小池裕美子の今現在や結婚(夫・子供)、年収や大正大学・学歴は?【爆報】

こんにちは、ぽこぱぱです。

7月14日放送の爆報!THEフライデーに

元日テレアナウンサーの小池裕美子さんが

登場しますね。

かつて久米宏さんと一緒にキャスターを

勤めていた小池さん、なんでも今は若者に

囲まれる生活をしているんだとか。

そんな小池さんについて、アナウンサー時代

から今現在に至るまで色々と見ていき

たいと思います。

スポンサードリンク

小池裕美子(こいけゆみこ)の経歴・プロフィール

出典:http://kouen-mng.com

  • 名前:小池 裕美子(こいけ ゆみこ)
  • 生年月日:1950年9月2日
  • 年齢:66歳
  • 出身地:和歌山県
  • 血液型:AB型
  • 学歴:大阪樟蔭女子大学学芸学部国文科

大学卒業後に日本テレビに入社した小池さん。

入社二年目から『NNNジャストニュース』で

メインキャスターを務めるなど、早くから

活躍されています。2年目から夕方のニュースで

メインキャスターって大抜擢ですね。

その後も多くの報道番組、ニュースなどに

関わり、皇室番組を担当した初の女性

キャスターとしても知られています。

ちなみに同期にはあの楠田枝里子や、

松永二三男さんがいたりします。

1994年に編成局に異動し、テレビ番組に

出演することはなくなりました。

その後は編成局、ネットワーク局、営業局で

管理職を歴任し2010年に定年を迎えています。

スポンサードリンク

小池裕美子の結婚や子供は?

小池さんはアナウンサーをされている時代に

結婚されて、子供も出産されています。

32歳で長女を出産されていますので、

娘さんは現在30代半ばといったところ

でしょうかね。

旦那様についての情報を調べてみましたが

特に情報はありませんでした。報道畑の

方は他の女子アナと比べてスポーツ選手等

華やかな世界の方と結婚しないイメージですが

どうだったんでしょうかね。

お子様についての情報も探してみましたが

こちらも特になし。30代とのことですから

結婚して子供を産んで、小池さんには孫も

生まれているかもしれませんね。

小池さんがおばあちゃんかー。

その辺りのことは7月14日放送の

「爆報!THEフライデー」で語られるかも

しれませんね。

スポンサードリンク

小池裕美子の今現在は大正大学教授?

小池さんは日本テレビを定年退職された後、

「大正大学表現学部表現文化学科特命教授」

として教鞭を振るっているようです。

ちなみに大正大学は東京都豊島区にある大学で

吹石一恵さんの母校なんだとか。

キャスター、報道、テレビ局編成という

伝える仕事にずっと関わってきた小池さん

らしく、放送・映像表現コースで

「アナウンス表現」や「コミュニケーション力」

について教えているそうです。

ちなみに評判も上々で、大学調べの

「この授業を受けてよかった」という

アンケート調査では小池さんの授業は

67単元中の14位と上位4分の1に入って

います。

小池さんはテレビ局内にいるときも

後進の指導をしていたと思いますが、

離れてもなお、次の「伝える人」を

育成していっているわけですね。

スポンサードリンク

小池裕美子の年収・収入・資産は?

テレビ局局員というのはかなりの高収入の

仕事です。さらに、退職後も特命教授として

活躍されている小池さん。相当な資産に

なっているのではないでしょうか。

一般的な大学教授の年収は1000万円程度と

言われています。ただ、小池さんは

「特命教授」なのでこちらよりはいくらか

下がるのではないかと思われます。

とはいえ、一般的なサラリーマンの収入を

超える程度には貰っているだろうと予想

されますね。なんてったって教授ですから。

600万円くらいなのかな?

個人的な予想としては、小池さんは定年まで

テレビ局で勤めているので、最終的な年収や

退職金は相当額になっているので、教授職は

お金じゃなく「教えること」がしたくてやって

いるのではと思います。

スポンサードリンク

まとめ

元日本テレビのアナウンサーで、現在は

大正大学で特命教授をされている

小池裕美子さんについて色々と調べて

みましたがいかがでしたか?

報道系アナウンサーとして活躍し、編成等

テレビの表側も裏側にも関わってきた

小池さんは、その経験を活かして今現在は

表現について教鞭を振るっているようです。

将来小池さんの生徒が素晴らしい報道番組や

バラエティー番組を作っていくことも

考えられますね。今後も後進の育成に

頑張って欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする