クラタペッパーの購入方法(通販お取り寄せ)や価格や日本での購入は?倉田浩伸が復活させた「世界一美味しい胡椒」

こんにちは、ぽこぱぱです。

カンボジアという国、ご存知ですか?

アンコールワットの国でしょ」と思った貴方、正解です。有名ですよね。

そんなカンボジア、中世から1960年まで胡椒が高い品質を受けており、

「世界一美味しい」と評価を受けていました。

しかし、1970年代ポルポト政権下で起こった内戦によって、

胡椒栽培は壊滅的なダメージを受けてしまいました。

そして今、そんなカンボジアの胡椒が日本人の手により、「クラタペッパー」という名前で復活し、世界的に評価を受けてきています。

そんなクラタペッパーの魅力や購入方法などをまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

カンボジアの胡椒栽培

現在世界の胡椒はベトナム産が圧倒的に多いが、胡椒と言えばかつてはカンボジアでした。

カンボジアのコショウ栽培は700年の歴史を持つといわれます。

環境がコショウ栽培に適しており、20世紀前半には、カンボジア産のコショウは、

香り高い高級コショウとして世界市場に年間約8000トンが出回っていたとされています。

そんな胡椒栽培ですが、1970年代のポルポト政権時と内戦で壊滅的なダメージを受けます。

内戦後、1990年代後半になってからコショウ生産は再開されたが、そのときにはもう「カンボジア産高級コショウ」というブランドは世界市場から消えていました。

栽培技術もなく、出荷ルートも市場も失い、カンボジアのコショウ生産は、ゼロからのやり直しとなってしまったのです。

スポンサードリンク

倉田浩伸が復活させたクラタペッパー

今や世界中のレストランから注目されるカンボジアの「クラタペッパー」

それは日本人の倉田浩伸さんによって復活したカンボジアの絶品胡椒です。

倉田さんはNGOでボランティアとしてカンボジアに入り難民支援や学校を作ったりしました。

外貨を獲得する為のフルーツ輸出業を興すが失敗。その後カンボジアの胡椒と出会います。

倉田さんがドンペン村というところで探し当てたときにはわずか3本の胡椒の木しか残っていなかったそうです。これを挿し木で増やし、現在に至るそうです。

紆余曲折を経て、いまは5.8haの胡椒園で、胡椒を育て、首都プノンペンに胡椒専門店をオープン。カンボジア土産の「クラタペッパー」として人気を博しています。

徹底した有機農法で作られ、芳醇な香りをたたえるクラタペッパー。

特に1房に1,2粒しかできない赤く完熟した実だけを集め乾燥させた完熟胡椒は胡椒の最高級品です。その味と香りはかつて「金と等価」と言われたのが納得できるほどです。

クラタペッパーの購入方法(通販お取り寄せ)は?

以前はクラタペッパーは日本では購入できず、現地でのみ買えるものでしたが、日本からも買いたいという引き合いが多く、ネット通販を始めました。

「クラタペッパー」のホームページには完熟胡椒をはじめ、白胡椒、黒胡椒、アラレなどを扱っています。

また、通販サイトAmazonでも完熟胡椒の扱いが一部あります。

店舗ではそれ以外にもコットンなども扱っています。

スポンサードリンク

クラタペッパーの価格(値段)は?

代表的な完熟胡椒と黒胡椒の価格はこちらになります。

一般的な胡椒よりも数倍お値段は上がりますが、食べれっば納得の香りと味です。

ちなみにクラタペッパーは販売開始以来値下げを一切していません。

世界一美味しい胡椒を正当な値段で世界の中の人が味わってほしいという願いと、関わった人達が正当な対価をもらうべきという信念によるものです。

完熟胡椒 30g:972円

黒胡椒 50g:756円

まとめ

「世界一美味しい胡椒」クラタペッパーについてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

耐えようとしていた胡椒づくりを復活させ、さらには正当な評価や対価を、という倉田さんの思想にはとても共感できます。

クラタペッパーを料理に使うと香り、味ともに1段跳ね上がります。

高価とはいってもそこまで量を使うものでもないですし、ご褒美と思って一度試してみてはいかがでしょうか。

クラタペッパーの倉田浩伸さんについてはこちら

倉田浩伸(クラタペッパー)のWiki風まとめ!経歴や結婚、年収は?カンボジアの胡椒を蘇らせた日本人
こんにちは、ぽこぱぱです。 以前書きましたが(詳細は本文下)カンボジアの胡椒が世界的に再評価されています。 元々高品質で評価が高...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする