品を創作しているんだとか。

書道で言うと崩した、というよりは自分の

中にある文字などのイメージを形にした

「前衛書」と言うものがありますが、

似ている感じがしますね。

スポンサードリンク

中塚すいとうのペン字練習帳「30日できれいな字が書けるペン字練習帳」は?

中塚さんはいくつか美しいペン字や

筆ペン字などが書けるようになる練習帳を

出版されています。30日できれいな文字を

書けるようになる、という本が多く、

「30日できれいな字が書けるペン字練習帳」

は大ベストセラーになっています。

美文字ブームの火付け本で、ペン字練習の

決定版といってもいい一冊ですね。

ペン字練習帳としては低価格なので、

手を付けやすいのもいいですね。

私も字が得意じゃないので練習しようかな。

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)
by カエレバ

口コミを見ても定期的に練習をしていれば

うまくなっていく実感を感じる、という

物が多く、概ね高評価です。

上記の他にも多数著作はあり、

  • 30日できれいな字が書ける大人のペン字練習帳
  • めざせ内定!!のためのペン字練習帖
  • 一筆添える言葉が、きれいな字で書ける本
  • 30日でくせ字がきれいになおるペン字練習帳
  • なぞり書き式美しい手紙が書ける練習帖
  • 美文字のすすめ
  • 30日できれいな字が書ける筆ペン字練習帳
  • 30日できれいな字が書けるペン字練習帳 ♪童謡で楽しくつづる

など様々です。個人的には筆ペンも

きれいに書けるようになって、ご祝儀や

香典などの慶弔時に上手に書けるように

なりたいなと思います。

30日できれいな字が書ける筆ペン字練習帳 (TJMOOK)
by カエレバ

中塚翠涛の今後の個展情報は?

中塚さんはこれまで何度か個展を開かれて

いますが、記事執筆時点ではちょうど

個展が終了したところです。(残念!)

「コトバノ空展 – 日々是好日」と題して

8月30日から9月5日まで玉川高島屋の

5Fアートサロンで個展を行っていました。

もう少し早く知っていればなぁ。。。

今後は2017年11月から開催される

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」に

出店される予定です。

「あなたのドラえもんをつくってください」

をコンセプトに28組のアーティストが集まり

それぞれの作り手の思いの詰まった、

世界にひとつだけのアート作品を

発表するというものです。

場所は六本木ヒルズ森タワー52階の

森アーツセンターギャラリーで、

開催期間は2017年11月1日~2018年

1月8日となっています。

開館時間は10:00~20:00(火曜日は17:00)

スポンサードリンク

中塚翠涛の結婚や彼氏は?

現在38歳の中塚さん。かつてモデル事務所

に所属したりタレント活動もしていた

くらいですからとても美人さんですね。

ご結婚をされているのか気になったので

調べてみましたが、どうやらご結婚を

されているということはなく、現在は

独身のようです。

噂ではかつてお付き合いしていた男性が

中塚さんと撮影した画像や動画を流出

させたとか。書家として有名になる前の

ことだったそうで、動画や画像は

削除済みなんだそうです。

あくまで噂ですが、それが本当のこと

だったら、リベンジポルノというもの

になりますね。そのトラウマによりご結婚を

避けている、とも考えられます。

最も、こんなダークな話はデマであって

欲しいものですね。

スポンサードリンク

中塚翠涛の収入・年収は?

書道家って何をして収入を得ているのか。

マンガの「ばらかもん」が好きな私としては

ぼんやり分かるような感じもしますが、

中塚さんの年収や収入はどんなものなのか

下世話ながら気になってしまいました。

中塚さんは以前はNHKカルチャースクール

で書道の講師をしていたようですが、

今現在はそのような教室はされていない

ようですね。ただ、全国各地でイベントや

セミナーなどを行い、書を教えている

ようです。まずはこちらが収入ですね。

また、テレビ作品などの題字の製作、

パッケージの文字なども手がけていたりと

活動の幅はとても広くなっていますので、

それだけでも結構な額になるでしょう

また、累計360万部を超えた著作物の

印税もあり、こちらが一番大きそうです。

1冊800円、印税が10%と考えても

360万×80で約2億9千万円。実際には

ココまであるかは分かりませんが、

相当な金額ですよねー。

スポンサードリンク

まとめ

美人書家の中塚翠涛さんについて、

その経歴や作品などについて、色々と

調べてみました。

「書」は縁遠いようで意外と生活の様々な

部分に入ってきています。和菓子の包装に

ちょっとした文字があるのも書家の方の

ものだったりもします。

個人的にはつい最近また「とめはねっ」を

読んだので、中塚さんについて調べるのは

とても親近感のようなものを感じて

しまいました。

とめはねっ! 鈴里高校書道部(1) (ヤングサンデーコミックス)
by カエレバ

ちなみに中塚さんについては9月12日放送の

「セブンルール」で特集されるそうなので、

こちらも楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする