北山智映(魚の女神)の経歴やお店「割烹智映」、刺身のレシピや結婚は?【得する人損する人】

こんにちは、ぽこぱぱです。

2月1日の「得する人損する人」に出演の

北山智映(きたやまちえい)さん。

あの食通・世界の渡部が「魚の女神」と

いうほどの魚のプロです。

スーパーのお刺身を◯◯するだけで

高級店の味に出来てしまうという北山さん。

どんなテクニックなんでしょうかね。

そんな世界の渡部を魅了してやまない

天才料理人の 北山さんは割烹店を

営まれているそうですが、どんなお店で

どんな方なのでしょうか。

北山智映(きたやまちえい)のWiki経歴・プロフィール

  • 名前:北山智映(きたやまちえい)
  • 生年月日:不明
  • 年齢:38歳
  • 出身:埼玉県さいたま市
  • 職業:料理人
  • 趣味:釣り

「魚の女神」こと北山智映さん。

お父さんが船好きで島好きの方でした。

ただ、釣りはお好きではなかったようです。

そんなお父さんと一緒にいた北山さんは

少しずれて漁港と釣りが好きになりました。

高校はイギリスのバースの高校に進学。

そして南カリフォルニア大学声楽科に

進学しています。今のお仕事とは全く

関係ありませんね。

オペラを学びながらミュージカル女優を

目指して活動しましたが、喉を潰してしまい

ミュージカル女優の道を断念。

そんな時に北山さんはお母さんの経営する

旅館で見ていた板前の姿を思い出します。

小さい頃好きだった魚と釣りに立ち返り、

料理人の道へと進みました。。

北山ちえいは魚の女神!

料理人を目指すものの、それまでイカの

皮を剥くことすら知らなかったという

北原さん。伝統的な懐石料理を学ぼうと

しましたがイマイチ乗り切れず。

ほんの少しの手間や調理で様々な表情を

見せる魚達と向かい合い、自分にしか

出来ない方法で、魚を極めようと、

ほぼ独学で料理を学びました。

特徴的なのは、北山さんの出す刺身に

醤油が添えられる事はほぼありません。

わさびすら付けないことも多いとか。

醤油では魚の繊細な風味が消されると

考えているんでしょうかね。

「魚の色気を引き出す料理人」と言われ、

「変態」と表現されるほどだそうで。

魚の長所を活かして魚の短所を

見えなくするように考え抜かれた

料理を提供しています。

さらに、元々釣り好きな北山さん。

本職顔負けな位の釣りの腕前だそうで、

お店でご自身が釣った魚を提供することも

あるそうですよ。

北山智映の割烹「智映」とは?場所や営業時間、予約は?

店名

割烹智映(ちえい)

住所

東京都中央区銀座7-7-19大きな地図を見る

電話番号

03-3573-7022

アクセス

東京メトロ日比谷線銀座駅(最寄り駅)B3口徒歩3分

営業時間

18:00〜21:00

定休日

無休

取るのも難しいくらいなんだそうです。

平均予算は15000~20000円です。

ちなみに大人向けのお店のようで、

小学生以下の子供は入店出来ません。

また、距離的都合や子供がいるから、

という方のために自宅で北山さんの

レシピを再現できます。

【TastyTable】(テイスティテーブル)

という食材とレシピが届く定期宅配

サービスがあるのですが、そこに

北原さんのレシピもあります。

食材キットだけでなく、プロの料理家が

TastyTableのためだけに書き下ろした

レシピがセットになっています。

まさに「おうちがレストラン」ですね。




有名シェフ監修レシピを自宅で【TastyTable】

得する人損する人で紹介された刺し身を美味しくする方法・レシピは?

更新予定

北山智映の結婚・子供や彼氏は?

魚の女神と言われるお綺麗な北山さん。

ご結婚はされているんでしょうか

仕事熱心で、和食というものに向き合い

真摯に取り組んでいる一方、休みの日は

釣りに行っているということで、

ご結婚はされていないようですね。

魚を愛してやまない、といった感じです。

お酒に合う料理が多いので、周りには

男性も多いようですし、お誘いも

ありそうですがね。

北山智映の収入・年収は?

北山さんは予約も取れないくらい

人気の割烹のお店を切り盛りしつつ、

TastyTableの監修などもされています。

収入も良さそうですが、なんとなくお金に

固執するタイプには見えませんね。

稼いだお金はお魚の勉強や釣りなどに

使っていそうに見えます。

人気飲食店の場合、年収は1000万円を

超えてくるといいますが、それよりも

魚の魅力を引き出すほうが北山さんの

興味の対象っぽいですね。

まとめ

2月1日放送の「得する人損する人」に

出演して、スーパーのお刺身がアレする

だけで高級店の味にしてしまうという

魚の女神・北山智映画さんについて

色々と調べてみました。

魚を愛し、魚に愛されているという感じの

北山さん。最近は肉よりも魚、それも

新鮮な刺身よりも手の入ったものが

好きになってきた私としても興味深々です。




最近は妻も献立を考えるのも大変そうなので

【TastyTable】を提案してみようかな。

自分で作るのも面白そうだし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする