クリストファーのミソテーケット(味噌汁専門店)の場所やメニュー、値段や口コミは?スウェーデンで味噌玉?

こんにちは、ぽこぱぱです。

海外に行くと日本食が広まっていることを

感じることが多いです。

タイのショッピングモールのレストランには

必ずいくつかの日本食レストランが

入っていますし、アメリカに行った時も

ちょっと探せば寿司バーや鉄板焼きは

簡単に見つかりました。

ヨーロッパに「味噌汁専門店」があることは

ご存知でしょうか?私も先日テレビで

初めて知ったのですが、北欧スウェーデンに

あるそうです。日本でもめったに見かけない

味噌汁専門店、一体どんな店なのでしょうか?

スポンサードリンク

スウェーデンのマルメにある味噌汁専門店「ミソテーケット」

スウェーデンどころかヨーロッパに唯一の

味噌汁専門店「ミソテーケット」は

スウェーデンのマルメというところにあります。

お店をやられているのはクリストファーさん。

朝から味噌玉でお味噌汁を作るほどの

味噌汁フリーク。大好きな味噌汁をスウェーデンに

広めたいと考え味噌汁専門店をオープンさせました。

味噌汁を好きになったきっかけはお母さん。

6歳の時にお父さんが再婚し、相手は

日本人の聖奈さんでした。聖奈さんの味噌汁が

美味しくて味噌汁のとりこになりました。

個人的には海外で味噌汁を頼むと高確率で

レンゲを付けられることが引っかかっていましたが

ミソテーケットではレンゲはなく、

割り箸が付けられているのが好感が持てます。

スポンサードリンク

ミソテーケットのメニューや価格は?

ミソテーケットでは日本の料理店のように

出来上がった味噌汁を提供するのではなく

お客さんが具材を選び、自分で仕上げます。

トマトとか居ますね。日本にも無くはないですが。

25種類のうちの6種類を選んで椀、というか

スープボウルにつけていき、汁を入れます。

味噌汁の汁は蛇口から出てきます。この方法は

クリストファーさんのアイデアだとか。

日本ではまず見ない味噌汁になっていますね。

量も多いですし、いわゆる「スープ」ですね。

器もオシャレ、具もカラフルで楽しそうな

味噌汁になっています。

価格は赤味噌も白味噌も一杯85SEK。

1SEK = 15円計算とすると、約1100円です。

一見高そうですが、量も多く具も豊富、

さらにはスウェーデンの外食の物価は

日本人が引くほど高いので、

味噌汁と見ても高くないと思います。

スポンサードリンク

ミソテーケットの場所は?

ミソテーケットはマルメという町にあります。

コペンハーゲンから海峡を挟んだ

スウェーデンの南部に位置します。

  • 住所

6 Vaestergatan, Malmo 211 21, Sweden

  • 電話番号

+46 40 887 74

  • 営業時間

10:30 – 13:30

ミソテーケットの口コミは?

口コミサイトで見てみますと概ね高評価です。

手頃な価格のおいしいランチレストラン。

ビーガンの代替品があります。

トッピングには多くの選択肢があります。

これを味噌汁のハルクと考えてください。

普通の味噌汁よりも多くの成分が入っています。

白か赤の味噌を選んで、たくさんの具を

トッピングしましょうおすすめです。

などなど高評価です。

スポンサードリンク

味噌汁を学びに日本へ(世界!ニッポン行きたい人応援団)

日本に来たことがないクリストファーさん、

今回「世界!ニッポン行きたい人応援団」で

日本に来て味噌汁づくりを学ぶそうです。

日本で色々なものを吸収して、

そのままの味噌汁を提供するだけではなく、

スウェーデンに合った形で提供して欲しい

ものです。もちろん「オリジナル」な

味噌汁も選択肢に入れるとなお良いですね。

まとめ

ヨーロッパ唯一の味噌汁専門店の

ミソテーケットと、お店を立ち上げた

クリストファーさんについて色々と

調べてみましたがいかがでしたか?

簡単そうだから、初期投資が少ないから

という理由で和食やSUSHIを選ぶ

いわゆる「なんちゃって日本料理」

とは違う、味噌汁に対する愛が詰まった

クリストファーさんの味噌汁専門店。

応援したくなっちゃいますね。

どんどんスウェーデンに美味しい味噌汁を

広めてミソテーケットを逆輸入するくらい

頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする