水谷和子(一級建築士)が論客面談で豊洲移転問題を討論!共産党との関係は?

こんにちは、ぽこぱぱです。

みなさんは築地市場の豊洲移転問題はどうお考えですか?

小池知事になってから盛土問題などでクローズアップされ、現在停滞中のこの問題について

1月30日の「橋下×羽鳥の番組」の新しいコメンテーターを発掘する新企画「論客面談」で

一級建築士水谷和子さんが出演され、橋下徹さんと激論されるそうです。

この時期に新企画ですか。。。テコ入れ?(笑)

恐らく水谷さんは移転反対派として、橋下さんは賛成ではないし問題はあるが推進せざるを得ない、

という立場での討論となるでしょう。

橋下さんのディベート力は半端ではないので楽しみです。

一級建築士の水谷和子さんとはどんな人?

1952年生まれ。一級建築士。

9年前より移転問題に関わり、コアサンプル廃棄差し止め訴訟を経て

汚染地購入問題・石原慎太郎氏に公金の返還を求める裁判の原告メンバー。

大月書店より共著「築地移転の闇をひらく」2016年に出版(共著:中澤誠、宇都宮健児)

守ろう ! 築地市場パレード実行委員会の一員

一級建築士の方のようです。

無知な私はここでいきなり「はて?なんで建築士の方が移転問題について追及してるんだ?」

と思いました。

建築の仕方が悪くて起こっているのかと思いきや、汚染水問題などがメインのようですので。

しかし、職業が1級建築士だからといって

汚染水問題に興味を持ったり追及したりしていけないわけではないです。

マスコミに出るときにわざわざ「1級建築士」と肩書が出るのは、メディア側の都合もあるでしょうし、

説得力を増すためという意図もあるのでしょう。ハロー効果ってやつでしょうか(知ったかぶり)

共産党との関係は?

ネットで調べていくと、共産党をバックにしているような個人記事も見かけますが、

実際のところどうかというと分かりません。明確にそうだと書かれているわけではありませんので。

宇都宮健児氏と歩調を合わせ、共著もしているのでそのようにも見えますが、

移転問題追及という点で合致しているだけの可能性もゼロではありません。

「敵の敵は味方」という言葉もありますし。

ただ、上の写真で安倍総理に「例のヒゲ」を付けるのは感心できませんね。

まとめと私見

豊洲移転問題を追求されている一級建築士の水谷和子についてまとめてみましたがいかがでしたか。

「築地魚河岸三代目」を愛読していたものとして、個人的な意見を言わせていただくと、

築地市場の豊洲移転は致し方なしだと思っています。

築地の老朽化やキャパシティの都合上、このままでは良くないとは思っています。

そして、移転先が豊洲というのも土地がない東京という立地上仕方なしかな、と。

あれより小さいと意味ないですからね。

ただ、それと移転に係る様々な不祥事は別問題ですので、解明は必要です。

必要ですが、やはり利用者を置き去りにしてほしくないですね。

この件について一番振り回されているのは、大卸仲卸などの業者です。

その方々への補填はもちろんのことですが「仕事」を妨げているということも忘れたくないです。

「築地市場」が「築地市場」たるのは場所によるものではなく、

そこで働く「プロ」達「ソフト」なのです。豊洲に行こうが彼らがちゃんとした「仕事」をすれば

それが世界最高の「市場」となりうるのです。

(もちろんそのプロ達の築地に対する思いは様あると思っています)

ですので、ソフトのための「ハード(豊洲市場)」でこれ以上揉めてほしくないというのが本音です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする