小林裕(茶師)の経歴やおすすめ茶葉の通販お取り寄せ、年収や結婚は?【マツコの知らない世界】

こんにちは、ぽこぱぱです。

緑茶を日常的に飲んでいますか?

我が家は紅茶のほうが多いけど、

和菓子などの時には日本茶を煎れます。

袋開けたときの香りがいいんですよね。

さて、今回取り上げるのは日本にたった

13人しかいない10段位の「茶師」、

小林裕(こばやしひろし)さんです。

日本茶のオーソリティーは1月30日の

マツコの知らない世界に出演して

日本茶の世界を紹介するようですが、

どんな方でどんなお茶を勧めるのか

気になってしまいますね。

小林裕(こばやしひろし)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:小林裕(こばやし ひろし)
  • 生年月日:1975年
  • 年齢:42歳?
  • 出身地:京都府
  • 職業:祥玉園製茶株式会社代表取締役
  • 資格:茶審査技術十段(茶師十段)、日本茶鑑定士

茶師10段の小林裕さん。

1827年(文政10年)創業の祥玉園という

創業190年の京都の宇治抹茶会社の

代表取締役をされている方です。

子供の頃はお茶にあまり興味が無かった

ようですが、やはりお茶に触れる機会が

多かったんでしょうね。20歳の頃に

お茶の世界に進もうと決めました。

実家で働き始めず、八女茶で有名な

福岡の生産家の元で茶師になるために

働き始めました。4年ほど産地で修行し、

製茶と仕入を担当しました。

その後実家に戻り、2010年には

「日本茶鑑定士」の資格を取得。

2011年には「茶審査技術十段(茶師十段)」

を取得されました。

茶師10段(茶審査技術十段)とは?

茶師十段、正確には日本茶鑑定士十段位、

と言いますが、よく分からないな、

と思って調べてみると中々大変です。

年に1度開催される全国の茶師による

「全国茶審査技術競技大会」という大会で

優勝することが必要となります。

63年の歴史があり「お茶のオリンピック」

と呼ばれるこの大会

  • 品種鑑定
  • 茶期鑑定
  • 産地鑑定
  • 飲用による産地鑑定

これらの審査を行うことで競われます。

さらに、優勝してもお茶の産地での

2年間の修業が必要となり、それでやっと

段位がもらえるというハードルの高い

物となっています。

ちなみに63回大会が行われていますが、

これまで茶師10段になったのは13人のみ。

5年に1人程度しかなれないものなんですね。

小林裕がすすめるマツコ絶賛のお茶は?通販お取り寄せはある?

番組内では小林さんがいくつかのお茶を

煎れながら紹介するようですね。

プロに入れてもらうお茶、美味しそうです。

宇治茶 抹茶(祥玉園)

日本茶鑑定士小林裕監修 宇治茶 抹茶 40g[祥玉園製茶]

こちらは小林さん監修のお茶になります。

上品な包装ですが、しっかり写真が入って

アピールもされていますね。海外も

意識して英語表記もあります。

玉碾(ぎょくえん)

「玉碾」は、小林さんが手掛けた

オリジナル緑茶で、伊勢志摩サミットの

ワーキングランチで提供されたお茶です。

奥八女の「薫」 八媛みどり(古賀製茶本舗)

八女の地名の由来・八女津媛になぞらえ、

「八媛」と名付けられた八媛みどり。

甘い香りと口あたりの良さ、綺麗な

水色に安らぎを感じます。

こちらはお手軽の飲めるティーパックも

販売されていますね。

鶴雲(かくうん)(古賀製茶本舗)


鶴雲 100g缶入(祥玉園製茶)

小林さんの祥玉園で扱っている抹茶です。

挽立てが一番味・色・香りが引き立つので

受注生産になっています。

小林裕の結婚(妻・子供)は?

現在42歳の小林裕さん。190年続く

老舗の方ですので跡継ぎのことも

考える必要があるんでしょうね。

調べてみたところ、ご結婚をされている

という情報はありませんでした。

ただ、立場上結婚しろ、と言われそうな

感じもしますので、奥様や子供さんの

情報は出していないだけかもしれません。

小林裕の収入・年収は?

祥玉園の代表をされている小林さん。

お茶にかかわる商売の収入の方は

どんなもんなんでしょうか。

茶師十段という付加価値を自社の商品に

つけていますし、サミットで出される

お茶を提供したりと話題性もありますので

売上も上がっていそうですね。

伴って収入も上がってくるでしょうから

年収は1000万円以上はあるでしょう。

もっと有ってもいいと思いますが。

まとめ

1月30日の「マツコの知らない世界」で

日本茶の世界について教えてくれる

茶師十段の小林裕さんについて、

経歴やおすすめのお茶などまとめました。

国内需要は伸び悩んでいると思いますが

スイーツではお茶モノは人気ですし、

海外では日本酒や日本茶はブームで、

その逆輸入というのもあるでしょう。

美味しいお茶って紅茶とかとは違う

ほっとする、ため息が漏れてしまう

日本人の琴線に触れるものがありますので

小林さんにはどんどんその魅力を

発信していって欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする